御朱印・神社お寺の検索サイト楽しみ方
ホトカミを続けていくために、
あなたのサポートが必要です〈特典あり〉
四天王寺聖徳太子1400年限定御朱印大バナー2024年3月
下谷神社ではいただけません
広告

したやじんじゃ

下谷神社
東京都 稲荷町駅

参拝可能時間:9:00~17:00
社務所:9:00~16:00

御朱印・御朱印帳

御朱印(1種類)

下谷神社では、「下谷神社」の御朱印をいただけます。
また、季節や行事に合わせたカラフルな御朱印が頒布されています。

下谷神社の御朱印

500円

真ん中に下谷神社と書かれ、右上に抱き稲の神紋の印、真ん中に下谷神社の印、左下に下谷神社社務所之印が押されています。
下谷神社は下谷の鎮守として広く信仰を集め、江戸時代には開帳・人形芝居などが行われ、祭礼の時には盛大な行列が見られました。
また、寛政10年(1798年)に初めて寄席が行われた由縁の地で、境内には「寄席発祥の地」の石碑が建立されています。

下谷神社の限定御朱印の情報を書き込む

限定御朱印の書き込みについて

御朱印をもっと見る|
407
御朱印について
御朱印
あり
限定
あり
御朱印帳
あり
パーキング
駐車場
なし

なし

歴史

天平二年(730)、上野の忍ヶ岡に創建されたと伝えられる。寛永四年(1627)、寛永寺の建立のため山下に移された(現在の岩倉高校あたり)。しかし土地が狭く、延宝八年(1680)に広徳寺前通り(現在の浅草通り)の南側に移る(現在地の近く)。その周囲には武家の屋敷や長屋が建ち並んでいた。
 本社は下谷の鎮守として広く信仰を集め、「下谷稲荷社」・「下谷惣社」などとよばれた。稲荷町という地名も、本社に由来する。江戸時代には開帳・人形芝居などがおこなわれ、祭礼の時には盛大な行列がみられた。
 「下谷神社」と改称したのは明治五年(1872)である。関東大震災の後、昭和三年(1928)の区画整理により、東南に五十メートルほどの現在地に移る。新築された拝殿には、池之端に住んでいた日本画の巨匠、横山大観により雲竜図の天井画が描かれた(平成十二年、台東区有形文化財)。

歴史をもっと見る|
6

下谷神社の基本情報

住所東京都台東区東上野3-29-8
行き方

・各線上野駅より徒歩約6分
・東京メトロ稲荷町駅より徒歩約2分

アクセスを詳しく見る
名称下谷神社
読み方したやじんじゃ
通称下谷稲荷
参拝時間

参拝可能時間:9:00~17:00
社務所:9:00~16:00

御朱印あり

限定御朱印あり
御朱印帳あり
ホームページhttp://shitayajinja.or.jp/
おみくじあり
お守りあり
絵馬あり
SNS

詳細情報

ご祭神《主》大年神,《配》日本武尊
創建時代730年(天平2年)
ご由緒

天平二年(730)、上野の忍ヶ岡に創建されたと伝えられる。寛永四年(1627)、寛永寺の建立のため山下に移された(現在の岩倉高校あたり)。しかし土地が狭く、延宝八年(1680)に広徳寺前通り(現在の浅草通り)の南側に移る(現在地の近く)。その周囲には武家の屋敷や長屋が建ち並んでいた。
 本社は下谷の鎮守として広く信仰を集め、「下谷稲荷社」・「下谷惣社」などとよばれた。稲荷町という地名も、本社に由来する。江戸時代には開帳・人形芝居などがおこなわれ、祭礼の時には盛大な行列がみられた。
 「下谷神社」と改称したのは明治五年(1872)である。関東大震災の後、昭和三年(1928)の区画整理により、東南に五十メートルほどの現在地に移る。新築された拝殿には、池之端に住んでいた日本画の巨匠、横山大観により雲竜図の天井画が描かれた(平成十二年、台東区有形文化財)。

この神社の神主様へ

公式アカウント(無料)にご登録いただくと、

ご自身の神社の情報を編集することができます。

無料登録して、参拝者が必要な情報を直接伝えてみませんか?

詳しくはこちら

最新の限定御朱印情報が届く!
御朱印メルマガを受け取ろう

利用開始をもって利用規約プライバシーポリシー
同意したものとみなします。

※購読はいつでも解除できます。

This site is protected by reCAPTCHA and the Google
Privacy Policy andTerms of Service apply.

御朱印背景
行きたい
投稿する
お問い合わせ
法輪寺限定御朱印小バナー2024年3月

ホトカミで困ったこと、不具合のご報告はこちらから

お問い合わせ