御朱印・神社お寺の検索サイト楽しみ方
投稿キャンペーン

15,000投稿達成で
当選数2倍!

まずは30秒で無料登録する

めづきじんじゃ

賣豆紀神社のお参りの記録(1回目)
島根県松江駅

投稿日:2021年11月22日(月)
参拝:2020年11月吉日
賣豆紀神社(めつき~)は、島根県松江市雑賀町にある神社。式内社で、旧社格は県社。主祭神は下照姫命(したてるひめ;大国主命の第三姫神)、配祀神は大山咋命、木花佐久夜比賣命。松江市南部(松南地区)の総産土神。

創建は不詳。奈良時代の733年に編纂された『出雲國風土記』に記載されている。また平安時代の927年に編纂された『延喜式神明帳』に記載のある「出雲國 意宇郡 賣豆紀神社 小」に比定されている。古くは現在地から100mほど離れた地にあって安産の神として信仰されていたが、社殿老朽化のため江戸時代前期の1667年に現在地に遷座した。歴代松江藩主の内室懐妊のとき霊験を受けられ、病気平癒の守護に預かったと伝わる。明治時代に入り、近代社格制度の下、郷社となり、1899年に松江藩祖・松平直政公が伊勢神宮の御分霊を奉斎した「伊勢宮」を合殿した。大正時代になると、県社に昇格した。

当社は、JR山陰本線・松江駅の南方1km、国道9号線の南方500mの、住宅街を抜けた緩やかな丘陵地にある。入口鳥居から階段を登ったところにある境内はコンパクトで、いかにも街中の住宅街の神社といったところ。限られた境内地に見どころが多く詰まっている感じ。社殿を含め造りが新しいので、若者世代の受けも良さそう。

今回は、出雲國の式内社、島根県の旧県社ということで参拝することに。参拝時は週末の午後で、自分たち以外には参拝者はいなかった。

※当社では御朱印は通常授与所で拝受できるようだが、不在の場合は宮司さんの電話連絡先が書いてある。自分の場合、境内隣の宮司さん宅で拝受した。
賣豆紀神社の鳥居
境内西端入口にある<鳥居>と<社号標>。
賣豆紀神社の鳥居
入口の<鳥居>。社号標は古そうだが、鳥居や後ろの階段は新しそう。
賣豆紀神社(島根県)
階段の麓の右側にある<手水舎>。
賣豆紀神社の山門
階段を登り、上に見える<神門>を目指す。
賣豆紀神社の山門
しっかりした大きさのある<神門>。
賣豆紀神社の本殿
神門から<社殿>を望む。
賣豆紀神社(島根県)
<拝殿>遠景。
賣豆紀神社の狛犬
左側の<狛犬>と<燈籠>。狛犬は出雲でよく見られる「構え獅子型」。
賣豆紀神社の狛犬
右側の<狛犬>と<燈籠>。燈籠の屋根は古そうで味がある。
賣豆紀神社の狛犬
参道途中にある<子宝犬>。松平綱近朝臣の内室懐妊の際、当社大神に祈願し霊験があって以降、朝野を問わず信仰を集めている。
賣豆紀神社の本殿
<拝殿>全景。ライトブルーグリーンの屋根やダークブラウンの躯体はシックだが、意外と新しそう。
賣豆紀神社の本殿
<拝殿>正面。彫刻は少な目だが、出雲の神社ならではの太く凛々しい注連縄と、社号を期した提燈が見た目を引き締めている。
賣豆紀神社の本殿
<賣豆紀神社>の扁額。
賣豆紀神社の建物その他
拝殿正面左側は授与所になっている。宮司さん不在の際の電話番号も記されている。(親切!^^)
賣豆紀神社の建物その他
当社の見どころの一つ<狛犬燈籠>。
賣豆紀神社の末社
社殿の右側にある境内社。
賣豆紀神社の本殿
拝殿後ろの<本殿>。やや細身でスマートな造形。
賣豆紀神社の狛犬
屋根付きで保存されている、大正時代1924年製の<狛犬>。
賣豆紀神社の自然
写真左側は御神木のタブの木。樹齢350年。中央には<天照大神・大己貴命>と書かれた石柱。右側は<遥拝所>。
賣豆紀神社(島根県)
境内にある新しい建物。
賣豆紀神社の本殿
ふたたび拝殿後ろの<本殿>。
賣豆紀神社の神楽
こちらは<神輿庫>。
賣豆紀神社の本殿
最後に<社殿>全景。バランスの良い造形で美しい。(^▽^)/

すてき

御朱印

みんなのコメント(0件)

ログインしてください

ログイン無料登録すると、投稿へコメントできます。

投稿者のプロフィール

惣一郎さんのプロフィール画像

惣一郎1117投稿

2020年1月から寺社仏閣巡りを始めた初心者です。東京在住です。
クルマとバイク、旅行が趣味なので、近くから遠くまで、精力的にお参りしています~♪

■2023年も引き続き、日本各地(目標:寺社巡りをしたことのない都道府県をなくす)を廻ってみたいと思っています~♪ (^▽^)/

①そろそろ<西国・坂東・秩父百観音巡礼>を結願したい。
  残りは和歌山県と、兵庫県日本海側、バイクで行ける近場の秩父。
②天孫降臨の<南九州>を巡る。
③いつかは廻ってみたい<四国八十八カ所巡り>。

(1月)東京都、熊本県、宮崎県、鹿児島県
(2月)福岡県、佐賀県、長崎県、徳島県

■2022年は、良かった寺社を再訪しながら、日本各地(目標:47都道府県、実績:20都道府県)の寺社仏閣を廻ってみました(449寺社)。

東京都、三重県、岐阜県、愛知県、静岡県、山梨県、沖縄県、滋賀県、福岡県、長野県、
兵庫県、岩手県、埼玉県、長野県、北海道、富山県、青森県、福井県、佐賀県、山口県

■2021年は、寺院にも力を入れてみました(574寺社)。

①寺院は巡礼を中心に。西国三十三、江戸三十三、鎌倉三十三、秩父三十四、関東三十六、北関東三十六、関東八十八、東国花の寺百ヶ寺。
②神社は、引き続き延喜式内社、旧社格県社以上、総社、一国一社八幡宮、神社本庁の別表神社。
③関東なら鎌倉、やっぱり京都・奈良、チャンスがあれば憧れの熊野・四国・九州。

■2020年は、寺院も神社もよく分からないので、分かりやすそうな神社を中心に回り始めました(366寺社)。

①関東圏の延喜式内社 + 坂東三十三観音。
②関東以外に旅行に行くときは一之宮。
③チャンスがあれば、憧れの伊勢や出雲。

惣一郎さんの投稿をもっと見る

ホトカミ見ました! で広がるご縁

ホトカミを見てお参りされた際は、
もし話す機会があれば神主さんに、「ホトカミ見てお参りしました!」とお伝えください。
神主さんも、ホトカミを通じてお参りされる方がいるんだなぁと、ホトカミ無料公式登録して、情報を発信しようという気持ちになるかもしれませんし、
「ホトカミ見ました!」きっかけで豊かな会話が生まれたら、ホトカミ運営の私たちも嬉しいです。
賣豆紀神社の投稿をもっと見る3件
コメント
お問い合わせ