参拝者と神社お寺でつくるお参りの記録共有サイト楽しみ方

恵比寿神社の日常

恵比寿神社さんのプロフィール画像
恵比寿神社
恵比寿神社の御由緒は2,000年前にさかのぼります。

ヤマトタケルノミコトが東国平定で関東に訪れた時に、ここ、恵比寿の地にもいらっしゃいました。
ヤマトタケルノミコト伝説は各地に多くありますが
その地、その地で神様をお招きしています。

恵比寿には神世七代の中の六柱を祀ったと伝えられ、天津神社が誕生し、その六柱を親しみを込めて大六天さまとお呼びして大切にお祀りして参りました。



六柱は国常立尊、豊雲野神、角杙神、意富斗能地神、伊邪那岐神、伊邪那美神で

国常立尊は天と地が出来た時の最初の神様で、陽気のみを受けて生まれたとされます。

豊雲野神は雲を神格化した神様です。

角杙神は生物が芽吹く環境を神格化した神様です。

意富斗能地神は大地が固まった事を神格化した神様です。

伊邪那岐神(男神)、伊邪那美神(女神)は最初の夫婦神です。

このように生活が出来る環境と、人々が営む土台となった神々であることから
六天神を家内安全・夫婦和合・子育大願・無病息災・健康長寿・五穀豊穣・恋愛成就・子育大願・初志貫徹・美容・技芸上達
と生活に欠かせない様々な御神徳があるとされます。


そうして六柱を祀った天津神社でしたが、戦後の区画整理の記念事業として
祠のあった場所の敷地を広げ、周りを今の4方向に道が延びる形で社殿を新築する事となり

当時、エビスビールの貨物専用駅としてゑびす駅が誕生し、地名も恵比寿になった事から
これを契機に兵庫県西宮神社より商売繁盛・縁結びの御神徳のあるえびす様をお招きし合祀して社名を恵比寿神社に改めました。




えびす様は伊邪那岐神(男神)と伊邪那美神(女神)から生まれた最初の御子です。
日本書紀によると三歳になるまで足が立たなかった不具の子とされ、船に乗せ海に流してしまわれました。
その船が兵庫県の西宮にたどり着き、海を渡って来られた神様としてお鎮まりになったと云われています。



図らずも、夫婦神をお祀りしているお宮に御子であるえびす様が招きいれられ
様々なご縁をつくる神社として皆さまに愛されております。
恵比寿神社の歴史

すてき5

・・・
ホトカミを見てお参りされた際は、
もし話す機会があれば神主さんに、「ホトカミ見てお参りしました!」とお伝えください。
神主さんも、ホトカミを通じてお参りされる方がいるんだなぁと、情報を発信しようという気持ちになりますし、
「ホトカミ見ました!」きっかけで豊かな会話が生まれたら、ホトカミ運営の私たちも嬉しいです。

みんなのコメント(0件)

コメントはまだ投稿されていません。

ログインしてください

ログイン無料登録すると、投稿へコメントできます。

恵比寿神社からのお知らせ

令和2年の例大祭は初の記念御朱印を頒布!

日時2020年10月19日 11時00分新型コロナ予防策
2020年10月16日投稿

恵比寿神社例大祭は感染対策を取りながら、規模を縮小し斎行致します。 期間:10月19日(月)、20日(火) 場所:東京都渋谷区恵比寿西1丁目11-...

恵比寿神社(東京都)
お知らせをもっと見る(4件)神社寺院のホームページが無料でかんたんに作れる!

恵比寿神社さんの他の投稿

恵比寿神社さんの投稿をもっと見る
何かお気づきの点はありますか?