御朱印・神社お寺の検索サイト楽しみ方
ネコ大バナー※千束稲荷神社ではいただけません
御朱印について
御朱印
あり
限定
-
御朱印帳
あり
パーキング
駐車場
-

ご利益

千束稲荷神社について

『たけくらべ』ゆかりの神社


「八月廿日は千束神社のまつりとて、山車屋臺に町々の見得をはりて土手をのぼりて廓内までも入込まんづ勢ひ」――
樋口一葉が住んでいた台東区の龍泉寺町(今の竜泉地区)。代表作『たけくらべ』や日記にも千束稲荷の祭礼が登場しています。境内には一葉の像もあり、一葉記念館はすぐ近くです。

おすすめの投稿

投稿をもっと見る(28件)

歴史

当社の創建は不詳ですが、おそらく寛文年間(1661~72)と推測されます。かつては浅草寺境内の上千束稲荷(西宮稲荷)と、当社の前身である下千束稲荷の二社に分かれており、下千束稲荷は北千束郷の氏神としてお祀りされていました。この「千束」という地名は大変古い地名で、その範囲も浅草天王町あたりから千住の橋際にまで及ぶ広大なものでした。(なお上千束稲荷は現存していません)
 その後龍泉寺村(現在の台東区竜泉周辺)が起立して以来、龍泉寺村の氏神様として崇敬され、今日に至っています。また樋口一葉の名作『たけくらべ』は当神社の祭礼が舞台の一つになっており、『たけくらべ』ゆかりの神社として境内には樋口一葉の文学碑も建立されています。

歴史をもっと見る|
3

千束稲荷神社の基本情報

住所東京都台東区竜泉2-19-3
行き方

地下鉄東京メトロ日比谷線「三ノ輪駅」より徒歩5分

アクセスを詳しく見る
名称千束稲荷神社
読み方せんぞくいなりじんじゃ
通称千束稲荷神社
御朱印あり

限定御朱印なし
御朱印帳あり
ホームページhttp://senzokuinari.tokyo-jinjacho.or.jp/

詳細情報

ご祭神《主》倉稲魂命,素盞嗚命
ご由緒

当社の創建は不詳ですが、おそらく寛文年間(1661~72)と推測されます。かつては浅草寺境内の上千束稲荷(西宮稲荷)と、当社の前身である下千束稲荷の二社に分かれており、下千束稲荷は北千束郷の氏神としてお祀りされていました。この「千束」という地名は大変古い地名で、その範囲も浅草天王町あたりから千住の橋際にまで及ぶ広大なものでした。(なお上千束稲荷は現存していません)
 その後龍泉寺村(現在の台東区竜泉周辺)が起立して以来、龍泉寺村の氏神様として崇敬され、今日に至っています。また樋口一葉の名作『たけくらべ』は当神社の祭礼が舞台の一つになっており、『たけくらべ』ゆかりの神社として境内には樋口一葉の文学碑も建立されています。

Wikipediaからの引用

概要
千束稲荷神社(せんぞくいなりじんじゃ)は、東京都台東区にある神社。登記上の宗教法人名称は稲荷神社(いなりじんじゃ)。旧社格は村社。
歴史
歴史[編集] 創建年代は不詳であるが、寛文年間に創建されたと考えられる[1]。かつて浅草は千束郷と称されており、南北二社の稲荷社があった。そのうち北にあった下千束稲荷が千束稲荷神社の前身にあたる[1]。なお、浅草寺境内にあった南の上千束稲荷(西宮稲荷とも)は既に廃絶している。関東大震災では、区画整理のため東に50メートルの場所に移動している。 樋口一葉との関係[編集] 樋口一葉は、1893年(明治26年)から翌年にかけて竜泉寺町368番地(現・竜泉一丁目)に居住しており、千束稲荷神社の近くに住んでいた[2]。そのため『たけくらべ』での美登利と長吉が喧嘩する祭りのシーンは、当時の千束稲荷...Wikipediaで続きを読む
引用元情報千束稲荷神社」『ウィキペディア日本語版』。
この版のURL:https://ja.wikipedia.org/w/index.php?%E5%8D%83%E6%9D%9F%E7%A8%B2%E8%8D%B7%E7%A5%9E%E7%A4%BE&oldid=89366830

この神社の神主様へ

公式アカウント(無料)にご登録いただくと、

ご自身の神社の情報を編集することができます。

無料登録して、参拝者が必要な情報を直接伝えてみませんか?

詳しくはこちら

最新の限定御朱印情報が届く!
御朱印メルマガを受け取ろう

利用開始をもって利用規約プライバシーポリシー
同意したものとみなします。

※購読はいつでも解除できます。

This site is protected by reCAPTCHA and the Google
Privacy Policy and Terms of Service apply.

行きたい
投稿する
お問い合わせ
四天王寺聖徳太子1400年限定御朱印小バナー2022年9月