ゲストさん
無料で登録する

恵比寿山下伏見稲荷大明神東京都 恵比寿駅

えびすやましたふしみいなりだいみょうじん

東京都 渋谷区恵比寿1-22-21

アクセス

住所渋谷区恵比寿1-22-21
Googleマップで地図を開く
エリア恵比寿駅
行き方

JR恵比寿駅より徒歩約4分

恵比寿山下伏見稲荷大明神について

基本情報

名称恵比寿山下伏見稲荷大明神
読み方えびすやましたふしみいなりだいみょうじん
電話番号

詳細情報

ご祭神
ご由緒

(恵比寿山下伏見稲荷講 「恵比寿山下伏見稲荷大明神」縁起 の立て札より)

 そもそも、この山下伏見稲荷大明神は、明治二十年当時まだ田畑山林の広がっていたこの地に、五穀豊穣の守護神として村民の信仰の拠りどころとなっておりました。
 その後星移り物変わり、いつとはなしに田畑山林は商店街へと変わり、その間、数度にわたる近火にも類焼を蒙ることなく、商売繁盛の大明神として、その縁日にはゆかりの商人の出店も数百に及び、繁昌を極めたものであります。
 そして昭和二十年五月二十四日には東京空襲で戦火に遇いましたが、信仰心の厚い氏子多数、特に故長島國治氏の御厚志により、同二十一年七月この地に再建造営されました。
 その後三十年を経て、その間の熱心な信者のお守りにも拘らず、社殿の腐食甚だしく昭和五十一年三月、多くの信者の方々のご奉納により新たに改築が行なわれました。
 更に四十数年の時が流れ、平成二十三年三月十一日に発生した東日本大震災の影響により社殿礎石に亀裂が目立ち、新たに社殿を建替えることとなったものであります。故長島國治氏の子孫の故子之吉氏と裕司氏の御厚志により引続きこの地を提供していただき、稲荷大明神を信仰されている多くの方々や近隣企業の皆様方のご奉賛により社殿の造営がなされ、境内や参道も整えられました。
 そして、稲荷名称も地名に沿って山下伏見稲荷から恵比寿山下伏見稲荷へと改められ、平成二十九年四月の完成を見たものであります。

恵比寿山下伏見稲荷大明神の情報を編集するログインすると情報を追加/編集できます。
最終更新:2019年03月26日
恵比寿山下伏見稲荷大明神の方へ

行きたい投稿する

お参りの記録を投稿しよう!

ホトカミに登録すると、お参りの記録を投稿し、
思い出を整理することができます。

歴史に詳しい必要はありません。
個人の感想や思い出を投稿しましょう!

行きたい神社やお寺を
リストに残そう!

ホトカミに登録すると、
あなたが行きたい神社やお寺を忘れないように、
リストに残すことができます。

すてきを伝える

「ほっこりした。」「なるほど!」「行ってみたいなぁ」
という投稿に出会ったら、「すてき」をクリック!

コメントすることもできます。

楽しみ方をもっと詳しく

ログインすると 、御朱印などのお参りの記録をウェブ上に保存し、共有できます。
あなただけの「行きたい神社お寺リスト」も作成できます。

初めての方

無料登録

アカウントをお持ちの方

ログイン