御朱印・神社お寺の検索サイト楽しみ方
Amazonギフト券があたる!投稿キャンペーン開催中
四天王寺聖徳太子1400年限定御朱印大バナー2023年2月※瀬田八幡宮ではいただけません

せたはちまんぐう

瀬田八幡宮

山口県 和木駅

投稿する
0827-52-3773

※お問い合わせの際は「ホトカミを見た」と
お伝えいただければ幸いです。

御朱印について
御朱印
あり
限定
-
御朱印帳
-
ありません
パーキング
駐車場
あり

社務所前 3台ほど

瀬田八幡宮の基本情報

住所山口県玖珂郡和木町瀬田1-9
行き方
アクセスを詳しく見る
名称瀬田八幡宮
読み方せたはちまんぐう
参拝時間

9:00~17:00

御朱印あり

限定御朱印なし
御朱印帳なし
電話番号0827-52-3773
お問い合わせの際は「ホトカミを見た」とお伝えいただければ幸いです。
ホームページhttps://seta-hachiman.com/about/

詳細情報

ご祭神《主》応神天皇,仲哀天皇,神功皇后
本殿三間社流造
文化財

瀬田八幡宮本殿1棟 付 棟札1枚【山口県指定有形文化財】

ご由緒

瀬田八幡宮は、山城国男山八幡宮から勧請されたと伝えられ、寛永6年(1629)岩国領主、吉川広正により再興が命じられた瀬田村ほかの氏神である。現在の本殿は棟札によれば、正徳5年(1715)吉川亀次郎(6代藩首経永の幼名)の命で建立されたもので、桁行4.06m、梁間3.97mの前室付き三間社流造り向拝(本殿の正面の張り出し部分)一間、銅板葺である。
全体的に装飾的要素が少なく、とくに妻飾り(屋根の両端の三角形の部分)を豕叉首(いのこさす:棟木を支えるために2本の木材を山型に組んだもの、叉首(さす):合掌)とするなど古形式をとどめている。細部の絵様も控えめで、虹梁も端に線彫りで袖切りをあらわすが、その両端の材の幅をたたまずに、そのまま他の材とつなげる手法は珍しい。以上のように古く(室町時代)からの神社建築様式を継承し、しかも、棟札により年代の確実な山口県下でも数少ない18世紀初頭の神社建築である。

体験祈祷おみくじお祓いお宮参り絵馬七五三御朱印お守り

この神社の神主様へ

公式アカウント(無料)にご登録いただくと、

ご自身の神社の情報を編集することができます。

無料登録して、参拝者が必要な情報を直接伝えてみませんか?

詳しくはこちら

最新の限定御朱印情報が届く!
御朱印メルマガを受け取ろう

利用開始をもって利用規約プライバシーポリシー
同意したものとみなします。

※購読はいつでも解除できます。

This site is protected by reCAPTCHA and the Google
Privacy Policy andTerms of Service apply.

行きたい
投稿する
お問い合わせ
めめ小バナー