御朱印・神社お寺の検索サイト楽しみ方
ネコ大バナー※真養寺ではいただけません

日蓮宗 運千山

真養寺

東京都 南千住駅

投稿する
03-3801-5915

※お問い合わせの際は「ホトカミを見た」と
お伝えいただければ幸いです。

御朱印について
御朱印
あり
限定
-
御朱印帳
-
パーキング
駐車場
-

真養寺の基本情報

住所東京都荒川区南千住5-44-4
行き方
アクセスを詳しく見る
名称真養寺
御朱印あり

限定御朱印なし
電話番号03-3801-5915
お問い合わせの際は「ホトカミを見た」とお伝えいただければ幸いです。

詳細情報

山号 運千山
宗旨・宗派日蓮宗
文化財

•東龍斎清寿の墓(荒川区記念物)

ご由緒

真養寺は、運千山自性寺と廣布山真養寺が合併したお寺です。寛永2年(1625年)下谷上野町の廣布山真養寺が真行院日暁により創建。運千山自性寺は、萬冶2年(1659)自性院日身が開基となり創建。元禄2年(1689)に両寺が合併。明治40年の日光街道拡張により境内が分断されたため、墓地は日光街道の対面にあります。

Wikipediaからの引用

概要
真養寺(しんようじ)は、東京都荒川区南千住5丁目44-4にある日蓮宗の寺院。山号は運千山。旧本山は身延久遠寺、通師法縁。 万治2年(1659年)、現在の地に運千山自性院として創建される。この時、横浜の吉田新田開拓で知られる豪商・吉田勘兵衞(法名・運千院常清日凉)が寺地の寄付や鬼子母神堂・書院・庫裡の建立を行い、安藤伊賀守(重元、安藤重長の弟)が本堂を建て、山本氏が稲荷堂・山門を建立した。その後、江戸下谷にあった廣布山真養寺と合併、運千山真養寺と号した。 かつてここには日蓮宗の檀林が存在した。寛文11年(1671年)に建立された吉田勘兵衞(1611年 - 1686年)の先祖供養塔がある他、寺に隣接する墓地の北端には吉田勘兵衞の長男・吉太郎良春(秋性院良意日覚)を始祖とする吉田南家の墓が数基残る。
歴史
歴史[編集] この節の加筆が望まれています。 寛永2年(1625年)、台東区(下谷上野町[1])に廣布山真養寺が創建[1][2]。開山は真行院日暁[1][3]。 万治2年(1659年)、現在地に運千山自性院が創建。横浜の吉田新田を開拓した吉田勘兵衛らの寄進による[2]。開山は自性院日身[1][3]。 元禄2年(1689年)、両寺を合併し運千山真養寺と改める。真養寺5世住持・速成院日圓が日身の後住となった[3]。 明治44年(1911年)、市区改正により境内が道路用地になったため墓地の移転、堂宇の改築を行う[4]。これにより境内が分断され、日光街道を挟んで墓地が位置することとなる。 ^ ...Wikipediaで続きを読む
アクセス
交通アクセス[編集] JR東日本南千住駅より徒歩約7分(経路案内)。
引用元情報真養寺」『ウィキペディア日本語版』。
この版のURL:https://ja.wikipedia.org/w/index.php?%E7%9C%9F%E9%A4%8A%E5%AF%BA&oldid=90843029

この寺院の僧侶様へ

公式アカウント(無料)にご登録いただくと、

ご自身の寺院の情報を編集することができます。

無料登録して、参拝者が必要な情報を直接伝えてみませんか?

詳しくはこちら

最新の限定御朱印情報が届く!
御朱印メルマガを受け取ろう

利用開始をもって利用規約プライバシーポリシー
同意したものとみなします。

※購読はいつでも解除できます。

This site is protected by reCAPTCHA and the Google
Privacy Policy and Terms of Service apply.

行きたい
投稿する
お問い合わせ
四天王寺聖徳太子1400年限定御朱印小バナー2022年9月