御朱印・神社お寺の検索サイト楽しみ方

ささきじんじゃ

沙沙貴神社

公式滋賀県 安土駅

参拝は 24時間可能
    

授与所・御朱印 受付時間 9:00〜16:30
  
  ※御祈祷中や
   大きな祭礼がある際には 
   お待ちいただくことがあります

投稿する
0748-46-3564

※お問い合わせの際は「ホトカミを見た」と
お伝えいただければ幸いです。

現在の御朱印・御朱印帳

通常御朱印 御祭神名

季節の花 御朱印

沙沙貴神社の境内に咲く 季節の花々を添えた御朱印です

■最新の御朱印は お知らせにて お伝えしています 

御朱印をもっと見る|
70

最新のお知らせ

【季節の花 御朱印】 ご案内 11月~12月

昨日 11月23日は 新嘗祭を斎行し
今年1年の五穀豊穣に感謝申し上げました

今年は 暖かい日が続きますが
少しずつ 紅葉も 色づいてきました。

11月22日~
 紅葉の御朱印を頒布しています。

また
11月28日~(予定)
 山茶花(さざんか)の御朱印を頒布予定
 
12月10日~
 万両(まんりょう)の御朱印を頒布予定です
  
※頒布を始めましたら 改めて こちらのサイトにもアップします。

境内は 
 ・紅葉
 ・銀杏
 ・さざんか 各種
 ・つばき 各種
 ・まんりょう など実のなる木々 などが
秋の深まりを感じさせてくれています

1年の締めくくりに 感謝と健康を祈念に
ぜひ お参りください。

沙沙貴神社の御朱印

 季節の花御朱印 紅葉 11/22~頒布 
  【沙沙貴神社】

沙沙貴神社の御朱印

 季節の花御朱印 紅葉 11/22~頒布 
  【佐佐木大明神】

沙沙貴神社(滋賀県)

■境内の紅葉

沙沙貴神社(滋賀県)沙沙貴神社(滋賀県)沙沙貴神社(滋賀県)沙沙貴神社(滋賀県)

■さざんか

沙沙貴神社(滋賀県)沙沙貴神社(滋賀県)沙沙貴神社(滋賀県)沙沙貴神社(滋賀県)

■つばき

沙沙貴神社(滋賀県)沙沙貴神社(滋賀県)

■毎月 第2土曜日は キッチンカーマルシェを
 駐車場にて 開催しています

夏越大祓 ご案内

夏越大祓の
茅の輪を
氏子総代さんと神職で
奉製いたしました。

早朝より
西の湖畔にて
葭(よし)と真菰(まこも)を
刈り取り、
神社に持ち帰り、
きれいなものと分けます。

大きな輪にくくりつけながら仕上げ、
左右に笹を添え、
注連縄をはり、
整えました。

6/2~6/30、設置しております。

ぜひにご参拝いただき、
茅の輪をくぐり、
この半年の罪・穢れを
お祓いくださいませ。

沙沙貴神社(滋賀県)沙沙貴神社(滋賀県)沙沙貴神社(滋賀県)沙沙貴神社(滋賀県)沙沙貴神社の授与品その他沙沙貴神社(滋賀県)沙沙貴神社(滋賀県)

特別神符 ございます。

沙沙貴神社(滋賀県)

特別御朱印 ございます。
 6/30まで、頒布いたします。

お知らせをもっと見る(43件)
氏子以外の参拝
氏子以外の参拝
あり
歓迎
御朱印について
御朱印
あり

■沙沙貴神社 
   社名の御朱印は 
   楼門に掲げられた 
   『有栖川熾仁親王殿下』御染筆の額の文字を押印致します。

■佐佐木大明神
   御祭神名の御朱印は
   表参道 大鳥居に掲げられた
   『源頼朝』の書の文字を 押印致します

■季節の御朱印
 一年を通じて 約100種類の花が咲く境内。
 その花を添えた 御朱印がございます。
 ※花がきれいな時期に押印。
  花の開花に合わせて 花の種類が変わります。

限定
あり
御朱印帳にお書き入れ
あり

御朱印は 基本的に 書き入れとなります。
 (書き置きも対応できます。)

ただし 年に数回 書き置きのみの御朱印があります

郵送対応
-
ありません
御朱印帳
あり
パーキング
駐車場
あり

あり

ご利益

沙沙貴神社について

■新型コロナウィルス感染対策として
 ・手水の柄杓の撤去
 ・鈴緒の撤去
 ・授与所にアルコールの設置
 ・対応時にはマスクの着用 を行っています。

 皆さまも ご協力の程 よろしくお願い致します。

おすすめの投稿

惣一郎
2022年05月16日(月)
1061投稿

【近江國 式内社巡り】

沙沙貴神社(ささき~)は、滋賀県近江八幡市安土町常楽寺にある神社。式内社で、旧社格は県社。祭神は少彦名命、大彦命、仁徳天皇、宇多天皇、敦実親王(5柱合せて「佐佐木大明神」と総称)。

創建は不詳。社伝によると、神代に少彦名神がササゲの豆の鞘に載って海を渡って来たことから、当地を「ササキ」と呼び、少彦名心を祀ったことが始まりとしている。古代に沙沙貴山君が大彦命を併せて祀り、景行天皇が志賀高穴穂宮への遷都に際して大規模な社殿造営をさせたと伝わる。平安時代に宇多源氏の源成頼が当地に土着すると佐々木姓を名乗るようになり、佐々木山君の子孫である沙沙貴氏と次第に融合すると、沙沙貴氏の氏神である当社に宇多源氏の祖である敦実親王とその父・宇多天皇を合祀し、自らの氏神とした。戦国時代、佐々木氏の嫡流・六角氏が近江守護であったが、織田信長に敗れ放逐され、当地は信長の支配下に入った。信長は付近に安土城を築城したが、当社は破却を逃れた。江戸時代後期の天保年間(1831年~1845年)に火災で社殿を焼失するが、1848年に宇多源氏後裔の丸亀藩主・京極高朗により再建された。明治に入り、近代社格制度のもと県社に列格した。

当社は、JR琵琶湖線・近江八幡駅の南方600mののどかな田園が近い住宅地にある。境内はかなり広々していて、茅葺屋根の隋神門にはじまる神域は、玉砂利が敷き詰められ、拝殿、本殿等建造物ははそれぞれ相当立派。神職の方々の行き届いた手入れも素晴らしいが、現在でも氏子信者の信仰の篤さが伝わって来る。

今回は、近江國の式内社、滋賀県の旧県社であることから参拝することに。参拝時は休日の午後で、自分以外にも参拝者が数組訪れていた。

沙沙貴神社の鳥居

境内北東端入口全景。広々とした入口。

沙沙貴神社の鳥居

境内入口の<鳥居>。参道がまっすぐに伸びている。狛犬は新しそう。

沙沙貴神社(滋賀県)

参道の突き当り。ここで参道は右折。

沙沙貴神社(滋賀県)

右を向くと、また参道がまっすぐ伸びている。非常にきれいに掃き清められていて、気持ちが引き締る。

沙沙貴神社の山門

参道突き当りにある、藁葺の<楼門>。独特でインパクトがある外観。

沙沙貴神社(滋賀県)

楼門の扁額は、明治中期、有栖川宮熾仁親王の揮毫。

沙沙貴神社の本殿

楼門をくぐったところからの眺め。大きな拝殿の背後に分離式の本殿が見える。
社殿等は江戸時代後期の天保年間(1831年~1845年)に火災で焼失、1848年に丸亀藩主・京極高朗により本殿、権殿、拝殿、楼門などが再建された。

沙沙貴神社の手水

楼門をくぐって右側にある<手水舎>。

沙沙貴神社の建物その他

手水舎の後ろにある<御祓所>。

沙沙貴神社の建物その他

楼門をくぐって左手やや遠いところにある<絵馬殿>。

沙沙貴神社(滋賀県)

絵馬殿近くから見た<拝殿>。

沙沙貴神社(滋賀県)

<拝殿>全景。

沙沙貴神社(滋賀県)

拝殿後ろの<幣殿・本殿>。五間社流造、向拝三間、銅板葺。

沙沙貴神社(滋賀県)

<幣殿>正面。

沙沙貴神社(滋賀県)

逆サイドから<幣殿・本殿>全景。

沙沙貴神社(滋賀県)

幣殿・本殿の左隣に建つ<権殿>。

沙沙貴神社(滋賀県)

<幣殿・本殿>と<権殿>の間にある<少彦名神>の拝所。

沙沙貴神社(滋賀県)

少彦名神の磐境(いわさか)そばから見た、本社の<本殿>。

沙沙貴神社の本殿

<権殿>全景。
中央の座祭神:置目姫命(おきめひめのみこと)・狭狭城山君の祖倭帒(やまとふくろ)宿禰の妹、源雅信公、源秀義(佐々木秀義)公、源氏頼(六角氏頼)公。
東の座祭神:乃木希典命、乃木静子命。
西の座祭神:沙沙貴郷、旧蒲生郡の明治・大正・昭和での戦没者参千七百余柱命。

沙沙貴神社(滋賀県)

<権殿>正面。

沙沙貴神社(滋賀県)

権殿に向かって左後ろのある<呑月の庭>。

沙沙貴神社(滋賀県)

権殿に向かって左手にある<神輿庫>。門が開け放たれていて、装飾が美しい神輿を見ることができる。

沙沙貴神社の末社

権殿の左隣にある、境内社ゾーン全景。

沙沙貴神社(滋賀県)

左側から1社目、<少童(わたつみ)さま>。日本神話の海の神。海童神社とも。

沙沙貴神社(滋賀県)

2社目は<影友稲荷さま>。

沙沙貴神社(滋賀県)

3社目は<加茂さま>。扁額は賀茂別雷大神・賀茂御祖大神。

沙沙貴神社(滋賀県)

4社目は<愛宕さま>。扁額は愛宕社本宮。

沙沙貴神社(滋賀県)

最後5社目は<祇園之社>。八坂大神、津島大神とある。

沙沙貴神社の建物その他

境内社の前に建つ<八角神殿>。伊勢神宮の式年遷宮の御用材で造営とのこと。

沙沙貴神社の建物その他

社殿の背後に一列に並ぶ<干支の庭>。

沙沙貴神社(滋賀県)

社殿の裏手から見た<本殿>。

沙沙貴神社(滋賀県)

社殿の裏手にある<石燈籠>。竿部分に鎌倉時代後期の正安二年(1300年)の刻文があり、笠と火袋は後補とのこと。

沙沙貴神社(滋賀県)

当社の神紋「七ツ割、平四ツ目、目結紋」は佐々木氏のルーツ。

沙沙貴神社の建物その他

社殿に向かって右手にある<社務所>。御朱印はこちら。

沙沙貴神社(滋賀県)

最後に、華美ではない豪壮な<社殿>全景。(^▽^)/

もっと読む
投稿をもっと見る(22件)

例祭・神事

1月 初詣
4月 第一土曜日日曜日  沙沙貴まつり(例祭)
5月 4日5日      子供まつり (例祭)
6月 最終日曜日〜30日 夏越大祓 (茅の輪くぐり)
10月 第二日曜日    近江源氏祭
10月 第三日曜日    沙沙貴十二座神事(例祭)
11月 最終日曜日    沙沙貴三十三郷祭
12月 31日大晦日   年越大祓

例祭・神事をもっと見る|
4

歴史

■平安時代にまとめられた
 『延喜式神名帳(えんぎしきじんみょうちょう)』に 記載されている
 沙沙貴神社です。

■1年を通じ、四季折々の花を咲かせ 参拝の皆さまをお迎えしています。
  初詣の頃に咲く 蝋梅(ろうばい)
  5月中頃に咲く ヒトツバタゴ (俗名 なんじゃもんじゃ)の頃には
  より多くの方に ご参拝いただいています。

■御祭神 は 四座五柱(よんざいつはしら)

 第一座 少彦名神(すくなひこなのかみ) 
            大国主神の国づくりを助けられた
            多く知識を持った神様
            酒造や医療、薬学などの知識を伝えた神さま。
     【御神徳】国土安泰・医薬・酒造の神様

 第二座 大毘古神 (おおおひこのかみ)
            四道将軍の御一人で北陸道の
            旅の安全・交通安全を守護。
            古代豪族の沙沙貴山君の御先祖。

 第三座 仁徳天皇 (おおささきのすめらみこと)
            
 第四座 宇多天皇 (うだのすめらみこと)
     敦実親王 (あつみのみこ)
            平安末期 源氏の時代から
            宇多源氏・佐佐木源氏は近江國を守護。
            祖先である 宇多天皇・敦美親王をお祀りする。
           【佐々木】姓の御先祖であり、
           全国より「佐々木さん」が お参りされる。

        

歴史をもっと見る|
4

沙沙貴神社の基本情報

住所滋賀県近江八幡市安土町常楽寺1
行き方

■JRでお越しの方 
 
・JR琵琶湖線 安土駅より 徒歩15分
  
  ※快速のみの停車です。
   新快速は 
   停車しませんので 
   お気をつけて
   お越しください
 

■お車でお越しの方

・名神高速道路竜王ICより約20分

  竜王IC国道8号線方面

  ⇒信号西横関右折

  ⇒信号西生来左折

  ⇒近江八幡市役所 安土町総合支所前を左方向
    
    ※右手に図書館
     左手に支所 の三叉路です。
    
    左方向に進んで見えてくる境内の森が沙沙貴神社です

アクセスを詳しく見る
名称沙沙貴神社
読み方ささきじんじゃ
通称佐々木大明神
参拝時間

参拝は 24時間可能
    

授与所・御朱印 受付時間 9:00〜16:30
  
  ※御祈祷中や
   大きな祭礼がある際には 
   お待ちいただくことがあります

参拝にかかる時間

20分

参拝料

なし

トイレあり
御朱印あり

■沙沙貴神社 
   社名の御朱印は 
   楼門に掲げられた 
   『有栖川熾仁親王殿下』御染筆の額の文字を押印致します。

■佐佐木大明神
   御祭神名の御朱印は
   表参道 大鳥居に掲げられた
   『源頼朝』の書の文字を 押印致します

■季節の御朱印
 一年を通じて 約100種類の花が咲く境内。
 その花を添えた 御朱印がございます。
 ※花がきれいな時期に押印。
  花の開花に合わせて 花の種類が変わります。

限定御朱印あり
御朱印帳に直書きあり

御朱印は 基本的に 書き入れとなります。
 (書き置きも対応できます。)

ただし 年に数回 書き置きのみの御朱印があります

御朱印の郵送対応なし

御朱印帳あり
電話番号0748-46-3564
お問い合わせの際は「ホトカミを見た」とお伝えいただければ幸いです。
ホームページhttp://sasakijinja.or.jp/
おみくじあり
お守りあり
絵馬あり
SNS

詳細情報

ご祭神《主》少名彦神,《配》大毘古神,仁徳天皇,宇多天皇,敦実親王
創建時代神代
本殿三間社流造
文化財

本殿・透塀・中門・権殿・拝殿・楼門・東廻廊・西廻廊 八棟(県指定有形文化財)

ご由緒

■平安時代にまとめられた
 『延喜式神名帳(えんぎしきじんみょうちょう)』に 記載されている
 沙沙貴神社です。

■1年を通じ、四季折々の花を咲かせ 参拝の皆さまをお迎えしています。
  初詣の頃に咲く 蝋梅(ろうばい)
  5月中頃に咲く ヒトツバタゴ (俗名 なんじゃもんじゃ)の頃には
  より多くの方に ご参拝いただいています。

■御祭神 は 四座五柱(よんざいつはしら)

 第一座 少彦名神(すくなひこなのかみ) 
            大国主神の国づくりを助けられた
            多く知識を持った神様
            酒造や医療、薬学などの知識を伝えた神さま。
     【御神徳】国土安泰・医薬・酒造の神様

 第二座 大毘古神 (おおおひこのかみ)
            四道将軍の御一人で北陸道の
            旅の安全・交通安全を守護。
            古代豪族の沙沙貴山君の御先祖。

 第三座 仁徳天皇 (おおささきのすめらみこと)
            
 第四座 宇多天皇 (うだのすめらみこと)
     敦実親王 (あつみのみこ)
            平安末期 源氏の時代から
            宇多源氏・佐佐木源氏は近江國を守護。
            祖先である 宇多天皇・敦美親王をお祀りする。
           【佐々木】姓の御先祖であり、
           全国より「佐々木さん」が お参りされる。

        

体験祈祷おみくじお祓いお宮参り絵馬七五三御朱印お守り祭り武将・サムライ花の名所

最新の限定御朱印情報が届く!
御朱印メルマガを受け取ろう

利用開始をもって利用規約プライバシーポリシー
同意したものとみなします。

※購読はいつでも解除できます。

This site is protected by reCAPTCHA and the Google
Privacy Policy andTerms of Service apply.

行きたい
投稿する
お問い合わせ
めめ小バナー