御朱印・神社お寺の検索サイト楽しみ方
ネコ大バナー※宇佐八幡神社ではいただけません
御朱印について
御朱印
あり
限定
-
御朱印帳
-
パーキング
駐車場
-

おすすめの投稿

きどっち
2022年06月19日(日)
836投稿

近江神宮から国道161号線を挟んで西側の宇佐山に鎮座しています。
少し鬱蒼とした山の中に入っていく感じなので一瞬止めようかな?と思ったんですが、なんとか心を奮い立たせてお詣りしてきました。

途中、ガサガサという音がして「熊か?」と思って青ざめてしまったんですが、ゆっくりそちらの方向を見ると野生の鹿が飛び跳ねて去って行くところでした。
神使だと思い、なんか嬉しくなっていつの間にか諦めずにお詣りしてよかったという心境に。
そして拝殿を前にしたところで、「ここはすごい!」と思ってしまいました。
拝殿の前から神聖な空気が漂っていて、温かく迎え入れていただいたという感じです。

こちらの八幡神社は山の中ということもあり、普段は無人となっているようなので御朱印などまったく期待をしていなかったのですが、拝殿の入り口付近にプラスチックの引き出しケースが置いてあり、なんと書置き御朱印があるじゃないですか!
折れそうになった心を奮い立たせてここまで登ってきた甲斐があったと思い、神様に感謝しながらヘロヘロの足で坂を下って帰路につきました。

治暦元年(1065年)8月15日、源頼義がここに館を構え、鳩の群れが導き示したこの場所に大分の宇佐神宮を勧請したとされます。
そのときに神鳩が現れた岩上には、沓形があり御神示の跡でとされ、御足形と称されています。
ここからほど近いところには、元亀元年(1570年)織田信長の家臣の森三左右衛門可成が宇佐山城を築きますが、戦乱の戦火により社殿は焼失したそうです。

宇佐八幡神社の建物その他

本殿即姪にはびっしりと青い鳩が。
この鳩に名前と年齢を書いて、子供の成長を祈るようになっているそうでうs。

宇佐八幡神社の建物その他

近江神宮からほど近いところに「宇佐八幡宮」と記載。

宇佐八幡神社の鳥居宇佐八幡神社の建物その他

ここが御足形

宇佐八幡神社の建物その他宇佐八幡神社の建物その他

さらに参道を進みます

宇佐八幡神社の建物その他

ここで道が二手に分かれたため、「表参道」の方向へ

宇佐八幡神社の建物その他

霊泉「金殿井」
天智天皇の御病気を癒したという霊験あらたかな霊泉と伝えられています

宇佐八幡神社の本殿

ここから空気感が変わります

宇佐八幡神社の手水宇佐八幡神社の山門

神門

宇佐八幡神社の本殿

本殿

宇佐八幡神社の芸術宇佐八幡神社の狛犬宇佐八幡神社の狛犬宇佐八幡神社の歴史宇佐八幡神社の末社

本殿向かって左側
左が蛭子社、
右が高良社。

宇佐八幡神社の末社

本殿向かって左側
左が若宮八幡宮
右が丹後宮

宇佐八幡神社の建物その他

本殿の後方にはある礎石

「此の礎石は治暦元年(西暦1605)源頼義公が茲に宇佐八幡宮を創設された当時の柱石の一部で明治の仮殿修復の際ここ中門付近の地中から出土したものであります。
礎石の表面が焼け爛れているのは、山頂に宇佐山城が築かれ、戦乱の戦火で八幡宮も焼失したと伝えられている事を裏付ける貴重なものであります。
其の証として処に保存する」

宇佐八幡神社の末社

豊平稲荷社

宇佐八幡神社の建物その他

宇佐八幡宮遙拝所

宇佐八幡神社の御朱印

御朱印

もっと読む
投稿をもっと見る(2件)

宇佐八幡神社の基本情報

住所滋賀県大津市錦織町1丁目15
行き方
アクセスを詳しく見る
名称宇佐八幡神社
読み方うさはちまんじんじゃ
通称むし八幡
御朱印あり

限定御朱印なし

詳細情報

ご祭神《主》応神天皇
創建時代1065年(治暦元年)

この神社の神主様へ

公式アカウント(無料)にご登録いただくと、

ご自身の神社の情報を編集することができます。

無料登録して、参拝者が必要な情報を直接伝えてみませんか?

詳しくはこちら

最新の限定御朱印情報が届く!
御朱印メルマガを受け取ろう

利用開始をもって利用規約プライバシーポリシー
同意したものとみなします。

※購読はいつでも解除できます。

This site is protected by reCAPTCHA and the Google
Privacy Policy andTerms of Service apply.

行きたい
投稿する
お問い合わせ
めめ小バナー