参拝者と神社お寺でつくるお参りの記録共有サイト楽しみ方

きんちょうじんじゃ

金長神社

公式徳島県 南小松島駅

金長神社公式徳島県 南小松島駅

きんちょうじんじゃ

徳島県 小松島市中田町脇谷
御朱印あり

金長さんのご利益は阿波の狸合戦より「必勝祈願」。太和屋を繁盛させたことより「商売繁盛」、「金運」、「開運」などなど。
ほかにも金長さんと鹿の子姫が結ばれなかったため、後世の人たちには幸せになってもらいたいと、いろんな恋愛を応援しているとも言われます。

神主から

2019年1月1日より御朱印を配布します。 また、特別限定御朱印を毎年1月1日(2019年のみ3日まで)と5月例大祭、10月第1日曜日に配布させていただきます。 特別限定御朱印は阿波天然藍の絵具と阿波和紙を使用した特別仕様となっています。 また受付時間は、2019年は1月1日は7時~15時、2日は10時~15時、3日は10時~12時が神社での配布となります。 それ以外の時間については、小松島地蔵寺での配布となります。

基本情報

名称金長神社
読み方きんちょうじんじゃ
通称金長神社(金長さん)
御朱印あり
電話番号
ホームページhttps://kinchodaimyojin.jimdofree.com/

詳細情報

ご祭神金長大明神
ご由緒

昭和14年京都の新興キネマが「阿波狸合戦」を原案として映画化「阿波狸合戦」が大ヒットしました。
そのため倒産寸前の新興キネマを立ち直らせました。

同年新興キネマ関係者が日峰山中に建てたのが金長神社本宮となります。
有名な方々が寄付をしてくださっていることが今でも玉垣に残っています。

戦後、金長狸を観光資源にと市は大和屋茂右衛門末裔の家の庭に屋敷神として祭られていた金長大明神を現在の場所に移設するよう勧請します。
こちらも映画関係者の方々や地元の人間たちが寄付を出し合って建てられました。
これが現在の金長神社となります。
こちらももちろん有名な方々が寄付をしてくださっていることが今でも玉垣に残っています。

ホトカミを見てお参りされた際は、
もし話す機会があれば神主さんに、「ホトカミ見てお参りしました!」とお伝えください。
お参りのあとは投稿をすると、神主さんも喜ばれるでしょう。
この神社の情報は、神社の方から提供されている正確な情報です。
最終更新: 2020年07月05日
何かお気づきの点はありますか?
ホトカミに意見を送る