参拝者と神社お寺でつくるお参りの記録共有サイト楽しみ方

つるぎじんじゃ

剣神社の歴史埼玉県 西川口駅

剣神社の歴史情報

詳細情報

ご祭神天之御中主大神
天照皇大神
七福神大神
大国主大神
末社二代天神宮(藤原秀郷公)
ご由緒

 昭和45年4月1日埼玉県大宮市(さいたま市見沼区)に分霊を賜り、24神社二28布教所を包括する宗教法人日本神宮本庁直轄講社「日本神宮関東教区大宮支部」の認可を受ける。本宗帯廣明神大社宮司より、北海道上川郡清水町の霊峰剣山の登山口に鎮座する現兼務社剣山神社より「剣」の一字を賜る。神紋を守護る「つがいの梟」は、帯廣明神大社の背を流れる十勝川を群生地としながらも姿を現すことのなかった梟が、結縁日に鎮守の杜につがいで姿を現したことに起因する。梟は古今東西縁起の良い鳥(不苦労、福来、福籠)とされ、武蔵国に於いても信者崇敬者の子孫長久・家運繁栄が末広がりに続くよう願いが込められ神紋ともに描かれている。
 平成11年10月1日埼玉県蕨市(関東教区蕨支部)に遷座、埼玉県知事より「宗教法人剣神社」として認証を受け現在に至る。民主的神社信仰の象徴たる日本神宮の立教主旨に則り、日本神宮奉斉神、即ち「天之御中主大神」を主祭神とし、「天照皇大神」を配祀神、「七福神大神」を副配祀神とし、以ってこれを「天照皇大神大神」と総称し尊唱し奉る。

歴史の写真一覧

ホトカミを応援してくださっている皆様

特別スポンサー

何かお気づきの点はありますか?
四天王寺聖徳太子1400年限定御朱印小バナー2021年10月