参拝者と神社お寺でつくるお参りの記録共有サイト楽しみ方

えほうじ

恵法寺の歴史山梨県 石和温泉駅

恵法寺の歴史情報

詳細情報

ご本尊十界曼荼羅
創建時代永正年間(1504~1511)
開山・開基恵月尼
ご由緒

室町時代の永正年間(1504年-1521年)に恵月院日真尼が創建した薬師堂が起源。天文年間(1532~1555年)に身延山より七面天女を勧請し祀る。永禄11年(1568年)信立寺塔中定泉坊の日宝を開山に迎え、恵月院日真尼を2世として寺号を真光山恵法寺とする。元亀元年(1570年)10月に七面堂を建立した。安永5年(1776年)石和代官久保平三郎勝峰が五女の久竟院殿の供養のため本堂、庫裡、客殿を建立した。明治40年(1907年)子酉川(現在の笛吹川)が氾濫する大水害で、庫裡、客殿、鎮守七面堂、願満稲荷社、総門、山門などの諸堂と、境内を囲む白塀を流出し、本堂1棟のみを残すという被害を受けた。戦後になり復興され現在の姿が整備された。

歴史の写真一覧

何かお気づきの点はありますか?
ホトカミに意見を送る