参拝者と神社お寺でつくるお参りの記録共有サイト楽しみ方

御袖天満宮へのアクセス広島県 尾道駅

みそでてんまんぐう

アクセス

住所尾道市長江1-11-16
Googleマップで地図を開く
エリア尾道駅
行き方

JR山陽本線 尾道駅より徒歩20分
バスをご利用の場合は「長江口」にて下車 徒歩10分

最寄り駅

◼︎JR山陽本線
尾道駅から直線約1.23km
徒歩約29分
車で約6分
Googleマップで確認

◼︎山陽新幹線
新尾道駅から直線約2.17km
徒歩約52分
車で約10分
Googleマップで確認

◼︎JR山陽本線
東尾道駅から直線約3.77km
徒歩約1時間30分
車で約18分
Googleマップで確認

情報提供: HeartRails Express

御袖天満宮について

基本情報

名称御袖天満宮
読み方みそでてんまんぐう
拝観時間

社務所(宮司宅)8:00〜17:00

電話番号0848-37-1889
お問い合わせの際は「ホトカミを見た」とお伝えいただければ幸いです。
メールアドレスsg57125@gmail.com
ご祭神菅原道真公
ご由緒

〜御由緒・縁起〜

御祭神 :菅原道真公

承和12年(845)旧暦6月25日 京都の菅原院にて御誕生
延喜元年(901) 藤原氏の讒言により太宰権帥に左遷、京を発つ
延喜3年(903) 旧暦2月25日 太宰府にて御逝去

例祭: 7月25日(旧暦6月25日)に本祭を催行
※現在は25日の前週の金、日曜日に尾道市内御神輿が渡御、土曜日に本社にて勧学祭を催行

宝物 :
木造狛犬一対 (室町時代の作、尾道市指定文化財)
大神輿 (明治2年の作、同型の神輿では市内一の重さ)

御由緒:
菅原道真公が筑紫国・太宰府に赴かれる道中、立ち寄った尾道の長江で、この地の里人(尾道の旧家・天神金屋の祖という)が麦飯と醸酒を供したところ、菅公はこの歓待をお喜びになり、自らの衣の片袖を裁ち、そこに自らのお姿を描き与えたと伝わる。延久年間(1069〜1074)祠を建ててお祀りし、これが「尾道御袖社」の起源である。その後「御袖天満宮」と奉称した。慶長11年(1606)、貞享4年(1687)に社殿の造営があり、また寛政11年(1799)、嘉永2年(1849)に修復されている。昭和48年(1973)に火災に遭い、現在の社殿は昭和58年(1983)に再建された。例祭には、天神下にある菅公腰掛岩の前の畑で収穫される麦を、現在もなお御神饌としてお供えしている。

分類
ログインすると情報を追加/編集できます。
最終更新:2019年05月11日
作成者: ホトカミ運営

神社寺院のホームページが無料でかんたんに作れる!
行きたい投稿する

お参りの記録を投稿しよう!

ホトカミに登録すると、お参りの記録を投稿し、
思い出を整理することができます。

歴史に詳しい必要はありません。
個人の感想や思い出を投稿しましょう!

行きたい神社やお寺を
リストに残そう!

ホトカミに登録すると、
あなたが行きたい神社やお寺を忘れないように、
リストに残すことができます。

すてきを伝える

「ほっこりした。」「なるほど!」「行ってみたいなぁ」
という投稿に出会ったら、「すてき」をクリック!

コメントすることもできます。

楽しみ方をもっと詳しく

ホトカミに登録して、
お参りをもっと楽しみましょう!

初めての方

アカウントをお持ちの方