参拝者と神社お寺でつくるお参りの記録共有サイト楽しみ方

ふじさんほんぐうせんげんたいしゃ

富士山本宮浅間大社の歴史静岡県 富士宮駅

富士山本宮浅間大社の歴史情報

詳細情報

ご祭神木花之佐久夜毘売命(このはなのさくやひめのみこと)(別称:浅間大神(あさまのおおかみ))
ご神体富士山
創建時代垂仁天皇三年
創始者
ご由緒

「富士本宮浅間社記」によれば、第七代孝霊天皇の御代、富士山が大噴火を起こし周辺住民は離散。
第十一代垂仁天皇はこれを憂い三年(紀元前27年)浅間大神を山足の地に祀り山霊を鎮められました。

Wikipediaからの引用

歴史
創建伝承 浅間大社の由緒は、寛政年間(1789年-1801年)に大宮司の富士民済により記された社伝『富士本宮浅間社記』に記載されている。同記によると、垂仁天皇3年に富士山麓の山足の地にて祀られていたという。そして景行天皇の時代、日本武尊は駿河国で賊徒の計にかかり野火の難に遭った際に浅間大神に祈念して難を逃れたので、賊徒を平定した後に山宮(現 山宮浅間神社)に磐境を設け浅間大神を祀った。のち大同元年(806年)、平城天皇の命により坂上田村麻呂が現在の大宮の地に社殿を造営したと伝える。なお同記によると、元々は大宮の地は「福地神」の社地であったが、山宮より浅間神が移るにあたってこちらも遷...Wikipediaで続きを読む
引用元情報富士山本宮浅間大社」『ウィキペディア日本語版』。
この版のURL:https://ja.wikipedia.org/w/index.php?%E5%AF%8C%E5%A3%AB%E5%B1%B1%E6%9C%AC%E5%AE%AE%E6%B5%85%E9%96%93%E5%A4%A7%E7%A4%BE&oldid=77810028

歴史の写真一覧

何かお気づきの点はありますか?
ホトカミに意見を送る
神社寺院のホームページが無料でかんたんに作れる!