参拝者と神社お寺でつくるお参りの記録共有サイト楽しみ方

田村神社の歴史福島県 磐城守山駅

田村神社の歴史情報

詳細情報

ご祭神《主》坂上田村麿

Wikipediaからの引用

歴史
坂上田村麻呂が東夷征伐の際に鎮守山泰平寺を建立し、本尊として大元帥明王像を安置。これが田村神社の元となる。厨子は安土桃山時代、本殿は江戸時代初期に建築された。 1689年(元禄2年)4月29日には松尾芭蕉と曾良が訪れ、その様子が曾良の日記に記されている。 1836年(天保7年)10月23日には安積艮斎が訪れている。 明治時代、神仏分離令により田村神社と改称。その際に仏具は近くの円通寺に移されたが、その後、田村神社が返還要求を出したことで裁判となり、仏具は田村神社に返還、祭事は円通寺が行なうという条件で和解し、現在に至る。
引用元情報田村神社 (郡山市)」『ウィキペディア日本語版』。
この版のURL:https://ja.wikipedia.org/w/index.php?%E7%94%B0%E6%9D%91%E7%A5%9E%E7%A4%BE%20(%E9%83%A1%E5%B1%B1%E5%B8%82)&oldid=76220055

歴史の写真一覧

何かお気づきの点はありますか?