御朱印・神社お寺の検索サイト楽しみ方
慈眼寺めめ大バナー※焼山寺ではいただけません

しょうさんじ|高野山真言宗摩廬山(まろざん)

焼山寺

徳島県 学駅

投稿する
0886-77-0112

※お問い合わせの際は「ホトカミを見た」と
お伝えいただければ幸いです。

御朱印について
御朱印
あり
限定
-
御朱印帳
-
パーキング
駐車場
あり

境内手前 各車種あわせ70〜80台(道路管理費/普通300円 ワゴン500円 大型1,000円)

おすすめの投稿

ちはちな
2021年06月12日(土)
41投稿

四国霊場八十八ヶ所 十二番 焼山寺
摩廬山 焼山寺 性寿院
まろざん しょうざんじ しょうじゅいん
御真言
『のぅぼぅ、あきゃしゃきゃらばや、おん、ありきゃまり、ぼり、そわか』
御詠歌
『のちの世を、思えば苦行焼山寺 死出や三途の、難所ありとも』

藤井寺からの途中道の駅神山でお蕎麦を食べたのち、今日は遍路道じゃなくて車でぐるっと回ってきましたよ〜😊
この焼山寺は八十八ヶ所の中で雲辺寺に次ぐ二番目に標高の高い所にあるお寺です
なので今日は暑い日ですが心地よい気温でした😉

駐車場から境内までは少し参道を歩きます
道沿いにはたくさんの石像が見守ってくれてます

以前の遍路道を歩いた山登りレポは⬇️
焼山寺山 しょうさんじさん 藤井寺〜焼山寺
https://yamap.com/activities/6384821 #YAMAP

焼山寺の食事

道の駅 神山でお昼
相方はかき揚げうどん

焼山寺の食事

私はお蕎麦
わさびが欲しかったけど聞いても無かった
が、お店の方が持ってきてくれました🥰🙇🏻

焼山寺の建物その他

山道を登って(車)広ーい駐車場につきました
きっちり納経所で500円のお支払い〜😅

焼山寺の像

参道入り口です
ちょっといい身体すぎますかね😁

焼山寺の仏像

人物が入ってないと大きさが分かりづらいですね😅約5m位はあるかな❓
他にもたくさん…全て寄付とは😳
全国各地からの名前が刻まれていてこれまたビックリです‼️

焼山寺の自然

巨木が多い
パワーを下さーい💪

焼山寺の景色

(๑˃̵ᴗ˂̵)
すんばらしいお天気
今日は山登り日和だったかな😁
夜勤明けのお休みなのでまぁ仕方ない…

焼山寺の建物その他

標高の高さと木陰で快適な気温

焼山寺の建物その他

今日はやけに、つまづきが多い…
相方にホンマに山登っりょん❓って言われてしまった🤣

焼山寺の山門

山門から奥が見える風景も好きです

焼山寺の建物その他

立派な木です😃

焼山寺の建物その他

ホント今日は手水舎に水があるので気持ちいいなぁ☺️

焼山寺の本殿

本堂
ここの斗組、枓栱も好きな感じ👍

焼山寺(徳島県)

大師堂をメインに
タイミングなのかこの焼山寺は数組の参拝者が居ました‼️

焼山寺の景色

大きい鯉のぼりが…🎏
しかも名前入り
風が少なめなのが残念

焼山寺の自然

2色の躑躅

焼山寺の自然

いい感じの幹のツツジ

焼山寺の庭園

鯉は暑いのか
橋の影に集まってました

焼山寺の建物その他

それでは👋

焼山寺の自然

失礼しました🙇🏻🙏

焼山寺の授与品その他

御影はカラーバージョンを頂きました
駐車場代のお返しかな😁

焼山寺の授与品その他

納経

もっと読む
らんでぃー
2022年05月03日(火)
263投稿

四国霊場第十二番札所、焼山寺です。 焼山寺山(標高938m)のほぼ中腹にあり、遍路転がしと異名を持つだけあります。 車でもアクセス不便で、一部ガードレールすらない細い山道をひたすら登っての参拝です。 そのぶん無事にお参りできたときの達成感は格別なものとなりました。 駐車場からの参道には不動明王から始まる十三仏像(不動明王、釈迦如来、文殊菩薩、普賢菩薩、地蔵菩薩、弥勒菩薩、薬師如来、観世音菩薩、勢至菩薩、阿弥陀如来、阿閦如来、大日如来、虚空蔵菩薩)がお迎えしてくれて、ここまでの道のりの苦労を労ってくれているように温かい眼差しで見つめています。 納経所前には樹齢300年~500年の杉の巨木が並んでいて、圧巻の眺めでした。

焼山寺(徳島県)

焼山寺・駐車場から参道への入り口

焼山寺の仏像

焼山寺・参道脇の石仏
 不動明王像

焼山寺(徳島県)

焼山寺・参道脇の石仏
 釈迦如来像

焼山寺(徳島県)

焼山寺・参道脇の石仏
 文殊菩薩像

焼山寺(徳島県)

焼山寺・参道脇の石仏
 普賢菩薩像

焼山寺(徳島県)

焼山寺・参道脇の石仏
 地蔵菩薩像

焼山寺の仏像

焼山寺・参道脇の石仏
 弥勒菩薩像

焼山寺(徳島県)

焼山寺・参道脇の石仏
 薬師如来像

焼山寺(徳島県)

焼山寺・参道脇の石仏
 観世音菩薩像

焼山寺(徳島県)

焼山寺・参道脇の石仏
 勢至菩薩像

焼山寺(徳島県)

焼山寺・参道脇の石仏
 阿弥陀如来像

焼山寺の仏像

焼山寺・参道脇の石仏
 阿閦如来像

焼山寺(徳島県)

焼山寺・参道脇の石仏
 大日如来像

焼山寺(徳島県)

焼山寺・参道脇の石仏
 虚空蔵菩薩像

焼山寺の山門

焼山寺・山門(仁王門)

焼山寺(徳島県)

焼山寺・境内

焼山寺(徳島県)

焼山寺・本堂

焼山寺(徳島県)

焼山寺・大師堂

焼山寺(徳島県)

焼山寺・三面大黒天堂

焼山寺の建物その他

焼山寺・鐘楼堂

焼山寺(徳島県)

焼山寺・十二社神社

焼山寺(徳島県)

焼山寺・境内

焼山寺(徳島県)

焼山寺・境内

焼山寺の建物その他

焼山寺・参道からの眺め

焼山寺の御朱印

御朱印

もっと読む
投稿をもっと見る(16件)

歴史

焼山寺山(標高938メートル)の8合目近くにあり、四国霊場で2番目に高い山岳札所。剣山や白髪山など四国山脈の山々がひろがる眺望はすばらしい。四国霊場には「遍路ころがし」といわれた札所がいくつかあるが、焼山寺もその一つで、昔から嶮しい坂道の難所を辿る「修行の霊場」であった。いまは山上まで車道が通っている。縁起によると、飛鳥時代に役行者が山をひらいて、蔵王権現を祀ったのが寺のはじまりとされている。ところが、この山には神通力を持った大蛇が棲んでおり、しばしば火を吐いて農作物や村人たちを襲っていた。弘仁6年ころ、弘法大師がこの地に巡られた時、一本杉で休んでいた処、阿弥陀様があらわれた夢を見た。目を覚ますと目の前が火の海になっている。そこで麓の垢取川で身を清めて山に登ると、大蛇は全山を火の海にして妨害した。大師は「摩廬(水輪の意)の印いん」を結び、真言を唱えながら進んだのだが、大蛇は山頂近くの岩窟で姿をあらわした。

大師は一心に祈願し、虚空蔵菩薩の御加護のもと岩窟に封じ込めた。そして自ら彫られた三面大黒天を安置し被害を受けていた民家の大衆安楽、五穀豊穣を祈った。また山は「焼山」となってしまったので大師が「焼山寺」と名付けた。「摩廬」の山号も「焼山」の寺名も、こうした奇異な伝説に由来しており、鎌倉時代の後期には後醍醐天皇(在位138〜39)の勅願所となっている。境内は樹齢数百年の杉の巨木(県の天然記念物)が並び、巡礼者を迎えている。

歴史をもっと見る|
1

焼山寺の基本情報

住所徳島県名西郡神山町下分地中318
行き方

11【藤井寺】より
(自家用車)約1時間30分 約43km
(徒歩)約5時間 約12.5km
13【大日寺】より
(自家用車)約1時間 約30km
(徒歩)約6時間 約21.5km

アクセスを詳しく見る
名称焼山寺
読み方しょうさんじ
参拝時間

7:00~17:00

トイレ本堂の手前
御朱印あり

限定御朱印なし
電話番号0886-77-0112
お問い合わせの際は「ホトカミを見た」とお伝えいただければ幸いです。

詳細情報

ご本尊虚空蔵菩薩
山号摩廬山(まろざん)
院号正寿院(しょうじゅいん)
宗旨・宗派高野山真言宗
創建時代弘仁6年(815)
開山・開基役行者小角
札所など

四国八十八箇所第12番

文化財

阿波遍路道 焼山寺道、阿波遍路道 一宮道(国の史跡)
弘法大師坐像、梵鐘、焼山寺文書 3通(県指定有形文化財)
スギ並木、フジの群生地(県指定天然記念物)
木造虚空蔵菩薩坐像、金銅懸仏 15面、木造懸仏 1面、絹本着色三千仏図 3幅(神山町指定有形文化財)
浄蓮庵-左右内の一本杉(焼山寺境外の県指定文化財)
浄蓮庵-木造千手観音立像、杖杉庵-衛門三郎入寂地(焼山寺境外の神山町指定文化財)

ご由緒

焼山寺山(標高938メートル)の8合目近くにあり、四国霊場で2番目に高い山岳札所。剣山や白髪山など四国山脈の山々がひろがる眺望はすばらしい。四国霊場には「遍路ころがし」といわれた札所がいくつかあるが、焼山寺もその一つで、昔から嶮しい坂道の難所を辿る「修行の霊場」であった。いまは山上まで車道が通っている。縁起によると、飛鳥時代に役行者が山をひらいて、蔵王権現を祀ったのが寺のはじまりとされている。ところが、この山には神通力を持った大蛇が棲んでおり、しばしば火を吐いて農作物や村人たちを襲っていた。弘仁6年ころ、弘法大師がこの地に巡られた時、一本杉で休んでいた処、阿弥陀様があらわれた夢を見た。目を覚ますと目の前が火の海になっている。そこで麓の垢取川で身を清めて山に登ると、大蛇は全山を火の海にして妨害した。大師は「摩廬(水輪の意)の印いん」を結び、真言を唱えながら進んだのだが、大蛇は山頂近くの岩窟で姿をあらわした。

大師は一心に祈願し、虚空蔵菩薩の御加護のもと岩窟に封じ込めた。そして自ら彫られた三面大黒天を安置し被害を受けていた民家の大衆安楽、五穀豊穣を祈った。また山は「焼山」となってしまったので大師が「焼山寺」と名付けた。「摩廬」の山号も「焼山」の寺名も、こうした奇異な伝説に由来しており、鎌倉時代の後期には後醍醐天皇(在位138〜39)の勅願所となっている。境内は樹齢数百年の杉の巨木(県の天然記念物)が並び、巡礼者を迎えている。

体験御朱印札所・七福神巡り

この寺院の僧侶様へ

公式アカウント(無料)にご登録いただくと、

ご自身の寺院の情報を編集することができます。

無料登録して、参拝者が必要な情報を直接伝えてみませんか?

詳しくはこちら

最新の限定御朱印情報が届く!
御朱印メルマガを受け取ろう

利用開始をもって利用規約プライバシーポリシー
同意したものとみなします。

※購読はいつでも解除できます。

This site is protected by reCAPTCHA and the Google
Privacy Policy and Terms of Service apply.

行きたい
投稿する
お問い合わせ
慈眼寺リリー小バナー2