神社お寺の検索サイト楽しみ方
名鉄御朱印めぐり御朱印帳発売中
御朱印について
御朱印
なし
パーキング
駐車場
-

おすすめの投稿

マツダ ケイメイ maz…
2020年02月22日(土)
78投稿

柏市のお土産に平将門に関するものがあり、なんでだろうと思っていたんですが、平将門の乱で敗れた一族が柏市を含む上総のこの辺りに逃げのびたためらしいです。

本殿はこじんまりとしてますが、彫刻が見事でした。
将門に由来する放駒や右目が彫られてない女性など言い伝えとなっています。

隣にはその一族を弔ったお寺もあり、個人的には得意ではない部類のお寺で御線香をあげさせてもらいました。

将門神社はここ以外にも上総に何箇所かあるようで、機会があれば訪ねてみたいです。

One of the souvenirs in Kashiwa city is related to Taira-no-Masakado(The warlord who ruled this area in the late Heian era) and I was wondering why, but it seems that the family lost in the rebellion of Taira-no-Masakado fled to Kazusa, including Kashiwa.

The main shrine is small, but the sculpture was wonderful.
It is a legend that there are women who do not have a carved right piece,released house s and so on.

There is a temple next to the shrine where the family was mourned.

There seem to be several other places in Kazusa, other than here, and I would like to visit if there is an opportunity.

将門神社の建物その他

将門通り
Masakado street

将門神社の鳥居

鳥居
Gate

将門神社の歴史

御由緒 所々読めましたが、かなり薄れてました
Information

将門神社の本殿

全景
from the front

将門神社の狛犬

狛犬 阿形
Guardian dog “Ah”

将門神社の狛犬

少し欠けた狛犬 吽型
Guardian dog “Un”

将門神社の手水

手水舎
Water place for cleaning yourself

将門神社の本殿

本殿
main shrine

将門神社の芸術

右目だけ彫られてない女性

将門神社の芸術

放駒
Released houses

将門神社の芸術

彫り物

将門神社の芸術

彫り物

将門神社の本殿

本殿の扁額
Name plate

将門神社の建物その他

摂社 鹿嶋神宮
Other shrine

もっと読む
投稿をもっと見る(3件)

歴史

将門大明神
祭神 平新皇将門

桓武天皇を祖先として父平良将と共に下総の国相馬郡岩井村に住居し、下総の国の開発と共に住民の生活安定に心血をそそぎ信望を集めたり。
父良将は陸奥鎮守将軍と下総介であった。
将門公は相馬の御厨の下司職を父と共に世襲す。
風早村大井将門山に出城を置き、布瀬高野に高野御殿を築き、土塁跡は今も保存されている。
律令制から荘園制への改変過程で、領土問題より上総の国日立の国と爭いを起す。
京都朝廷より将門追討の命を受け藤原秀郷、関東に下る。
田原藤太秀郷戦勝祈願の為、成田に不動明王を祭る。
日立の国主平貞盛と協力して将門公と戦う。
天慶三年二月十四日春一番の突風に遭い戦斗困窮せる時、羽鳴り鋭く飛んで来た鏑矢、右眼を射抜き砂塵の中に落馬す。
時に午後三時、相馬小次郎将門公再び立たず。
之を承平天慶の乱と云う。
第三女の如蔵尼、父将門居住の此の地に祠を立て、その霊を弔う。
社殿は幾度か新築改造されたり。

一、将門大明神拝殿 一宇 正徳二年
二、新造立花表 一宇 享保七年
三、新造立平親王将門宮 一宇 延亨元年
四、新造立花表 一宇 明和三年
五、造立閉植 一宇 寛政二年
六、彩色将門大明神雨屋 一宇 文化三年
七、再建将門大明神 一宇 安政六年 霜月

現在の本殿は江戸末期安政六年の建立にして記念の木札七枚を保存す。
五尺宮社流総檬破風造り屋根は寄棟造り茅葺鉄板で覆ってある。
千葉氏五代常胤、祖先将門公を偲び社殿を復興したとの伝説もある。
基壇の部分に放れ駒や隻眼の人物像がある、放れ駒は九旺星と共に将門公の用いた紋とされている。
茨城県岩井市にある國王神社には共通する伝説がある。
将門神社の社名は日本中唯一にして当社のみ。
区民一同信仰尊敬し霊験あらたかな産土神。
我等の幸を守らせ給へ。
昭和六十年己丑年 区民一同拍手再拝

歴史をもっと見る|
2

将門神社の基本情報

住所千葉県千葉県柏市岩井425
行き方
アクセスを詳しく見る
名称将門神社
読み方まさかどじんじゃ

詳細情報

ご祭神平将門公
ご由緒

将門大明神
祭神 平新皇将門

桓武天皇を祖先として父平良将と共に下総の国相馬郡岩井村に住居し、下総の国の開発と共に住民の生活安定に心血をそそぎ信望を集めたり。
父良将は陸奥鎮守将軍と下総介であった。
将門公は相馬の御厨の下司職を父と共に世襲す。
風早村大井将門山に出城を置き、布瀬高野に高野御殿を築き、土塁跡は今も保存されている。
律令制から荘園制への改変過程で、領土問題より上総の国日立の国と爭いを起す。
京都朝廷より将門追討の命を受け藤原秀郷、関東に下る。
田原藤太秀郷戦勝祈願の為、成田に不動明王を祭る。
日立の国主平貞盛と協力して将門公と戦う。
天慶三年二月十四日春一番の突風に遭い戦斗困窮せる時、羽鳴り鋭く飛んで来た鏑矢、右眼を射抜き砂塵の中に落馬す。
時に午後三時、相馬小次郎将門公再び立たず。
之を承平天慶の乱と云う。
第三女の如蔵尼、父将門居住の此の地に祠を立て、その霊を弔う。
社殿は幾度か新築改造されたり。

一、将門大明神拝殿 一宇 正徳二年
二、新造立花表 一宇 享保七年
三、新造立平親王将門宮 一宇 延亨元年
四、新造立花表 一宇 明和三年
五、造立閉植 一宇 寛政二年
六、彩色将門大明神雨屋 一宇 文化三年
七、再建将門大明神 一宇 安政六年 霜月

現在の本殿は江戸末期安政六年の建立にして記念の木札七枚を保存す。
五尺宮社流総檬破風造り屋根は寄棟造り茅葺鉄板で覆ってある。
千葉氏五代常胤、祖先将門公を偲び社殿を復興したとの伝説もある。
基壇の部分に放れ駒や隻眼の人物像がある、放れ駒は九旺星と共に将門公の用いた紋とされている。
茨城県岩井市にある國王神社には共通する伝説がある。
将門神社の社名は日本中唯一にして当社のみ。
区民一同信仰尊敬し霊験あらたかな産土神。
我等の幸を守らせ給へ。
昭和六十年己丑年 区民一同拍手再拝

この神社の神主様へ

公式アカウント(無料)にご登録いただくと、

ご自身の神社の情報を編集することができます。

無料登録して、参拝者が必要な情報を直接伝えてみませんか?

詳しくはこちら

最新の限定御朱印情報が届く!
御朱印メルマガを受け取ろう

利用開始をもって利用規約プライバシーポリシー
同意したものとみなします。

※購読はいつでも解除できます。

This site is protected by reCAPTCHA and the Google
Privacy Policy and Terms of Service apply.

名鉄御朱印めぐり御朱印帳発売中
投稿する
お問い合わせ