御朱印・神社お寺の検索サイト楽しみ方
四天王寺聖徳太子1400年限定御朱印大バナー2023年2月※金剛山瑞峯寺(金剛不動尊) ではいただけません

こんごうざんずいほうじ|真言宗醍醐派古峯原 金剛山

金剛山瑞峯寺(金剛不動尊)

栃木県 鹿沼駅

投稿する
0289-74-2401

※お問い合わせの際は「ホトカミを見た」と
お伝えいただければ幸いです。

御朱印について
御朱印
あり
限定
-
御朱印帳
-
パーキング
駐車場
あり

あり

巡礼

北関東三十六不動尊霊場
第十七番

おすすめの投稿

くし
2021年06月01日(火)
1073投稿

今回、古峰神社と一緒に絶対に行ってみたいと思ってた所です。
古峰神社が天狗信仰の神道面を体現する霊地だとすれば、こちらは仏教・修験道面を体現する霊地。

実はスサノオをディスったせいか、姫宮神社を出てから急にお腹の調子がおかしくなりまして(´Д`|||)
慌てて「(;><)蘇民将来之子孫也!」とか唱えても全く効果がなく、山でコンビニどころか店もないため、もうこちらのお寺まですっ飛ばして来ました。
あ"あ"あ"・・・とか伽椰子みたいに呻きながら階段を駈け上り、やっとトイレが見付かったと思ったらなんと工事中!Σ(´Д`|||)
寺務所に駆け込み「すいません!トイレ貸してください(;*Д*)」と・・・

で、スッキリして出てきて、応対してくださった奥様に
「あ、あの~御朱印をお願いします・・・それとまだ参拝してないので帰りに取り来ます・・・(*-ω-)」
と・・・
なんとか最悪の事態で大人の尊厳は失わずに済みましたが、ものすごくバツの悪い参拝開始となりましたw(*/□\*)
(今思うと出発早々に磯山神社で見たイチヂク浣腸は予兆だったのかも・・・)

やっぱ荒ぶる神の筆頭をバカにしちゃいけませんな(^o^;)

非常に楽しいお寺でした♪
日光修験の色濃くご覧のようにお寺というよりほとんど神社みたいな作りで、たくさんの劇画調の仏像や興味深い物が多数。
わりと整然としたパワースポットの古峰神社より、カオス的パワースポットのこちらの方が私的に好きかもしれませんwww
御朱印も一種類取り逃したので、ぜひまた来ようと思います。

実はこの3日後の5月最終日曜が火渡り大祭だったのですが、神道面の古峰例祭の方に合わせてしまったので仕方がない。・゜・(ノД`)・゜・。
まぁ単に休みが合わなかったんだけど(^^; 二兎追うものは一兎も得ずですねw

金剛山瑞峯寺(金剛不動尊) の御朱印

北関東三十六不動尊霊場 第十七番

金剛山瑞峯寺(金剛不動尊) の御朱印

三十六不動霊場にしては珍しく二種類の御朱印がありました
印は同じようですが種字バージョン
後で知ったのだけど金剛童子の種字御朱印もあったらしい・・・もらい損ねた orz

金剛山瑞峯寺(金剛不動尊) (栃木県)

お姿札

金剛山瑞峯寺(金剛不動尊) (栃木県)

肝心の金剛不動明王は工事中だった(ノД`)

金剛山瑞峯寺(金剛不動尊) の建物その他

でか下駄
間違いなく天狗絡みのお寺♪
おらワクワクしてきたぞ(゚∀゚)

金剛山瑞峯寺(金剛不動尊) の像

日光開山の勝道上人

金剛山瑞峯寺(金剛不動尊) の鳥居

お寺だけど神式の鳥居あり
仏教というより修験道ですね

金剛山瑞峯寺(金剛不動尊) の末社

入ってすぐ右に弁天堂

金剛山瑞峯寺(金剛不動尊) の建物その他

巴弁財天・・・と思ったけどおそらく巳弁財天かな?

金剛山瑞峯寺(金剛不動尊) の仏像

金剛童子
不動明王+天狗の寺なので厨二心くすぐるカッケェ像が大量にあります(*゚∀゚)=3

金剛山瑞峯寺(金剛不動尊) (栃木県)

龍の巻き付いた錫杖

金剛山瑞峯寺(金剛不動尊) の建物その他

不動明王の利剣(*´Д`)
これは密教で言うところの三昧耶形
アイテムで仏を表現するものですね

金剛山瑞峯寺(金剛不動尊) の建物その他金剛山瑞峯寺(金剛不動尊) の仏像

弁天様

金剛山瑞峯寺(金剛不動尊) の建物その他

一粒万倍の釜
キリストのパン裂きエピソードやケルト神話のダグザの大釜は言うに及ばず、食料無限増殖は奇跡物語の定番ですねw

金剛山瑞峯寺(金剛不動尊) の仏像

観音様
微妙に胸ありますね(*´Д`)
山に籠って煩悩断つのが建前の修験者ですが、弁天が妙に重視されてるところといい、やっぱ色欲を捨て去るのは難しいようですなw

金剛山瑞峯寺(金剛不動尊) の地蔵

地蔵と右側は弁天像?
明らかに女人像だよなぁ・・・やっぱりねw(* ̄ー ̄)ニヤリ

金剛山瑞峯寺(金剛不動尊) (栃木県)

本堂にも鳥居
神仏習合色が強い、やはり仏教よりかなり修験道寄りのお寺です

金剛山瑞峯寺(金剛不動尊) の本殿

本堂もかなり神社っぽい作り
一応吊るされてるのは鈴じゃなくて鐘、これは越えちゃいけない一線なのかな?w

金剛山瑞峯寺(金剛不動尊) の建物その他

寺域は広いんですが配置がややカオス的
最初にトイレに駆け込んだのもあって、撮影順はかなりバラバラです(^^;

金剛山瑞峯寺(金剛不動尊) (栃木県)

不動の滝

金剛山瑞峯寺(金剛不動尊) の像

大天狗

金剛山瑞峯寺(金剛不動尊) の像

弘法大師

金剛山瑞峯寺(金剛不動尊) の建物その他

倶利伽羅剣
カッケェ(*´Д`)

金剛山瑞峯寺(金剛不動尊) の像

明力天狗
これが日蓮宗のお寺行くと妙力天狗とかあったりするw

金剛山瑞峯寺(金剛不動尊) の像金剛山瑞峯寺(金剛不動尊) の像金剛山瑞峯寺(金剛不動尊) の庭園金剛山瑞峯寺(金剛不動尊) (栃木県)金剛山瑞峯寺(金剛不動尊) の像

レイピア風の細身の剣を持つ童子と、ウォーハンマーを持つ大黒天の戦士系少人数パーティー(違)

金剛山瑞峯寺(金剛不動尊) の仏像金剛山瑞峯寺(金剛不動尊) (栃木県)金剛山瑞峯寺(金剛不動尊) の像

役行者と前鬼・後鬼

金剛山瑞峯寺(金剛不動尊) (栃木県)

劇画調仏像群の中で一つだけ異質なデフォルメ七福神
まるでベルセルクとふたりエッチが同時連載されてた頃のヤングアニマルのようだ

金剛山瑞峯寺(金剛不動尊) の仏像

厨二心刺激されまくりな素晴らしい仏像の数々でした(*´ー`)
「やっぱ修験道って男の子だよな」by井之頭五郎

金剛山瑞峯寺(金剛不動尊) (栃木県)

このお寺には奥の院もあります。
ただしすぐ上ではなく、西10kmも離れた古峰神社よりさらに先にある山の頂上。
車では行けず徒歩オンリーなのでネットから画像だけ引っ張って来ました(^^;
山頂だけどわりと開けた感じで、ご覧のように巨石遺構のようなものもあるので登山スキルさえあればぜひ行ってみたい(>_<)

もっと読む
投稿をもっと見る(26件)

金剛山瑞峯寺(金剛不動尊) の基本情報

住所栃木県鹿沼市草久2239
行き方

関東バス 古峰原線
JR鹿沼駅(JR日光線)より60分
東武新鹿沼駅(東武日光線)より50分
「金剛山」下車 徒歩0分

アクセスを詳しく見る
名称金剛山瑞峯寺(金剛不動尊)
読み方こんごうざんずいほうじ
通称金剛不動尊
御朱印あり

限定御朱印なし
電話番号0289-74-2401
お問い合わせの際は「ホトカミを見た」とお伝えいただければ幸いです。
ホームページhttp://www.kongousanzuihouji.jp/

詳細情報

ご本尊金剛童子(金剛大権現)
山号古峯原 金剛山
宗旨・宗派真言宗醍醐派
札所など

北関東三十六不動尊霊場 第十七番

ご由緒

今から凡そ1250年前、聖武天皇の御代、天平宝字元年(757年)に、日光山を開いた勝道上人(しょうどうしょうにん)によって当山奥之院三昧石(三枚石)が開創されました。
御年二十三歳の時であります。下野の名刹出流山(いずるさん)より奥之院にきた時に、峯に古色蒼然とした広大な原野があるので、古峯原(こぶがはら)と名づけられました。一説には華供(はなく)の峯が供峯(くぶ)になり古峯(こぶ)になったともいわれています。
金剛山という名称は、弘法大師が上人の遺弟道珍法師に金剛界の大法を授けた説と、建武年間(1234―1235)に後醍醐天皇の勅願によって大和の国(奈良県)葛城別当賢道(けんどう)僧正によって、葛城金剛山の分霊を奉じて本尊金剛童子を祭った説があります。
中古以来日光山発展と共に古峯原も峯修行に多くの修行者来山し、興隆してまいりましたが、明治初年の神仏分離令による政体の変更、大正8年の大洪水による本堂並びに庫裡、客殿の流出等、諸般の事情により、当山も一時哀徴の一途をたどりましたが、先師の努力により、霊域も回復、有縁の浄地を現在地に求めて、堂宇を建立、法燈を護持して今日に至っております。
今から凡そ1250年前、聖武天皇の御代、天平宝字元年(757年)に、日光山を開いた勝道上人(しょうどうしょうにん)によって当山奥之院三昧石(三枚石)が開創されました。
御年二十三歳の時であります。下野の名刹出流山(いずるさん)より奥之院にきた時に、峯に古色蒼然とした広大な原野があるので、古峯原(こぶがはら)と名づけられました。一説には華供(はなく)の峯が供峯(くぶ)になり古峯(こぶ)になったともいわれています。
金剛山という名称は、弘法大師が上人の遺弟道珍法師に金剛界の大法を授けた説と、建武年間(1234―1235)に後醍醐天皇の勅願によって大和の国(奈良県)葛城別当賢道(けんどう)僧正によって、葛城金剛山の分霊を奉じて本尊金剛童子を祭った説があります。
中古以来日光山発展と共に古峯原も峯修行に多くの修行者来山し、興隆してまいりましたが、明治初年の神仏分離令による政体の変更、大正8年の大洪水による本堂並びに庫裡、客殿の流出等、諸般の事情により、当山も一時哀徴の一途をたどりましたが、先師の努力により、霊域も回復、有縁の浄地を現在地に求めて、堂宇を建立、法燈を護持して今日に至っております。

体験仏像御朱印札所・七福神巡り

この寺院の僧侶様へ

公式アカウント(無料)にご登録いただくと、

ご自身の寺院の情報を編集することができます。

無料登録して、参拝者が必要な情報を直接伝えてみませんか?

詳しくはこちら

最新の限定御朱印情報が届く!
御朱印メルマガを受け取ろう

利用開始をもって利用規約プライバシーポリシー
同意したものとみなします。

※購読はいつでも解除できます。

This site is protected by reCAPTCHA and the Google
Privacy Policy andTerms of Service apply.

行きたい
投稿する
お問い合わせ