参拝者と神社お寺でつくるお参りの記録共有サイト楽しみ方

ゆらひめじんじゃ

由良比女神社島根県 朝日ケ丘駅

ゆらひめじんじゃ

由良比女神社島根県 朝日ケ丘駅

島根県 隠岐郡西ノ島町浦郷922
なし
御朱印あり
交通安全
日本全国の一宮まとめ

例祭・神事

西暦奇数年の7月の最後の土日(例祭)

アクセス

住所隠岐郡西ノ島町浦郷922
Googleマップで地図を開く
エリア朝日ケ丘駅
駐車場あり

由良比女神社について

基本情報

名称由良比女神社
読み方ゆらひめじんじゃ
通称由良さん
拝観時間

なし

拝観にかかる時間

10分

拝観料

なし

トイレなし
御朱印あり
御朱印帳なし
電話番号

詳細情報

ご祭神由良比女命
本殿春日造変形
ご由緒

当社は仁明天皇承和九年(842年)官社に頂き、『延喜式神名帳』には「名神大」として、『神中抄』には「わたす宮」、『土佐日記』には「ちぶりの神」として見えたり。
海上守護の神として古来より上下の崇敬篤く、外国使節を遣する際、或いは外患を防ぐ時などに鄭重なる祈祷ありと『続日本後紀』『三代実録』に記されたり。
安永二年(1773年)各村の庄屋集まりて大祭の儀を復興し、島前一統の祭りとしその制を今も尚伝えたり。
隔年に行われる御旅の際には、遠く雲石(島根県)、伯耆(鳥取県西部)、但馬(兵庫県北部)より、新造の漁船を廻航し競って神船に列せんとしたり、近郷の漁船供奉して漕ぎ競えをなせり。
社前の由良の浜には、毎年十月より翌年二月にかけて「いか」の群集するあり、その寄せ来る時は滝の如くなり。小屋掛をして待ちこれを掬い取る。多い時は一夜数千連(一連=20ぱい)も押し寄せたり。
11月29日の神帰祭には少しと雖も寄らざることなし。これは遠き古より今に至るまで、変わることなき不思議の一なり。

巡礼
ご利益
体験
ホトカミを見てお参りされた際は、
もし話す機会があれば神主さんに、「ホトカミ見てお参りしました!」とお伝えください。
神主さんも、ホトカミを通じてお参りされる方がいるんだなぁと、ホトカミ無料公式登録して、情報を発信しようという気持ちになるかもしれませんし、
「ホトカミ見ました!」きっかけで豊かな会話が生まれたら、ホトカミ運営の私たちも嬉しいです。
ログインすると情報を追加/編集できます。
最終更新: 2019年10月08日 by神祇伯
作成者:ホトカミ運営

神社寺院のホームページが無料でかんたんに作れる!
行きたい投稿する