参拝者と神社お寺でつくるお参りの記録共有サイト楽しみ方
ブリッジライターNAOさんのプロフィール画像

ブリッジライターNAO

(99投稿)
在住していて育った県でもある千葉、あまり歴史が古いという認識はなかったですけども(江戸時代から栄えた場所が多いイメージ)、この最古レベルの神社のことを昨年に知って以来、行ってみたいと思っていました。

そして夫婦で南房総旅行の折に、立ち寄ることに。
そしたら、期待以上に素晴らしい空気の場所でした!!
伊勢神宮や明治神宮など最高峰の格式高いところに引けを取らない何かしらのパワーを感じたし、その上で人が少ないのもいいですね。
境内で印象的だったことはたくさんありますが、特に拝殿の裏の方にある受け水の祠!
そこにいた大ゲジは、気づいた瞬間はギョッとしたものの、ジッと佇む立派な姿が神様の化身にも見えたほど。
(アップ写真や嫁とゲジとのツーショットも撮りましたが、苦手な人もいるだろうからあえて載せてません^^;)
また、その祠の中に耳を澄ますと、奥の方から水が滴る音が聞こえてきて、その透き通った高めの音がまるでジブリ映画とかに使われてそうな神々しい響き!また聴きたいですね〜。
安房神社の鳥居(千葉県館山駅)白いシンプルな大鳥居安房神社のその他建物(千葉県館山駅)参道も広大なのに、しっかり玉砂利がぎっしりと。安房神社のその他建物(千葉県館山駅)なんだろう?この穴は。安房神社のその他建物(千葉県館山駅)いかにも生命力強そう。安房神社のその他建物(千葉県館山駅)この受け水のところがスゴイ!安房神社の末社・摂社(千葉県館山駅)境内の厳神社安房神社のその他建物(千葉県館山駅)休憩所もあります。
お茶とかがフリーで飲めます。安房神社の景色(千葉県館山駅)お堀まであるのかぁ

すてき12

・・・
投稿した人:

ブリッジライターNAO

ブリッジライターNAOさんのプロフィール画像(99投稿)

「1分 読書」で検索
→本1冊を1分でつかめる要約サイトです。(ときどき和歌も詠んでます)

「農業 インターネット」で検索
→サイエンス&文化人類学系(?)のブログです

個人の徒然としたブログもやってます。
(プロフィールページのリンク↓より)
 

みんなのコメント(0)

コメントはまだ投稿されていません。

安房神社の投稿にコメントしませんか?

ログイン無料登録すると、投稿へコメントできます。

神社寺院のホームページが無料でかんたんに作れる!

安房神社について

基本情報

名称安房神社
読み方あわじんじゃ
通称大神宮
拝観時間

社務所:09:00〜16:30

拝観にかかる時間

20分

拝観料

なし

トイレあり
御朱印あり
御朱印帳あり
電話番号0870-28-0034
お問い合わせの際は「ホトカミを見た」とお伝えいただければ幸いです。
ホームページhttp://www.awajinjya.org/
ご祭神《主》天太玉命,《配》天比理刀咩命
創始者天富命
本殿神明造り
例祭・神事

8月10日(例祭)
9月中旬(国司祭)
1月14日(置炭神事)
1月15日(粥占神事)

ご由緒

『古語拾遺』や『先代旧事本紀』といった書物によれば、安房神社の始まりは2670年以上前にさかのぼるという。現在下の宮に祀られている天富命は、神武天皇の勅命により四国・阿波徳島の忌部一族を率い肥沃な土地を求めて旅立つこととなり、海路黒潮に乗り房総南端のこの地に到着した。そして、上総・下総に進み麻や穀(紙の原料)といった植物を播殖して、その産業地域を広げていった。開拓を終えた天富命は、無事成し遂げられたのも祖先の御加護によるものだと考え、祖父にあたる天太玉命をお祀りして、祖先の恵みに感謝したのである。
『阿波忌部家系図』によれば、元正天皇の養老元年(717)に現在の場所へと天太玉命を奉斎し、同時に天富命も下の宮に祀ったという。
上の宮の御祭神である天太玉命は、天照大神のそば近く重臣として奉仕し、天照大神が天岩戸にお隠れになった時には、中臣氏の祖神・天児屋根命とともに大神の出御のために活躍した神である。また子孫にものを作る技術に長けた神が多くいたことから、産業の総祖神としてその神徳を世に顕している。
現在は安房国全域を始め上総・下総・関東地方の信仰を集めており、交通安全・厄除開運・家内安全・商売繁盛などを願う人々がこの地を訪れている。

分類
ログインすると情報を追加/編集できます。
最終更新:2019年04月21日
作成者: ホトカミ運営

神社寺院のホームページが無料でかんたんに作れる!
行きたい投稿する

お参りの記録を投稿しよう!

ホトカミに登録すると、お参りの記録を投稿し、
思い出を整理することができます。

歴史に詳しい必要はありません。
個人の感想や思い出を投稿しましょう!

行きたい神社やお寺を
リストに残そう!

ホトカミに登録すると、
あなたが行きたい神社やお寺を忘れないように、
リストに残すことができます。

すてきを伝える

「ほっこりした。」「なるほど!」「行ってみたいなぁ」
という投稿に出会ったら、「すてき」をクリック!

コメントすることもできます。

楽しみ方をもっと詳しく

ホトカミに登録して、
お参りをもっと楽しみましょう!

初めての方

アカウントをお持ちの方