御朱印・神社お寺の検索サイト楽しみ方
四天王寺聖徳太子1400年限定御朱印大バナー2022年12月※前玉神社ではいただけません

さきたまじんじゃ

前玉神社のお参りの記録(1回目)
埼玉県東行田駅

投稿日:2021年09月16日(木)
参拝:2020年9月吉日
前玉神社(さきたま~)は、埼玉県行田市にある神社。式内社で、旧社格は郷社。祭神は、前玉彦命(さきたまひこ)、前玉比売命(さきたまひめ)の2柱。社殿は浅間塚古墳の上に鎮座している。また社名は「埼玉」の地名の語源と言われる。

創建は不詳。当社は埼玉古墳群内に鎮座し、本殿も古墳群の方向に立っていることから、古墳群の首長層が当社における古代祭祀集団と推定する説がある。なお社名は、『正倉院文書』にも「武蔵国前玉郡」の表記がみられ、埼玉の地名の由来とされている。平安時代の927年に編纂された『延喜式神名帳』では、「武蔵国 埼玉郡 前玉神社二座」と記載されている。社伝によると、忍(おし)城中にあった浅間社を勧請してからは「浅間社」と号し、鎮座する古墳は富士山に見立てられていたという。初め古墳上の神社は「上ノ宮」、中腹にある神社は「下ノ宮」とされていたが、明治に入り上ノ宮は「前玉神社」、下ノ宮は「浅間神社」と定められたとのこと。明治維新後、近代社格制度では郷社に列した。

当社は、JR高崎線・吹上駅の北東4kmの平地にある。周りは基本住宅街だが、「さきたま古墳公園」の一部といえる場所にある。県道77号線(古墳通り)沿いの入口から参道を進み社務所の周りまでは平地だが、社殿は島のようにポツンと盛り上がった古墳(浅間塚古墳)の上に建っている。社殿の裏にも古墳があって、他の神社とは違った印象を生み出している。

今回は武蔵国の式内社ということで参拝することに。参拝時は週末の午後、自分以外にも参拝者が数人訪れていた。
前玉神社の鳥居
県道33号線(古墳通り)沿いにある、境内入口の<一の鳥居>と<社号標>。鳥居は、江戸時代前期の1676年建立。
前玉神社の自然
一の鳥居の左隣が駐車場で、そこに1本だけ立っている<イヌマキ>の巨木。推定樹齢600年、樹高20m、目通り幹周5.5mで、埼玉県最大の槙とのこと。御岳山信仰の奉納植樹の御神木で、幹の北側中心部の空洞には木曽御嶽神社の石碑が置かれている。
前玉神社の狛犬
一の鳥居をくぐると、古木並木の参道が続く。参道両側に立つ<狛犬>は年季が入っていて古そう。
前玉神社の鳥居
つづいて<二の鳥居>。この先は広場になっているが、まっすぐ進む。
前玉神社の建物その他
右側にすぐ現れる<社務所>。御朱印はこちら。
前玉神社の手水
つづいて右側には<手水舎>。彫刻は非常に凝っていて、全体として重厚で年季が入っている。
前玉神社の手水
手水はコロナで使用禁止だが、手水盤には水が張ってあって、素朴な花が浮かべられている。たぶん自分が初めて見た<花手水>。花に疎い自分でも、綺麗だなと思ったので写真をパチリ。
前玉神社(埼玉県)
一段高くなった場所の手前に<三の鳥居>。
前玉神社の末社
階段を数段上がって、すぐ右側にある<浅間神社>。忍城から勧請されたとされ、江戸時代までは<浅間神社・下之宮>と呼ばれていた。
前玉神社の末社
階段を数段上がって、左方向に進んだところにある<天神社>(左)と<恵比寿大黒天社>(右)。
前玉神社(埼玉県)
2つの境内社の上を見上げると、メインの社殿が小山の上に建っている。
前玉神社(埼玉県)
数十m進むと、社殿前の階段に辿り着く。両側に立つ燈籠は、江戸時代前期の1697年に氏子衆によって奉納されたものとのこと。それぞれに『万葉集』の「埼玉の津」の歌が刻まれている。
前玉神社の本殿
階段を登り切ると、すぐに<拝殿>正面。江戸時代までは<浅間神社・上之宮>であった。拝殿の彫刻もなかなかきれい。
前玉神社の本殿
拝殿の後ろにある<本殿>。小山の山頂が狭いので、本殿の覆屋は拝殿に直結している。
前玉神社(埼玉県)
三の鳥居の左側にある<龍泉池>。
前玉神社の周辺
社殿の建つ小山(浅間塚古墳)の裏手の様子。盛り上がっているのが古墳。
前玉神社の末社
手水舎と三の鳥居との間を右方向に進むと<明治神社>がある。
前玉神社の末社
<明治神社>は、明治時代に埼玉地区の神社を合祀し、16柱を祀っている。
前玉神社の建物その他
手水舎の反対側(境内左手)にある<神楽殿>。その右側からも境内に入ることができる。
前玉神社の鳥居
Yahooカーナビが裏道を指示したせいで、神楽殿横から境内に侵入してしまった...(反省)。

すてき

御朱印

みんなのコメント(0件)

ログインしてください

ログイン無料登録すると、投稿へコメントできます。

投稿者のプロフィール

惣一郎さんのプロフィール画像

惣一郎1055投稿

2020年1月から寺社仏閣巡りを始めた初心者です。東京在住です。
クルマとバイク、旅行が趣味なので、近くから遠くまで、精力的にお参りしています~♪

■2020年は、寺院も神社もよく分からないので、分かりやすそうな神社を中心に回り始めました(366寺社)。

①関東圏の延喜式内社 + 坂東三十三観音。
②関東以外に旅行に行くときは一之宮。
③チャンスがあれば、憧れの伊勢や出雲。

■2021年は、寺院にも力を入れてみました(574寺社)。

①寺院は巡礼を中心に。西国三十三、江戸三十三、鎌倉三十三、秩父三十四、関東三十六、北関東三十六、関東八十八、東国花の寺百ヶ寺。
②神社は、引き続き延喜式内社、旧社格県社以上、総社、一国一社八幡宮、神社本庁の別表神社。
③関東なら鎌倉、やっぱり京都・奈良、チャンスがあれば憧れの熊野・四国・九州。

■2022年は、良かった寺社を再訪しながら、日本各地(目標:47都道府県)を廻ってみたいと思っています~♪ (^▽^)/

(1月)東京都、三重県、岐阜県、愛知県 
(2月)静岡県 
(3月)山梨県、沖縄県 
(4月)滋賀県、福岡県、長野県、兵庫県、岩手県
(5月)埼玉県
(6月)長野県、北海道
(7月)(東京都)
(8月)富山県、(岐阜県)
(9月)(東京都)、(岩手県)、青森県
(10月)福井県
(11月)(福岡県)

惣一郎さんの投稿をもっと見る

ホトカミ見ました! で広がるご縁

ホトカミを見てお参りされた際は、
もし話す機会があれば神主さんに、「ホトカミ見てお参りしました!」とお伝えください。
神主さんも、ホトカミを通じてお参りされる方がいるんだなぁと、ホトカミ無料公式登録して、情報を発信しようという気持ちになるかもしれませんし、
「ホトカミ見ました!」きっかけで豊かな会話が生まれたら、ホトカミ運営の私たちも嬉しいです。
前玉神社の投稿をもっと見る112件
コメント
お問い合わせ
四天王寺聖徳太子1400年限定御朱印小バナー2022年12月