御朱印・神社お寺の検索サイト楽しみ方
ネコ大バナー※用賀神社ではいただけません

ようがじんじゃ

用賀神社

東京都 用賀駅

社務所9:00〜17:00
12:00〜13:00休憩

投稿する
03-3700-7003

※お問い合わせの際は「ホトカミを見た」と
お伝えいただければ幸いです。

御朱印について
御朱印
あり
限定
-
御朱印帳
-
ありません
パーキング
駐車場
あり

専用駐車場は無く、境内に数台駐車可能

用賀神社について

等々力玉川神社の兼務社を解除しました。現在は常駐宮司を置く本務社
です。

おすすめの投稿

サンダー
2022年06月12日(日)
1014投稿

世田谷神社巡り③弦巻神社から向かいました。用賀といえば東名高速インターで渋滞のメッカというイメージで普段はあまり近づきたくない土地です。神社横の狭いコインパーキングに停めて参拝。鳥居が二つありますが、西側(駐車場側)鳥居の先はどうやら立ち入り禁止みたいで奥の鳥居から境内へ。こちらが表参道のようです。境内はすっきりとしており、余計なものはありません。社殿は新しく昭和51年に建て替えられたもの、以前の社殿は本日最初に伺った天祖神社に移築されています。こちらの神社も当初は神明社でしたが、明治になり近隣の神社を合祀され土地の名前の用賀神社となった。本来は合祀された八幡神社が村の鎮守でしたが、立地が村のはずれでということとこの地が街道沿いにあることからこの神社に合祀されたということです。このようにして歴史が失われていくのでしょう。又、境内に駐車しての参拝も可能ということで、先に知って入れば・・・境内に駐車可能な神社は結構多いようですが、大々的に告知していないようです。社務所でお声をかけ御朱印を戴きました。日付以外はスタンプですが、世田谷区の花「サギソウ」と東京都の木「銀杏の葉」がさりげなくスタンプされていました。等々力棚川神社の兼務社ということで、本務社でも御朱印を戴けるみたいで、書き入れていただけるかもしれません。

用賀神社(東京都)

一の鳥居 西側鳥居の東側

用賀神社(東京都)

西側鳥居 現在は境内への通り抜け不可

用賀神社(東京都)

社号標

用賀神社(東京都)

二の鳥居

用賀神社(東京都)

灯籠

用賀神社の建物その他用賀神社(東京都)

手水舎

用賀神社(東京都)用賀神社(東京都)

神楽殿

用賀神社(東京都)

拝殿 尾張檜で作られた立派なものです

用賀神社(東京都)

扁額

用賀神社(東京都)

本殿

用賀神社(東京都)

狛犬

用賀神社(東京都)用賀神社(東京都)

力石

用賀神社(東京都)用賀神社の末社

境内社稲荷神社鳥居

用賀神社(東京都)

境内社 稲荷神社

もっと読む
投稿をもっと見る(18件)

用賀神社の基本情報

住所東京都世田谷区用賀2-16-26
行き方

田園都市線 用賀駅下車 3分

アクセスを詳しく見る
名称用賀神社
読み方ようがじんじゃ
参拝時間

社務所9:00〜17:00
12:00〜13:00休憩

参拝にかかる時間

15分

参拝料

なし

トイレあり
御朱印あり

限定御朱印なし
御朱印帳なし
電話番号03-3700-7003
お問い合わせの際は「ホトカミを見た」とお伝えいただければ幸いです。

詳細情報

ご祭神天照皇大神、八幡大神、倉稲魂命、市杵島姫命、大山祗命、菅原道真公
本殿尾張檜神明造
ご由緒

御当社の前称神明社は、その創建の年代は不詳であるが、合祀神たる八幡社(應神天皇・仲哀天皇・神功皇后)は天正年間、鎌倉なる鶴岡八幡宮(旧国幣中社)より御分霊を迎えて奉祀せりと言う。明治五年に村社に定められ、明治四十一年八月十一日、当村八幡山より現在の地に鎮齋せる神明社に合祀し、同時に村内に鎮齋せる稲荷社(倉稲魂命)、厳島社(市杵島姫命)、山際社(大山祇命)、天神社(菅原道真公)を合祀し、同年十一月七日、御社号を地名に基づき用賀神社と御改称致しました。

この神社の神主様へ

公式アカウント(無料)にご登録いただくと、

ご自身の神社の情報を編集することができます。

無料登録して、参拝者が必要な情報を直接伝えてみませんか?

詳しくはこちら

最新の限定御朱印情報が届く!
御朱印メルマガを受け取ろう

利用開始をもって利用規約プライバシーポリシー
同意したものとみなします。

※購読はいつでも解除できます。

This site is protected by reCAPTCHA and the Google
Privacy Policy and Terms of Service apply.

行きたい
投稿する
お問い合わせ
四天王寺聖徳太子1400年限定御朱印小バナー2022年9月