参拝者と神社お寺でつくるお参りの記録共有サイト楽しみ方

くしひきはちまんぐう

櫛引八幡宮青森県 八戸駅

くしひきはちまんぐう

櫛引八幡宮青森県 八戸駅

青森県 八戸市八幡字八幡丁3-2
御朱印あり
縁結び・恋愛成就勝負運

例祭・神事

お浜入り神事(5月14日)
流鏑馬(秋季大祭当日)

アクセス

住所八戸市八幡字八幡丁3-2
Googleマップで地図を開く
エリア八戸駅
近くの駅

◼︎JR八戸線

◼︎JR東北本線

◼︎青い森鉄道線
八戸駅から直線約2.14km
徒歩約51分
車で約10分
Googleマップで確認



◼︎東北新幹線
八戸駅から直線約2.17km
徒歩約52分
車で約10分
Googleマップで確認



◼︎青い森鉄道線
北高岩駅から直線約3.01km
徒歩約1時間12分
車で約15分
Googleマップで確認



◼︎JR八戸線
長苗代駅から直線約4.37km
徒歩約1時間44分
車で約21分
Googleマップで確認



最寄駅ではなく、直線距離で最も近い駅を目安として表示しています。
Googleマップ等で出発地からのアクセスをご確認ください。
情報提供: HeartRails Express

櫛引八幡宮について

基本情報

名称櫛引八幡宮
読み方くしひきはちまんぐう
通称南部総鎮守一之宮
御朱印あり
御朱印帳あり
ホームページhttp://www.kushihikihachimangu.com/
SNS

詳細情報

ご祭神《主》誉田別尊,《配》天照皇大神,天津児屋根神,大国主神,倉稲霊神,建御名方神,武甕槌神,惶根神,伊弉諾神,伊弉冉神,鳴雷神,水波能売神,生保馬神,白山比咩神,泥土煮神,素盞雄神,火産霊神,猿田彦神,大山祇神
本殿三間社流造
文化財

赤糸威鎧・白糸威褄取(国宝)
本殿・旧拝殿ほか(重要文化財)

ご由緒

「櫛引神社」は、平安時代、南部家初代光行公による草創と伝えられています。

「櫛引八幡縁起」という文書には、かつて櫛引村に大同年間(806年~810年)に、坂上田村麻呂が祀った八幡宮の小社があり、同神同体であるので、瀧ノ沢の仮ノ宮から、この地に遷座した、とあるそうです。

以後、「櫛引八幡宮」(神社)と称し、南部の総鎮守となりました。

ご利益
体験

Wikipediaからの引用

概要
櫛引八幡宮(くしひきはちまんぐう)は、青森県八戸市にある神社(八幡宮)である。旧社格は郷社。境内は「八幡山」と呼ばれ、樹齢100年以上の老杉が立ち並ぶ。 本殿など5棟の社殿が重要文化財に指定され、国宝や重要文化財の甲冑なども境内国宝館において一般公開されている。 近年では櫛引八幡宮は一ノ宮であるという勘違いが進んでいるが、これは事実ではない。通常一ノ宮は、国の役人であった国司が赴任の際に参拝する順番が一番最初という意味であるが、櫛引八幡宮が自称する一ノ宮というのは、盛岡藩の南部家がとても大切にしていた神社という意味合いで用いられている。 実際八戸藩が成立しても、櫛引八幡宮は飛び地として盛岡藩の管理下にあり、八戸の神社にならなかった程に盛岡南部家は篤く崇敬しており、藩制が解体されるまでずっと盛岡の神社となっていた。 この南部総鎮守一ノ宮という言葉は、上記の様な背景を踏まえて、平成に入る前後あたりに観光戦略的に作られた櫛引八幡宮独自の造語で、盛岡にいる本家の南部氏が特に篤く崇敬したから南部の総鎮守と言えるだろう、同じく南部家にとっての一ノ宮と言っても良いだろうという事のようである。 実際の陸奥国一ノ宮は、志和彦神社鹽竈神社・馬場都都古和気神社・八槻都都古和気神社・石都都古和気神社の陸奥国一ノ宮論社四社と言われる神社が本当の一ノ宮であり、青森県内では新一宮として岩木山神社が全国一ノ宮会に属している。
歴史
仁安元年(1166年)に加賀美遠光が甲州南部庄(現山梨県南部町一帯)に八幡神を勧請して創祀し、緋威の鎧を殿内に納めたという八幡宮に起源を持ち、文治5年(1189年)の奥州合戦で戦功をたてたその息南部光行(南部氏の始祖)が糠部5郡(八戸・三戸・下北・鹿角・下北)の領地を任されて建久2年(1191年)に入部した折に、六戸の瀧ノ沢村に社殿を造営して南部庄から八幡宮を遷座し、さらに貞応元年 (1222年) に櫛引村の現在地に遷座したという。社伝の『櫛引八幡宮縁起旧記』によれば、瀧ノ沢村への遷座に際しては津島平次郎という家臣が甲州へ遣わされ、同村に仮宮を営んだのも同人であった事から、その子孫である...Wikipediaで続きを読む
アクセス
JR東日本・青い森鉄道:八戸駅から車で10分 南部バス(司法センター前・八幡経由):「櫛引八幡宮前」バス停下車
引用元情報櫛引八幡宮」『ウィキペディア日本語版』。
この版のURL:https://ja.wikipedia.org/w/index.php?%E6%AB%9B%E5%BC%95%E5%85%AB%E5%B9%A1%E5%AE%AE&oldid=76063068
ホトカミを見てお参りされた際は、
もし話す機会があれば神主さんに、「ホトカミ見てお参りしました!」とお伝えください。
神主さんも、ホトカミを通じてお参りされる方がいるんだなぁと、ホトカミ無料公式登録して、情報を発信しようという気持ちになるかもしれませんし、
「ホトカミ見ました!」きっかけで豊かな会話が生まれたら、ホトカミ運営の私たちも嬉しいです。
ログインすると情報を追加/編集できます。

最終更新: 2020年07月14日byKouta


神社寺院のホームページが無料でかんたんに作れる!

アクセス

住所八戸市八幡字八幡丁3-2
Googleマップで地図を開く
エリア八戸駅
近くの駅

◼︎JR八戸線

◼︎JR東北本線

◼︎青い森鉄道線
八戸駅から直線約2.14km
徒歩約51分
車で約10分
Googleマップで確認



◼︎東北新幹線
八戸駅から直線約2.17km
徒歩約52分
車で約10分
Googleマップで確認



◼︎青い森鉄道線
北高岩駅から直線約3.01km
徒歩約1時間12分
車で約15分
Googleマップで確認



◼︎JR八戸線
長苗代駅から直線約4.37km
徒歩約1時間44分
車で約21分
Googleマップで確認



最寄駅ではなく、直線距離で最も近い駅を目安として表示しています。
Googleマップ等で出発地からのアクセスをご確認ください。
情報提供: HeartRails Express
何かお気づきの点はありますか?
ホトカミに意見を送る
神社寺院のホームページが無料でかんたんに作れる!