御朱印・神社お寺の検索サイト楽しみ方
四天王寺聖徳太子1400年限定御朱印大バナー2022年10月※円通寺ではいただけません
投稿する
0795-82-1992

※お問い合わせの際は「ホトカミを見た」と
お伝えいただければ幸いです。

御朱印について
御朱印
あり
限定
-
御朱印帳
-
パーキング
駐車場
-

おすすめの投稿

きどっち
2022年05月09日(月)
780投稿

曹洞宗 永谷山 円通寺

氷上郡西国三十三ヶ所観音霊場 第十九番札所

将軍足利義満が永徳2年(1382年)、後円融天皇の勅命により創建されました。
年号の首字より「永谷山」、天皇の宝号より「円通寺」と名付け、勅願寺と定めたとのこと。
室町から江戸時代の全盛期には、200を超える末寺院を有していたそうです。

天正3年(1575年)、織田信長より丹波平定を命じられた明智光秀は丹波攻めを行う際、この地域の多くの寺社が焼き払われたそうです。
円通寺もその危機にあったそうですが、地元の豪氏荻野喜右衛門が明智光秀の本陣に赴き、必死の説得の末に明智光秀が受け入れ、兵火を逃れたと寺伝に残されているそうです。
そのときの光秀直筆の下馬札と禁制が遺されているとのこと。

現在の本堂や庫院は、江戸時代に再建されたものだそうで、本堂軒下の彫刻は中井権次一統によるものだそうです。
(中井権次一統は、丹波柏原藩の宮大工)

納経所は閉まっており、境内にはお参りに来られている方以外は見当たらず、御朱印は拝受できませんでした。
もっと功徳を積みなさいということですかね。

円通寺の建物その他円通寺の建物その他

駐車場から山門へと向かう参道
青紅葉がきれいでした。

円通寺の自然円通寺の建物その他

山門前
紅葉で覆い隠されています

円通寺の山門

山門
両脇には二天が見守っています

円通寺の像

まずは右側 持国天

円通寺の建物その他

持国天の説明

円通寺の像

左側 増長天

円通寺の建物その他

増長天の説明

円通寺の歴史円通寺の動物

山門を抜けると左右に放生池があります

円通寺の動物円通寺の建物その他円通寺の歴史

右側の放生池あたりには、昔、源融(源氏物語の光源氏のモデルと考えられている)が建立した賀茂大明神があったそうです。

円通寺の自然

大杉
賀茂神社があった当時の名残である御神木。
樹齢700年だそうです。

円通寺の建物その他

放生池を渡り、この先に本堂があります

円通寺の建物その他

塀には五本線、そして足利家家紋「丸に二つ引き」

円通寺の歴史円通寺の建物その他

鐘楼
自由につくことができます

円通寺の本殿

お待たせしました、いよいよ本堂です

円通寺の本殿

本堂内

円通寺の本殿

本堂左手奥には子育地蔵尊が祀られています

円通寺の芸術円通寺の芸術

本堂軒下の彫刻
中井権次一統によるものです

円通寺の芸術円通寺の芸術円通寺の芸術円通寺の地蔵

延命地蔵菩薩

円通寺の仏像

不動明王立像

円通寺の自然

本堂裏の糸桜 樹齢200年
(丹波市指定天然記念物)

円通寺の自然

本堂裏のタブノキ 樹齢300年
(丹波市指定天然記念物)

円通寺の本殿

本堂 裏側より

円通寺の建物その他円通寺の建物その他円通寺の仏像
もっと読む
投稿をもっと見る(5件)

円通寺の基本情報

住所兵庫県丹波市氷上町御油983
行き方
アクセスを詳しく見る
名称円通寺
御朱印あり

限定御朱印なし
電話番号0795-82-1992
お問い合わせの際は「ホトカミを見た」とお伝えいただければ幸いです。
ホームページhttp://pleasantly.sakura.ne.jp/1Toppage.htm

詳細情報

ご本尊如意輪観世音菩薩像
宗旨・宗派曹洞宗

この寺院の僧侶様へ

公式アカウント(無料)にご登録いただくと、

ご自身の寺院の情報を編集することができます。

無料登録して、参拝者が必要な情報を直接伝えてみませんか?

詳しくはこちら

最新の限定御朱印情報が届く!
御朱印メルマガを受け取ろう

利用開始をもって利用規約プライバシーポリシー
同意したものとみなします。

※購読はいつでも解除できます。

This site is protected by reCAPTCHA and the Google
Privacy Policy and Terms of Service apply.

行きたい
投稿する
お問い合わせ
めめ小バナー