御朱印・神社お寺の検索サイト楽しみ方
四天王寺聖徳太子1400年限定御朱印大バナー2022年10月※高山寺ではいただけません

こうざんじ|真言宗大覚寺派弘浪山

高山寺

兵庫県 石生駅

投稿する
0795-82-1261

※お問い合わせの際は「ホトカミを見た」と
お伝えいただければ幸いです。

御朱印について
御朱印
あり
限定
-
御朱印帳
-
ありません
パーキング
駐車場
あり

あり

おすすめの投稿

きどっち
2022年05月06日(金)
782投稿

真言宗大覚寺派別格本山 弘浪山 高山寺

「日本の絶景」として時々雑誌等にも取り上げられる古刹になります。
何が絶景かというと、山門から本堂まで続くまっすぐな参道には両脇に石灯籠が続き、そしてモミジがトンネルのようになっているんです。
ネット上でも秋に赤く色付いたモミジの参道写真が結構挙げられていますが、今回は青モミジ!
天気がとても良かった上に、お昼近くで太陽はほぼ真上。
そして参拝者は私一人。(私が帰る頃には何人か来られましたが)
絶好の撮影タイミングとなり、「朝早く起きて、丹波まで来た甲斐があった」と大満足でした。

しかも最初の山門の写真をよく見てもらうとわかるのですが、参道には二人ほど人が写っています。
この方達はお寺の関係者で、石灯籠をきれいにお掃除されていたのですが、私が山門をくぐって参道の写真を撮ろうとすると掃除道具を持って、鳥居の陰に隠れてくれたのです。
この心意気にもすごく感動し、掃除をされていた方にご挨拶すると笑顔で「こんにちは」と返してくださいました。
日本ってやっぱりいいなと思ってしまいますね。

高山寺は、天平宝字5年(761年)、法道仙人が弘浪山頂にて十一面観世音菩薩を感得し、堂宇を建立したのが開基とされるそうです。
その後兵火により焼失したそうですが、源頼朝の命を受けた東大寺住職俊乗坊重源によって中興されます。
一時は11の末寺を構えて、後鳥羽天皇勅願所ともなっていたそうですが、その後戦国時代になると高山寺は寺院城郭とされ、織田信長の命により明智光秀が丹波平定を目指してこの地で戦いが起き、戦乱に巻き込まれて再び荒廃してしまったようです。
そして慶長5年(1600年)、開長上人によって再興されたとのこと。

昭和33年に弘浪山頂から現在地・常楽に、本堂、山門、庫裏を移築されたそうです。

御朱印は寺務所にて書置きをいただきました。
もしかしたら直書きしていただけたのかもしれませんが、掃除等でお忙しそうにされていたので手を煩わせては申し訳なくて。

今回、600投稿目にあたり、こんなに素敵なお寺にお参りできたのも何かのご縁でしょうか。
ぜひ次は紅葉の季節にお参りしてみたいと思います。

高山寺の山門

山門

高山寺の建物その他高山寺の建物その他高山寺の像

仁王像(右)の壁の絵もきれいなんですが、
天井には・・・

高山寺の芸術

天女が描かれています

高山寺の像

そして左の仁王像
こちらの天井にも・・・

高山寺の芸術

これは天女?
もしかして迦陵頻伽?

高山寺の芸術

そして山門中央の天井には龍が描かれています

高山寺の芸術高山寺の建物その他

山門をくぐった先にはこの参道!

高山寺の建物その他

参道の途中、右側にある鐘楼

高山寺の建物その他

いよいよ本堂が見えてきました

高山寺の建物その他高山寺の建物その他

本堂手前に狛犬?
両方とも口が開いてるけど?

これは獅子吼というらしいです。
説明は次の写真をご覧ください。

高山寺の建物その他高山寺の本殿

本堂

高山寺の本殿

本堂内部

高山寺の建物その他高山寺の芸術高山寺の歴史高山寺の像高山寺の仏像

本堂のまわりには石仏がずらり

高山寺の仏像高山寺の自然

ツツジとクロアゲハ

高山寺の建物その他高山寺の動物

クロアゲハに気を取られていると、「こっちも見て」と言わんばかりに私の周りを旋回して目の前で止まってくれました。
ツマグロヒョウモンという蝶らしいです。

高山寺の本殿

もう一度本堂を振り向いたあと、寺務所へ。

高山寺の地蔵

寺務所に向かう途中で出会った「手切地蔵菩薩」
なんと右手がありません!
悪習や悪縁と「手を切る」と念じてお参りするそうです。

高山寺の仏像高山寺の御朱印

御朱印

もっと読む
ハナナチエ
2021年11月03日(水)
2153投稿

源頼朝が御本尊と夢枕で復興の約束で建てられた「高山寺」

兵庫r109沿いに大きな看板あり。車のナビを使うとなぜか全然見当違いの山奥の方に案内された。
仁王門前に無料駐車場あり。

朱色の仁王門の前に石標。
仁王門をくぐって正面にまーすぐ石灯籠が並び紅葉の参道。紅葉シーズンはかなり良さそう。
門すぐ左手に安全堂。裏山の安全山にちなんで名付けられお不動さんを祀っている。参道右手には鐘楼。
参道をずっと進むと正面本堂。本堂左側を進むと寺務所。御朱印は書き置きが置いてあったが、お寺の人がいたら書いてくれるよう。

頼朝が伊豆に流され、源氏復権を願い三島明神に毎日お参りに行っていた帰り、夢の中で不思議な翁に出会う。翁は「汝はいずれ将軍になって天下を収めることを約束する。その時は我が住む丹波国の高山寺を復興するようお願いする」と告げて立ち去った。夢から覚めた頼朝は喜んだ。
その後天下を収めた頼朝だったが、その約束をすっっかり忘れていた。ある夜、再び頼朝の夢枕に翁が現れ「早復興せよ」と言われた。今度は俊乗房重源上人と北条時政の夢枕にも現れ「頼朝の高山寺復興を協力しろ」という念の入れよう。3人はその夢枕の内容を話し合い高山寺を無事復興したのでした。夢枕に現れていた翁は御本尊の十一面観音菩薩でしたとさ。

高山寺の山門高山寺の建物その他高山寺の建物その他高山寺の本殿
もっと読む
ユキ
2020年11月28日(土)
586投稿

紅葉は終わってました😅御朱印は書き置き御朱印でした。山門の天井の絵が凄かったです😃

高山寺の御朱印

書き置き御朱です。

高山寺(兵庫県)

山門です。

高山寺の山門

山門の天井に絵が。

高山寺の芸術高山寺の建物その他

本堂に行く前につきましょう。

高山寺の自然

枯れ葉になってました😢

高山寺の像高山寺の本殿

本堂です。入山料300円です。

高山寺の建物その他

寺事務所です。御朱印ありましたが、書き置きです。

もっと読む
投稿をもっと見る(4件)

歴史

高山寺の旧境内は、現在地から南東約3kmにそびえる弘浪山(標高520m)の山中にありました。
天平宝字五年(761)、法道仙人が弘浪山において十一面観音菩薩を感得し、堂宇を建立したのが開基と伝わります。
その後の仁平三年(1153)の兵火で焼失しましたが、文治五年(1189)に源頼朝の命を受けた重源聖人によって中興されました。当時は山麓に十一の末寺を構え、後鳥羽天皇勅願所ともなりましたが、南北朝時代以降は荻野氏などによって城壁とされ、相次ぐ戦乱によって寺門は再び荒廃しました。
慶長五年(1600)に日向国の僧・開長上人によって再興され、境内の基盤が整い、内尾神社別当職として隆盛を迎えます。しかし明治の神仏分離、廃仏毀釈による末寺の荒廃や、台風災害などによって山上での護符が困難となり、昭和三十三年(1958)に本堂、山門、庫裏を現在地へ移築しました。
当寺の十一面観音菩薩は白龍に座したお姿で、三十三年ごとにご開帳されます。

歴史をもっと見る|
1

高山寺の基本情報

住所兵庫県丹波市氷上町常楽50
行き方

JR「石生駅」より車で10分

アクセスを詳しく見る
名称高山寺
読み方こうざんじ
参拝料

保全金200円

御朱印あり

限定御朱印なし
御朱印帳なし
電話番号0795-82-1261
お問い合わせの際は「ホトカミを見た」とお伝えいただければ幸いです。
SNS

詳細情報

ご本尊十一面観音菩薩
山号弘浪山
宗旨・宗派真言宗大覚寺派
創建時代天平宝寺元年(757)
開山・開基法道仙人
ご由緒

高山寺の旧境内は、現在地から南東約3kmにそびえる弘浪山(標高520m)の山中にありました。
天平宝字五年(761)、法道仙人が弘浪山において十一面観音菩薩を感得し、堂宇を建立したのが開基と伝わります。
その後の仁平三年(1153)の兵火で焼失しましたが、文治五年(1189)に源頼朝の命を受けた重源聖人によって中興されました。当時は山麓に十一の末寺を構え、後鳥羽天皇勅願所ともなりましたが、南北朝時代以降は荻野氏などによって城壁とされ、相次ぐ戦乱によって寺門は再び荒廃しました。
慶長五年(1600)に日向国の僧・開長上人によって再興され、境内の基盤が整い、内尾神社別当職として隆盛を迎えます。しかし明治の神仏分離、廃仏毀釈による末寺の荒廃や、台風災害などによって山上での護符が困難となり、昭和三十三年(1958)に本堂、山門、庫裏を現在地へ移築しました。
当寺の十一面観音菩薩は白龍に座したお姿で、三十三年ごとにご開帳されます。

体験武将・サムライ

この寺院の僧侶様へ

公式アカウント(無料)にご登録いただくと、

ご自身の寺院の情報を編集することができます。

無料登録して、参拝者が必要な情報を直接伝えてみませんか?

詳しくはこちら

最新の限定御朱印情報が届く!
御朱印メルマガを受け取ろう

利用開始をもって利用規約プライバシーポリシー
同意したものとみなします。

※購読はいつでも解除できます。

This site is protected by reCAPTCHA and the Google
Privacy Policy and Terms of Service apply.

行きたい
投稿する
お問い合わせ
名鉄御朱印めぐりオリジナル御朱印帳発売中