御朱印・神社お寺の検索サイト楽しみ方
ネコ大バナー※西宮神社ではいただけません

にしのみやじんじゃ

西宮神社

兵庫県 西宮(阪神)駅

投稿する
0798-33-0321 

※お問い合わせの際は「ホトカミを見た」と
お伝えいただければ幸いです。

御朱印・御朱印帳

御朱印(1種類)

西宮神社の御朱印

300円

真ん中に西宮神社と書かれ、右上にえびす宮総本社の印、真ん中に神紋である三つ柏紋の印、下部に西宮神社の社印が押されています。
西宮神社は、福の神として崇敬されている蛭子大神(えびす様)を祀る神社の総本社です。

コロナウイルスの感染防止のため、現在は書き置きのみの頒布のようです。

このほか、季節や行事にあわせて記念御朱印が頒布されます。

御朱印帳(1種類)

オリジナル御朱印帳

1,000円
約16×11cm

紺色の地に西宮神社の神紋である三つ柏紋が散りばめられ、表面は真ん中に御朱印帳の文字、左下に鯛を抱えた可愛らしいえびす様、裏面は左下に開門神事福男選びの様子が描かれ、右下に神紋とえびす宮総本社西宮神社の文字が入っています。
開門神事福男選びとは、毎年1月10日に開門を待つ数千人の参拝者が一番福を目指して230m離れた本殿へ「走り参り」をし、本殿下へ早く到着した順に一番から三番までがその年の福男として認定され、認定証・御神像・副賞そして特別の半被が授与されます。

授与場所・時間

御朱印・御朱印帳ともに、拝殿に向かって右側にある社務所でお受けできます。

御朱印の受付時間は9時~18時。

詳しくは公式サイトをご確認ください。

過去の限定御朱印

海上渡御祭再興20年記念御朱印

300円
2019年4月1日~2020年3月31日

真ん中に西宮神社と書かれ、右上にえびす宮総本社の印、真ん中に二匹の鯛がいる三つ柏紋の印、下部に福笹に鯛のデザインが組込まれた社印が押されています。

過去の御朱印帳

海上渡御祭再興20年記念御朱印帳

1,000円
2019年4月1日~2020年3月31日

表面は赤門と海上渡御(かいじょうとぎょ)の様子が描かれ、左上に御朱印帳の文字、裏面は国宝「一遍上人聖絵」絵巻の神幸先の兵庫津で神主が上人を見舞う場面が描かれ、真ん中に神紋である三つ柏紋とえびす宮総本社西宮神社の文字が入っています。
船上で海の安全祈願をする海上渡御祭は平安時代から続く神事で、鳴尾の漁師が神戸の和田岬沖からえびす様の像を持ち帰り、現在の西宮神社がある場所に運んだことが始まりとされ、約400年前に社領を失い祭典は一時途絶えたが、2000年に再興されました。

御朱印をもっと見る|
127
御朱印について
御朱印
あり
限定
-
御朱印帳
あり
パーキング
駐車場
-

巡礼

神仏霊場巡拝の道
神仏霊場巡拝の道67番(兵庫2番)

ご利益

おすすめの投稿

garu
2019年05月28日(火)
614投稿

神仏霊場の御朱印を頂きに来ました。
以前ここに来た時はえびす祭りの時だったので、もう人にもみくちゃにされててどんなお宮だったのかはっきりと見ていなかったんですよ(苦笑)
いや~、結構広いお宮さんだったんですね。

結婚式が行われてました。お宮参りの方も多くいらっしゃっていて、5組ほどいらっしゃっていたかなぁ。
後で調べたらこの日は「大安」だったんですね(納得)

入り口の赤門を見て「これが福男の時閉められている扉かぁ」って見てました。
そしてみんなが転びかける「魔のカーブ」丁度その前にあるお宮が南宮。

そういえば西宮があるなら南宮があってもおかしくないと思ってたけど、境内にあるのねと思ったんですが、違うんですよね。
ここ廣田神社の摂社なんですって。
まぁそういう考え方だと「東宮」とか「北宮」とかもありそうなんですものね。

じゃあ、西宮と言う名前の由来はなんだ?って思ってwikiさんを調べると、
「・えびす神を最初に祀ったと伝わる鳴尾や古代の先進地域である津門から見て「西の方の宮」という説
 ・京都から見て貴族の崇敬篤き廣田神社を含む神社群を指して「西宮」と称していたが、戎信仰の隆盛と共に戎社を「西宮」と限定して呼ぶに至ったという説
 ・「西宮」とは延喜式内社の大国主西神社の事を指すとの説」
があるそうです。

そもそも、文献で出てくる大国主西神社と言うのがイザナミ・イザナギの最初の子(ヒルコ)がたどり着いた神社なんだそうですが、実は位置が違うんですって。
ここから更に西に流れる夙川のほとりにあったようです。
で、再びwikiさんによると
「平安時代末期、廣田神社の摂社として「夷」の名が初めて文献にあらわれるようになる。そのためこの頃から戎信仰が興ったとの説がある(同時期の梁塵秘抄にも、諏訪大社、南宮大社、敢国神社と共に、廣田神社の末社が南宮とされている)。この南宮が現在の西宮神社のことであり、廣田神社の境外摂社である「南宮神社」が現在でも西宮神社の境内にあるのはその名残りである」と言う事です。
という事は、ここにある南宮神社って結構重要な神社さんだったんですね。

ところで、最後の1枚の写真、これは2010年に初めて参拝したえびす祭りの様子。
なんと本殿まで行けてたんだと。
あの時はもみくちゃにされててそんな事もわからなかったんですが、今回結婚式だったもので当然入れませんが、普段も入れないのでしょうかね?

西宮神社の鳥居西宮神社の山門

福男スタート地点の表大門

西宮神社の景色西宮神社の建物その他

南門

西宮神社の本殿

拝殿

西宮神社の結婚式西宮神社の庭園西宮神社の庭園西宮神社の末社

南宮神社

西宮神社の本殿

2010年の写真 本殿

もっと読む
きどっち
2021年07月24日(土)
771投稿

約3500社ほどあるえびす神社の総本社です。

以下、西宮神社のHP御由緒より~

西宮のえびす様は、古くは茅渟(ちぬの)海(うみ)と云われた大阪湾の、神戸・和田岬の沖より出現された御神像を、西宮・鳴尾の漁師がお祀りしていましたが、御神託によりそこから西の方、この西宮にお遷し、祭られたのが起源と伝えられております。

この鎮座の年代は明らかではありませんが、戎(えびす)の名は平安時代後期には 文献に度々記載されています。古社廣田神社の浜南宮の内に鎮座したえびす大神は、漁業の神として信仰されていましたが、この西宮は西国街道の宿場町としても開け、市が立ち、やがて市の神、そして商売繁盛の神様として、灘五郷の一つ西宮郷の銘酒と共に、隆盛を極めるようになります。 現在では一月九日、十日、十一日の「十日えびす」には百万人に及ぶ参拝者で賑い、阪神間最大の祭として全国に知られています。特に、十日早暁の大祭終了後の開門神事・走り参りは、福男選びとして大変な熱気につつまれます。 九月二十二日の例祭と翌日の渡御祭、和田岬までの海上渡御、産宮参りも、秋の西宮まつりとして地元の人々の大きな楽しみとなっています。 通称赤門と云われる表大門は、豊臣秀頼公の奉献によるものとされ、桃山建築の遺構を残し、その左右に連なる全長二四七メートルに及ぶ大練塀と共に重要文化財に指定されています。また境内えびすの森は兵庫県指定の天然記念物となっています。

私も子供の頃は、毎年1月10日に十日えびす大祭にお参りしていました。

ちなみに村上春樹さんの少年時代の遊び場だったということです。

西宮市社家町1-17

西宮神社の鳥居

鳥居と社号標

西宮神社の山門

表大門 通称赤門

毎年1月10日に行われる開門神事・福男選びのスタートとなる赤門です。
豊臣秀頼公の奉献によるものとされ、桃山建築の遺構を残しており、国の重文に指定されています。

西宮神社の本殿

拝殿

西宮神社の建物その他西宮神社の本殿

拝殿から本殿を望みます

西宮神社の芸術西宮神社の本殿

横から本殿を覗いてみました

西宮神社の本殿

本殿
国宝だった三連春日造りの本殿は昭和20年に戦火で焼失。
昭和36年に再建されました。

向かって右から
第一殿:蛭児大神
第二殿:天照大御神、大国主大神
第三殿:須佐之男大神

西宮神社の狛犬

拝殿の両脇には狛犬と馬が一対

狛犬:青銅製、天保12年
馬:青銅製、明治32年

西宮神社の狛犬西宮神社の建物その他

境内図

西宮神社の歴史

由緒書

西宮神社の山門

南門

車の方はここから入ります

西宮神社の建物その他

南門の扁額

西宮神社の庭園西宮神社の末社

沖恵美酒神社

西宮神社の歴史

沖恵美酒神社の由緒書

西宮神社の庭園西宮神社の末社

南宮神社

廣田神社の摂社です

西宮神社の歴史

南宮神社の由緒書

西宮神社の末社

南宮神社 本殿

西宮神社の鳥居西宮神社の建物その他西宮神社の建物その他西宮神社の建物その他

神馬

西宮神社の末社

庭津火神社

西宮神社の建物その他

祓所

西宮神社の庭園

瑞寶橋(ずいほうばし)越しに見た拝殿

西宮神社の庭園

本殿側からの瑞寶橋

西宮神社の歴史

瑞寶橋の説明書

西宮神社の動物

神池の鯉

西宮神社の動物

亀も仲良く日光浴です

西宮神社の建物その他西宮神社の末社

市杵島神社

西宮神社の末社

宇賀魂神社

全ての生き物の成育を司られる神様

西宮神社の狛犬西宮神社の末社

松尾神社

西宮神社の鳥居

神明神社 鳥居

西宮神社の末社

神明神社 本殿

西宮神社の狛犬

狐さん

なかなかいい表情されてます

西宮神社の末社

大国主西神社

西宮神社の歴史西宮神社の末社

六甲山神社

山を守護する神様

西宮神社の末社

百太夫神社

西宮神社の歴史

百太夫神社の由緒書

西宮神社の末社

火産霊神社

西宮神社の建物その他

青銅神馬の賛碑

西宮神社の歴史西宮神社の末社

梅宮神社

お酒の神様
表大門の脇に祀られています

西宮神社の歴史

境内を取り囲む築地塀のうち、東面お呼び南面に築かれている全長247mの練塀は、国の重文に指定されています。
名古屋・熱田神宮の信長塀、京都・三十三間堂の太閤塀と共に日本三大練塀の一つとされています。

西宮神社の歴史西宮神社の周辺

境内の東側を南北に通る道は、えべっさん筋と言われています

西宮神社の御朱印帳

御朱印帳

もっと読む
投稿をもっと見る(104件)

歴史

西宮のえびす様は、古くは茅渟(ちぬの)海(うみ)と云われた大阪湾の、神戸・和田岬の沖より出現された御神像を、西宮・鳴尾の漁師がお祀りしていましたが、御神託によりそこから西の方、この西宮にお遷し、祭られたのが起源と伝えられております。

この鎮座の年代は明らかではありませんが、戎(えびす)の名は平安時代後期には 文献に度々記載されています。古社廣田神社の浜南宮の内に鎮座したえびす大神は、漁業の神として信仰されていましたが、この西宮は西国街道の宿場町としても開け、市が立ち、やがて市の神、そして商売繁盛の神様として、灘五郷の一つ西宮郷の銘酒と共に、隆盛を極めるようになります。 現在では一月九日、十日、十一日の「十日えびす」には百万人に及ぶ参拝者で賑い、阪神間最大の祭として全国に知られています。特に、十日早暁の大祭終了後の開門神事・走り参りは、福男選びとして大変な熱気につつまれます。 九月二十二日の例祭と翌日の渡御祭、和田岬までの海上渡御、産宮参りも、秋の西宮まつりとして地元の人々の大きな楽しみとなっています。 通称赤門と云われる表大門は、豊臣秀頼公の奉献によるものとされ、桃山建築の遺構を残し、その左右に連なる全長二四七メートルに及ぶ大練塀と共に重要文化財に指定されています。また境内えびすの森は兵庫県指定の天然記念物となっています。

歴史をもっと見る|
89

西宮神社の基本情報

住所兵庫県西宮市社家町1-17
行き方

阪神電車・本線「西宮駅」南口より南西へ徒歩5分

アクセスを詳しく見る
名称西宮神社
読み方にしのみやじんじゃ
通称えべっさん
参拝料

なし

御朱印あり

限定御朱印なし
御朱印帳あり
電話番号0798-33-0321 
お問い合わせの際は「ホトカミを見た」とお伝えいただければ幸いです。
メールアドレスinfo@nishinomiya-ebisu.com
ホームページhttp://nishinomiya-ebisu.com/index.html
おみくじあり
絵馬あり

詳細情報

ご祭神《主》蛭児大神,天照皇大神,大国主大神,須佐之男命
札所など

神仏霊場巡拝の道67番(兵庫2番)

文化財

重要文化財(国指定)
表大門(建造物)
大練塀(建造物)

登録有形文化財
瑞寶橋(建造物)
嘉永橋(建造物)

ご由緒

西宮のえびす様は、古くは茅渟(ちぬの)海(うみ)と云われた大阪湾の、神戸・和田岬の沖より出現された御神像を、西宮・鳴尾の漁師がお祀りしていましたが、御神託によりそこから西の方、この西宮にお遷し、祭られたのが起源と伝えられております。

この鎮座の年代は明らかではありませんが、戎(えびす)の名は平安時代後期には 文献に度々記載されています。古社廣田神社の浜南宮の内に鎮座したえびす大神は、漁業の神として信仰されていましたが、この西宮は西国街道の宿場町としても開け、市が立ち、やがて市の神、そして商売繁盛の神様として、灘五郷の一つ西宮郷の銘酒と共に、隆盛を極めるようになります。 現在では一月九日、十日、十一日の「十日えびす」には百万人に及ぶ参拝者で賑い、阪神間最大の祭として全国に知られています。特に、十日早暁の大祭終了後の開門神事・走り参りは、福男選びとして大変な熱気につつまれます。 九月二十二日の例祭と翌日の渡御祭、和田岬までの海上渡御、産宮参りも、秋の西宮まつりとして地元の人々の大きな楽しみとなっています。 通称赤門と云われる表大門は、豊臣秀頼公の奉献によるものとされ、桃山建築の遺構を残し、その左右に連なる全長二四七メートルに及ぶ大練塀と共に重要文化財に指定されています。また境内えびすの森は兵庫県指定の天然記念物となっています。

体験祈祷七五三御朱印

Wikipediaからの引用

概要
西宮神社(にしのみやじんじゃ)は、兵庫県西宮市社家町にある神社。旧社格は県社で、現在は神社本庁の別表神社。 全国に約3,500社あるえびす神社の総本社(名称「えびす宮総本社」)である。地元では「西宮のえべっさん」と呼ばれる。
歴史
歴史[編集] 創建[編集] 創建時期は不明だが社伝によると、和田岬の沖に出現した蛭児命の御神像を鳴尾の漁師が引き上げて自宅で祀っていたところ御神託が降り、それによってそこから西の方に御神像を遷して改めて祀ったのが当社の起源だという。 延喜式内社の「大国主西神社」に同定する説がある。現在、境内末社の大国主西神社が式内社とされているが、後述のように西宮神社自体を本来の式内大国主西神社とする説もある。だが延喜式神名帳では菟原郡となっており、西宮神社がある武庫郡ではなく、西宮神社にせよ現在の大国主西神社にせよ、式内社とするには一致しない。ただし武庫郡と菟原郡の境界は西宮神社の約200m西側を流...Wikipediaで続きを読む
アクセス
交通アクセス[編集] 阪神本線「西宮駅」下車、南西方向へ徒歩約5分 JR神戸線(東海道本線)「さくら夙川駅」下車、南東方向へ徒歩約8分
引用元情報西宮神社」『ウィキペディア日本語版』。
この版のURL:https://ja.wikipedia.org/w/index.php?%E8%A5%BF%E5%AE%AE%E7%A5%9E%E7%A4%BE&oldid=89859265

この神社の神主様へ

公式アカウント(無料)にご登録いただくと、

ご自身の神社の情報を編集することができます。

無料登録して、参拝者が必要な情報を直接伝えてみませんか?

詳しくはこちら

最新の限定御朱印情報が届く!
御朱印メルマガを受け取ろう

利用開始をもって利用規約プライバシーポリシー
同意したものとみなします。

※購読はいつでも解除できます。

This site is protected by reCAPTCHA and the Google
Privacy Policy and Terms of Service apply.

行きたい
投稿する
お問い合わせ
めめ小バナー