御朱印・神社お寺の検索サイト楽しみ方
ネコ大バナー※甲斐善光寺ではいただけません

かいぜんこうじ|浄土宗

甲斐善光寺の御朱印・御朱印帳

山梨県 善光寺駅

投稿する
055-233-7570

※お問い合わせの際は「ホトカミを見た」と
お伝えいただければ幸いです。

真ん中に善光寺如来と書かれ、右上に甲斐百八霊場第一番の印、真ん中に梵字の印、社印が押された御朱印です。
季節により御朱印の和紙の色が変わります。お正月には特別御朱印も。

御朱印について
限定
-
御朱印帳
あり
参拝時間

8:00〜17:00

電話番号

055-233-7570

巡礼
甲斐百八霊場第1番

御朱印・御朱印帳の詳細情報

御朱印(2種類)

甲斐善光寺では、「善光寺如来」と「鳴龍」の2種類の御朱印をいただけます。

善光寺如来の御朱印

500円

真ん中に善光寺如来と書かれ、右上に甲斐百八霊場第一番の印、真ん中に梵字(阿弥陀如来)の印、下部に印、左下に定額山善光寺の印が押されています。
甲斐善光寺の本尊である善光寺如来は、建久六年(1195)尾張の僧定尊が、秘仏である信濃善光寺の前立仏として造立したもので、一光三尊式善光寺如来像の中では、在銘最古、かつ例外的に大きな等身像として著名です。
甲斐百八霊場は、テレビ山梨が1980年に開局10周年を記念し、山梨県内の寺院を選定し、霊場巡りの霊場としたものです。

鳴龍の御朱印

500円

真ん中に鳴龍と書かれ、右上は定額山の印、上部に武田菱と葵の御紋の印、真ん中に梵字(阿弥陀如来)の印、左下に浄智院善光寺の印が押されています。
金堂の天井には、寛政八年(1796年)に金堂が再建された際に江戸の絵師である希斎によって2頭の龍が朱色と緑で描かれ、手を打つと天井の反響により龍が泣いているように聞こえ、日本一の鳴龍と呼ばれています。
この御朱印は、四季に応じて和紙の色が変わります。

このほか、季節や行事にあわせて特別御朱印が頒布されます。

御朱印帳(1種類)

甲斐善光寺では、1種類の御朱印帳が頒布されています。
オリジナル御朱印帳が4色あります。

オリジナル御朱印帳(茶色)

1,500円(御朱印代込)
約16×11cm
茶、赤、紺、緑

茶色の地に、表面は真ん中に武田菱、裏面は真ん中に葵の御紋が入っています。
甲斐善光寺は武田信玄によって創建された甲斐の名刹で、長野善光寺が川中島の戦いで戦火に遭うことを心配して、本尊の阿弥陀如来をはじめ諸仏や寺宝類を甲府に移しました。
武田氏の滅亡以後も徳川家康らの手厚い保護を受けてきました。

オリジナル御朱印帳(赤色)

1,500円(御朱印代込)
約16×11cm
茶、赤、紺、緑

赤色の地に、表面は真ん中に武田菱、裏面は真ん中に葵の御紋が入っています。
甲斐善光寺は武田信玄によって創建された甲斐の名刹で、長野善光寺が川中島の戦いで戦火に遭うことを心配して、本尊の阿弥陀如来をはじめ諸仏や寺宝類を甲府に移しました。
武田氏の滅亡以後も徳川家康らの手厚い保護を受けてきました。

授与場所・時間

御朱印・御朱印帳ともに、金堂寺務所でお受けできます。

御朱印の受付時間は9時~15時。

詳しくは公式サイトをご確認ください。

甲斐善光寺の御朱印・御朱印帳の写真一覧(138枚)

御朱印(126枚)

御朱印
2018年08月
御朱印
2023年01月
御朱印
2013年01月
御朱印
2022年12月
御朱印
2022年12月
御朱印
2015年05月
御朱印
2022年12月
御朱印
2022年11月
御朱印
2022年11月
御朱印
2022年10月
御朱印
2022年10月
御朱印
2022年10月
御朱印
2013年04月
御朱印
2022年09月
御朱印
2003年03月
御朱印
2003年03月
御朱印
2022年08月
御朱印
御朱印
御朱印
2022年06月

御朱印帳(12枚)

御朱印帳
御朱印帳
御朱印帳
御朱印帳
御朱印帳
御朱印帳
御朱印帳
御朱印帳
御朱印帳
御朱印帳
御朱印帳
御朱印帳
行きたい
投稿する
お問い合わせ

最新の限定御朱印情報が届く!
御朱印メルマガを受け取ろう

利用開始をもって利用規約プライバシーポリシー
同意したものとみなします。

※購読はいつでも解除できます。

This site is protected by reCAPTCHA and the Google
Privacy Policy andTerms of Service apply.

四天王寺聖徳太子1400年限定御朱印小バナー2023年2月