御朱印・神社お寺の検索サイト楽しみ方
慈眼寺リリー大バナー※養泉寺ではいただけません

曹洞宗

養泉寺

群馬県 西桐生駅

投稿する
0277-44-4663

※お問い合わせの際は「ホトカミを見た」と
お伝えいただければ幸いです。

御朱印について
御朱印
あり
限定
-
御朱印帳
-
パーキング
駐車場
-

おすすめの投稿

たかく
2019年10月06日(日)
133投稿

養泉寺は、現在の東2丁目、かつては芳町、さらに古くは今泉と称された地、桐生川のほとりにある。山号を「青龍山」と号すが、青龍は中国の伝説上の神獣で、東方を守護するとされることから、この山号は桐生の街の東にあることを意味するものと考えられる。また、かつては「清流山」と号したこともあるが、この清流は桐生川をさしているものと思われる。
 養泉寺の開創は戦国時代までさかのぼる。由良氏が桐生氏を滅ぼし、桐生城に入城したのち、由良氏重鎮であった金谷因幡守はその領地に庵室を建立し、同じ今泉にあった東勝寺の和尚を居住させた。これが、金谷因幡守開基の「水竹庵」であり、養泉寺の基となったと伝えられている。由良氏が牛久へ国替えとなった後は、臨済宗寺院であった東勝寺の庵室として存続したものと思われる。水竹庵が「青龍山養泉寺」とあらたまったのは元禄の頃、当時、この地を領地とした旗本、竹本土佐守が、その父、竹本養意を開基とし、鳳仙寺11世曲外嶺松大和尚を開山和尚に請して再興したことによる。以降、曹洞宗に属する。竹本養意は金山家館林家両家の医師であったが、寛文の頃、この地に移住したとされる。戒名、寂照院殿来室養意居士。その妻、瑞泉院殿縁誉心光大姉とともに養泉寺開基となっているが、養泉寺の寺号はこの2人の戒名にちなんでいることがわかる。

養泉寺の鳥居養泉寺の山門養泉寺の建物その他養泉寺の山門
もっと読む
投稿をもっと見る(2件)

養泉寺の基本情報

住所群馬県桐生市東2-6-40
行き方
アクセスを詳しく見る
名称養泉寺
御朱印あり

限定御朱印なし
電話番号0277-44-4663
お問い合わせの際は「ホトカミを見た」とお伝えいただければ幸いです。

詳細情報

宗旨・宗派曹洞宗

この寺院の僧侶様へ

公式アカウント(無料)にご登録いただくと、

ご自身の寺院の情報を編集することができます。

無料登録して、参拝者が必要な情報を直接伝えてみませんか?

詳しくはこちら

最新の限定御朱印情報が届く!
御朱印メルマガを受け取ろう

利用開始をもって利用規約プライバシーポリシー
同意したものとみなします。

※購読はいつでも解除できます。

This site is protected by reCAPTCHA and the Google
Privacy Policy and Terms of Service apply.

行きたい
投稿する
お問い合わせ
名鉄御朱印めぐりオリジナル御朱印帳発売中