御朱印・神社お寺の検索サイト楽しみ方
四天王寺聖徳太子1400年限定御朱印大バナー2022年12月※林泉寺ではいただけません

りんせんじ|浄土宗郭然山

林泉寺

東京都 白金高輪駅

投稿する
03-3451-3802

※お問い合わせの際は「ホトカミを見た」と
お伝えいただければ幸いです。

御朱印について
御朱印
あり
限定
-
御朱印帳
-
パーキング
駐車場
-

巡礼

法然上人二十五箇所
第五番札所
西方三十三所観音
第十八番札所

林泉寺の基本情報

住所東京都港区三田4-3-20
行き方
アクセスを詳しく見る
名称林泉寺
読み方りんせんじ
御朱印あり

限定御朱印なし
電話番号03-3451-3802
お問い合わせの際は「ホトカミを見た」とお伝えいただければ幸いです。
ホームページhttp://www.rinsenji.com/

詳細情報

山号郭然山
院号寿松院
宗旨・宗派浄土宗
札所など

法然上人二十五箇所 第五番札所
西方三十三所観音 第十八番札所

ご由緒

現在の名称は、郭然山寿松院林泉寺。もとは永禄年間の中頃、大名、杉原伯嗜守(すぎわらほうきのかみ)が杉原家の菩提寺として、京都の伏見に悟真山常照院林泉寺を建立しました。杉原家とは、豊臣秀吉の妻、北政所の実家筋にあたります。杉原家の「二代・重長(悟真院)、三代・重玄(光現院)」ほか、三基ほど現在も墓碑があります。杉原伯嗜守は徳川家康公の家臣でしたので、家康公の江戸入国に従って神田周辺へ移転、その後に八丁堀に移転しました。また、寛永12年(1635年)江戸の「都市計画」の一環で47ヵ寺が現在の地に移転しました。

当時の地図を見ると、深川や八丁堀には民家が多く、三田はお寺が密集しています。当寺院は江戸の文久6年(1823年)1月12日の「古川の大火」で焼失したあと、文久11年(1828年)に再建された本殿が第二次大戦の戦火をまぬがれ、2005年の新築まで約180年間残りました。

この寺院の僧侶様へ

公式アカウント(無料)にご登録いただくと、

ご自身の寺院の情報を編集することができます。

無料登録して、参拝者が必要な情報を直接伝えてみませんか?

詳しくはこちら

最新の限定御朱印情報が届く!
御朱印メルマガを受け取ろう

利用開始をもって利用規約プライバシーポリシー
同意したものとみなします。

※購読はいつでも解除できます。

This site is protected by reCAPTCHA and the Google
Privacy Policy and Terms of Service apply.

行きたい
投稿する
お問い合わせ
名鉄御朱印めぐりオリジナル御朱印帳発売中