神社お寺の検索サイト楽しみ方
名鉄御朱印めぐり御朱印帳発売中

いわきやまじんじゃ

岩木山神社

青森県 弘高下駅

8:00~17:00[4月~10月]
8:30~16:00[11月~3月]

御朱印・御朱印帳

御朱印 (1種類)

岩木山神社の御朱印は1種類です。

岩木山神社の御朱印

300円

真ん中に神社印が押されています。
神社印を間に挟んで、「北門鎮護」、年号日付に続けて「参拝」と墨書きされています。

授与場所

御朱印は授与所でいただけます。

御朱印をもっと見る|
43
御朱印について
御朱印
あり
限定
-
御朱印帳
あり
パーキング
駐車場
あり

鳥居前にあります。

巡礼

ご利益

岩木山神社について

津軽富士とも呼ばれる美しい岩木山


岩木山神社は津軽富士とも呼ばれるほど美しい岩木山のふもとにあります。
また、約1200年と古くからの歴史を持っています。

石柵につかまる2体の狛犬


境内には石柵につかまっている狛犬が2体います。
1体は頭を上に向け、もう1体は頭を下に向け、逆さになっています。
頭を上にした狛犬は金運にご利益があるといわれ、逆立ちの狛犬は恋愛にご利益があるといわれています。

参道から真っ直ぐ見ると岩木山の山頂が神社の上に見えて神秘的です。
少し長い上り坂ですが、鳥居をくぐると空気がフッと変わる気がします。
私は良く参拝しておみくじでアドバイスを貰ってますが、本当にいつもドンピシャのお言葉を頂けるので本当に助けてもらってるな、と感じます。

おすすめの投稿

食いしん坊藤四郎
2019年01月14日(月)
138投稿

今年の交通安全の御守は岩木山神社で頂戴しよう、と思いつつなかなか参拝出来ませんでしたが、今日ようやく参拝してきました。

岩木山神社への初詣&旅行の安全祈願&交通安全の御守という三本立てで参拝。

3連休最終日で車も人も沢山。車停められるかな…と心配になりましたが、ちょうど一台空いたのでホッ。

参道には滑り止めの砂がまかれていましたが、県外からお越し(と思われる)の方達は馴れない雪道の参道に悪戦苦闘しながら登り、楼門前では長靴を履いた神職さんがスコップ片手にソリを引き階段の雪をかきながら砂をまいてる真っ最中。(雪国ならではのスタイルだな〜と妙に感心)
授与所は沢山の参拝客に巫女さんがキビキビ働いていらっしゃいました。

拝殿前に進むとちょうど祈祷が始まり「どーん、どーん!どーんどーん!」と太鼓が叩かれ始め…「歓迎して頂けてるのかな…!」と嬉しくなりました。

新年のご挨拶、旅行の安全祈願などをお願いし、授与所で交通安全の御守と、福豆、おみくじを授かりました。

岩木山神社の建物その他

とってもいいお天気でした。

岩木山神社の建物その他

ゆるい坂をサクサク登って行きます。

岩木山神社の山門岩木山神社の授与品その他

おみくじには旅行の項に「行く先でよいことがあるでしょう」とのお言葉が。一安心。ε-(´∀`*)ホッ

もっと読む
としさん
2021年05月22日(土)
139投稿

弘前さくらまつりの際、駐車場のおじさんに勧められ、参拝させていただくつもりだったところをさらに背中を押され、伺いました。
天気がいいこともあり参拝される人もたくさんいらっしゃいます。

津軽の開拓の神、農海産物の守護神、祖霊の座すところとして崇められている神社、津軽の方々の生活と心のよりどころとなっています。
約1200年前、780年に社殿を岩木山山頂に創建したのが始まりとのことで、大変歴史があります。

長い登りの参道、いい運動になります。
重要文化財の本殿、奥門、拝殿、中門、楼門・・・素晴らしいです。
気持ちが引き締まります。

また参拝させていただきたいと思います。
ありがとうございました。

岩木山神社の御朱印

御朱印帳からはみ出る大きさでした^^;

岩木山神社の鳥居

駐車場すぐの鳥居です。

岩木山神社の建物その他

長い参道。緩い登りでちょっと運動ですね。

岩木山神社の自然

途中の「五本杉」。不思議です。

岩木山神社の鳥居

半分ぐらい来たかな?

岩木山神社の山門

楼門が見えてきました。迫力があります。

岩木山神社(青森県)

素晴らしい。重要文化財です。

岩木山神社(青森県)

参拝の前に、契所に寄ります。素晴らしい。
身を乗り出して手を洗いました。

岩木山神社(青森県)

中門も素晴らしいです。
さすが重要文化財です。

岩木山神社の本殿

拝殿も大きくて素晴らしいです。
後光が差しています。

岩木山神社の建物その他

中門の宮彫?飾り彫り?が綺麗です。

もっと読む
投稿をもっと見る(51件)

岩木山神社の基本情報

住所青森県弘前市百沢字寺沢27
行き方

JR弘前駅より弘南バス枯木平行きにて約40分、「岩木山神社前」下車すぐ。

アクセスを詳しく見る
名称岩木山神社
読み方いわきやまじんじゃ
通称お岩木様・お山
参拝時間

8:00~17:00[4月~10月]
8:30~16:00[11月~3月]

御朱印あり

限定御朱印なし
御朱印帳あり
ホームページhttps://iwakiyamajinja.or.jp/
絵馬あり
SNS

詳細情報

ご祭神《主》顕国魂神,多都比姫神,大山祇神,坂上刈田麿,宇賀能売神
創建時代780年(宝亀11年)
体験御朱印一の宮

Wikipediaからの引用

概要
岩木山神社(いわきやまじんじゃ)は、青森県弘前市百沢の岩木山の南東麓にある神社。別称、「お岩木さま」「お山」「奥日光」。旧社格は国幣小社で、津軽国一宮とされる。
歴史
歴史[編集] 創建については諸説があるが、最も古い説では、宝亀11年(780年)、岩木山の山頂に社殿を造営したのが起源とされる[1]。 延暦19年(800年)、岩木山大神の加護によって東北平定を為し得たとして、坂上田村麻呂が山頂に社殿を再建し、その後、十腰内地区に下居宮(おりいのみや=麓宮、現在の厳鬼山神社)が建立され、山頂の社は奥宮とされた[1]。また、田村麻呂は、父の刈田麿も合祀したとされる。 寛治5年(1091年)、神宣により、下居宮を十腰内地区から岩木山東南麓の百沢地区に遷座し、百沢寺(ひゃくたくじ)と称したのが現在の岩木山神社となっている[1]。岩木山の山頂に阿弥陀・薬師・観音...Wikipediaで続きを読む
アクセス
交通[編集] 東日本旅客鉄道(JR東日本)奥羽本線弘前駅(中央口)、弘南バス弘前バスターミナルより弘南バス枯木平行にて約40分、岩木山神社バス停下車。
行事
祭事[編集] 大祭 お山参詣(神賑祭) 重要無形民俗文化財に指定されており、岩木山の山頂にある奥宮を目指して、旧暦8月1日に行われる登拝の祭礼である[1]。朔日の朝日を拝するため、明け方、暗いうちから始まるものである[1]。 ^ a b 引用エラー: 無効な タグです。「jinjachou」という名前の注釈に対するテキストが指定されていません
引用元情報岩木山神社」『ウィキペディア日本語版』。
この版のURL:https://ja.wikipedia.org/w/index.php?%E5%B2%A9%E6%9C%A8%E5%B1%B1%E7%A5%9E%E7%A4%BE&oldid=83975853

この神社の神主様へ

公式アカウント(無料)にご登録いただくと、

ご自身の神社の情報を編集することができます。

無料登録して、参拝者が必要な情報を直接伝えてみませんか?

詳しくはこちら

最新の限定御朱印情報が届く!
御朱印メルマガを受け取ろう

利用開始をもって利用規約プライバシーポリシー
同意したものとみなします。

※購読はいつでも解除できます。

This site is protected by reCAPTCHA and the Google
Privacy Policy and Terms of Service apply.

名鉄御朱印めぐり御朱印帳発売中
行きたい
投稿する
お問い合わせ
慈眼寺リリー小バナー