御朱印・神社お寺の検索サイト楽しみ方
Amazonギフト券があたる!投稿キャンペーン開催中
四天王寺聖徳太子1400年限定御朱印大バナー2023年2月※熊野奥照神社ではいただけません
御朱印について
御朱印
あり
限定
-
御朱印帳
-
パーキング
駐車場
-

おすすめの投稿

惣一郎
2022年10月19日(水)
1111投稿

【陸奥國 古社巡り】

熊野奥照神社(くまの・おくてる~)は、青森県弘前市田町にある神社。旧社格は県社。祭神は伊邪那岐神、伊邪那美神、櫛御気野命、事解男命、速玉男命。本殿は国指定の重要文化財。

社伝によると、創建は崇神天皇67年(紀元前31年)といわれ、斉明天皇4年(658年)に阿部比羅夫が当社を崇敬し熊野三所大権現を奉ったとされる。奈良時代の788年、阿部比羅夫の子孫・比羅賀洲王が神輿を奉じて創建地から現在地に遷した。802年に桓武天皇が神殿を造立して「高岡神社」と称し、805年に「高岡熊野神社」と改称した。江戸時代には弘前藩の庇護を受け、現在の本殿は1613年に2代藩主・津軽信牧により再建されている。明治に入り、現在の「熊野奥照神社」と改称し、近代社格制度のもと県社に列格した。

当社は、JR奥羽本線・撫牛子駅の南西2km、弘前城址の東方の市街地、平地にある。弘前八幡宮の南方400mの位置にあって、当社入口の北方100mの公道上に弘前八幡宮の一之鳥居がある。境内は旧県社としてはややこぢんまりしているが、間口が広く塀や柵がないので開放的な感じ。入口近くに境内社や社務所があって、奥に社殿、国重文の本殿がある造り。

今回は、青森県の旧県社、本殿が国重文であることから参拝することに。参拝時は休日の午後で、自分以外には参拝者は見掛けなかった。

熊野奥照神社(青森県)

境内西端入口全景。市街地にあるが、塀のない開放的な造り。

熊野奥照神社(青森県)

<社号標>はこの位置(写真右側)。「国重要文化財 熊野奥照神社本殿」と書かれた柱も立っている。

熊野奥照神社(青森県)

境内入口の<鳥居>。朱色が鮮やかな木製両部鳥居。

熊野奥照神社の鳥居

参道左側の<運輸区神社>の鳥居と社殿。面白い社名だけどどんな由緒なのかな?
ちょっと調べたけど、分からなかった...(^_^;)

熊野奥照神社(青森県)

運輸区神社の右側にある<稲荷神社>。

熊野奥照神社(青森県)

参道右側の<社務所>。御朱印はこちら。

熊野奥照神社(青森県)

少し進んで、参道左側にある<手水舎>。手水盤の中には、大きな陶製のカエルが。

熊野奥照神社(青森県)

さらに進んで、参道左側の<交通安全祈願の碑>の小祠。

熊野奥照神社(青森県)

ここにも陶製のカエルが。奥の額には、「無事かえる 夢よみがえる 若がえる 熊野様の ご利益かえる」とイラスト付きで描かれている。

熊野奥照神社の建物その他

参道右側の<板碑>。建武の新政期、1336年の建立。弘前市の有形文化財。

熊野奥照神社(青森県)

拝殿前左側の<狛犬>。新しいオーソドックスなタイプ。

熊野奥照神社(青森県)

拝殿前右側の<狛犬>。

熊野奥照神社の本殿

<拝殿>全景。塗装がキレイな朱色の屋根が印象的。

熊野奥照神社の本殿

<拝殿>正面。本物の注連縄と紫の神社幕が雰囲気を引き締めている。

熊野奥照神社(青森県)

拝殿後ろの<本殿>。瑞垣で囲われていて、前面に<中門>が付いている。

熊野奥照神社の本殿

こちらが国指定の重要文化財となっている<本殿>。江戸時代初期の1613年建立。三間社流造、こけら葺。(^▽^)/

もっと読む
投稿をもっと見る(12件)

熊野奥照神社の基本情報

住所青森県弘前市田町4-1-1
行き方
アクセスを詳しく見る
名称熊野奥照神社
通称くまのんさま
御朱印あり

限定御朱印なし

詳細情報

ご祭神《主》伊邪那岐命,伊邪那美命,事解之男命,速玉之男命,櫛御気野命,安部比羅夫,坂上田村麿,《配》高産霊神,神産霊神

この神社の神主様へ

公式アカウント(無料)にご登録いただくと、

ご自身の神社の情報を編集することができます。

無料登録して、参拝者が必要な情報を直接伝えてみませんか?

詳しくはこちら

最新の限定御朱印情報が届く!
御朱印メルマガを受け取ろう

利用開始をもって利用規約プライバシーポリシー
同意したものとみなします。

※購読はいつでも解除できます。

This site is protected by reCAPTCHA and the Google
Privacy Policy andTerms of Service apply.

行きたい
投稿する
お問い合わせ
めめ小バナー