御朱印・神社お寺の検索サイト楽しみ方
四天王寺聖徳太子1400年限定御朱印大バナー2022年10月※調神社ではいただけません

つきじんじゃ

調神社

埼玉県 浦和駅

投稿する
048-822-2254

※お問い合わせの際は「ホトカミを見た」と
お伝えいただければ幸いです。

御朱印・御朱印帳

御朱印(1種類)

調神社では1種類の御朱印がいただけます。

500円

中央に大きく「調神社」の文字と社印、右下に「浦和鎮座」の文字、
左に日付けと奉拝の文字があります。
調神社は、調(つき)の名が月と同じ読みであり、また、「月待信仰」との
結びつきから、月の動物とされる兎が神の使いとされており、兎の朱印があります。
背中の「延喜式内社」は、「延喜式神名帳」に記載されている一社であるという意味です。

御朱印帳(1種類)

初穂料込み2000円
16㎝×11㎝

白地に銀色で社紋が刺繍され、表紙には「御朱印帳」の文字と
御幣を担いだ可愛いウサギ、裏には「調神社」の文字と社殿があしらわれています。
最初のページの右側に「調神社神璽」の御札が貼られています。
神社専用の御朱印帳としてお使い下さいということで、調神社では寺院の御朱印帳や、
神社と寺院が混合している御朱印帳への対応はしていないとのことです。

授与場所・時間

御朱印、御朱印帳とも境内の授与所でいただけます。

時間は9時から16時までです。

御朱印をもっと見る|
121
御朱印について
御朱印
あり

調(つき)神社の神使『兎』の印がかわいらしい御朱印です。

限定
-
御朱印帳
あり
パーキング
駐車場
あり

あり

調神社について

ウサギだらけな月の神社


月の神秘性を信仰する「月待信仰」から、月の動物とされてきたウサギの像がたくさんある可愛らしい神社です。
かつては朝廷への調物(み"つぎ"もの)の倉庫群の中にあったため運搬の妨げにならないよう鳥居がないのも特徴です。

おすすめの投稿

惣一郎
2021年03月21日(日)
973投稿

調神社(つき~)は、埼玉県さいたま市浦和区にある神社。式内社で旧社格は県社。「調宮(つきのみや)」とも呼ばれる。社名の「調」が「月」と同じ読みであることから、月待信仰と結びつくようになったようで、当社では狛犬ではなく狛兎が神域守護となっている。

社伝によると、第9代開化天皇の紀元前132年に所祭奉幣の社として創建され、第10代崇神天皇の勅命により伊勢神宮斎主の倭姫命(やまとひめのみこと)が参向し、当地に伊勢神宮に献上する調物(貢物)を納める蔵を建て、関東全域から初穂米調集納蒼運搬所とされた。また奈良時代の771年には勅使として藤原朝臣常恣が奉幣を行い、当社例大祭の起源になったとしている。
平安中期927年の延喜式神名帳では「武蔵国足立郡 調神社」と記載され、その比定社となっている。
室町初期の1337年には足利尊氏の命による社殿の復興があるも、安土桃山時代の1590年に豊臣秀吉による小田原征伐に伴う兵火で焼失した。
江戸前期には、三代将軍・徳川家光から朱印地を寄進された(ただ朱印状には「月読社」と誤記され続けたエピソードがある)。江戸期には『江戸名所図会』にも搭載されたほか、多くの文人墨客も当社の月待・月読の神の存在を知って参拝した。

当社は、JR浦和駅の南方1kmの旧中山道沿いにある。交通量の多い道路に突然、極太巨大な古木が立つ古社が現れるのが不思議な違和感。境内は間口は普通だが奥に広く、そこかしこに当社の神の使い「兎」が溢れていて探して回るのも楽しい。裏手は極太巨大な古木が立つ児童公園。

参拝時は週末の夕方であったが、参拝者は女性を中心に多くいた。

調神社の建物その他

大通りに面した神社入口。両サイドには<狛犬>ではなく<狛兎>。

調神社の建物その他

社号標と狛兎。

調神社の鳥居

社伝によると、倭姫命の命により調物の運搬の妨げになる神門や鳥居が取り除かれている。このため、鳥居の代わりに二本の石柱、そこに注連縄が架けられている。

調神社の手水

参道進んで右手に現れる<手水舎>。水の出口が<兎>になっている。

調神社の本殿

参道進んで左手に現れる<社殿>。江戸末期の1858年に造営。

調神社の本殿

拝殿正面。彫刻はシンプルだがきれい。中が見えない簾も良い感じ。

調神社の建物その他

社殿右手にある<社務所>。御朱印はこちら。

調神社の本殿

御朱印を真っている間に<拝殿>を斜めアングルから。

調神社の建物その他

拝殿に向かって右斜め後ろにある<神楽殿>。

調神社の庭園

神楽殿の右斜め後ろにある<神池>。噴水の出口も<兎>。

調神社の鳥居

神池の奥にある<稲荷神社>。

調神社の建物その他

稲荷神社の社殿は調神社旧本殿。江戸中期の1733年造営で、一間社流造の杮葺き。保全のため、社全体が覆われている。

調神社の末社

このため、左隣に<稲荷神社借り本殿>が置かれている。

調神社の狛犬

手水舎近くにある<兎>の石像。

調神社の末社

手水舎の裏手にある<調宮天神社>。学問の神様を祀るだけあって、学業成就の絵馬がたくさん。

調神社の末社

調宮天神社の右隣にある<金毘羅神社>。

調神社の本殿

最後にもう一度<拝殿>。日本の木に架かった注連縄が鳥居の代わり。

もっと読む
投稿をもっと見る(86件)

歴史

調宮縁起」によると、今からおよそ2,000年前の第10代崇神天皇の勅命により創建。伊勢神宮へ納める貢(調)物(みつぎもの)の初穂を納めた倉庫群の中に造営されたため、貢物搬出入の妨げになる鳥居がないと伝えられています。確かな文献では、平安時代中期の延喜5年(905)に醍醐天皇が編纂を命じた法典である「延喜式神名帳」に、武藏國四十四座のうちの一社と記載されています。
 また、調(つき)の名が、月と同じ読みであるところから、月の動物と云われた兎が神の使いとされ、中世の月待信仰(月のもつ神秘に畏敬をなし、月の出を待って祈る信仰)の広がりと結びつき、江戸時代には月読社とも呼ばれていたようです。今も兎の石像や社殿に飾られた兎の彫物、兎の絵馬など所々に兎が配されています。

歴史をもっと見る|
16

調神社の基本情報

住所埼玉県浦和市岸町3-17-25
行き方

JR浦和駅西口から歩いて約10分。

アクセスを詳しく見る
名称調神社
読み方つきじんじゃ
通称調宮さま
参拝時間

社務所:09:00〜17:00

参拝にかかる時間

20分

参拝料

なし

トイレあり
御朱印あり

調(つき)神社の神使『兎』の印がかわいらしい御朱印です。

限定御朱印なし
御朱印帳あり
電話番号048-822-2254
お問い合わせの際は「ホトカミを見た」とお伝えいただければ幸いです。
おみくじあり
お守りあり
絵馬あり

詳細情報

ご祭神《主》天照大神,《配》豊宇気姫命,素盞嗚尊
創建時代崇神天皇の御代
本殿権現造
ご由緒

調宮縁起」によると、今からおよそ2,000年前の第10代崇神天皇の勅命により創建。伊勢神宮へ納める貢(調)物(みつぎもの)の初穂を納めた倉庫群の中に造営されたため、貢物搬出入の妨げになる鳥居がないと伝えられています。確かな文献では、平安時代中期の延喜5年(905)に醍醐天皇が編纂を命じた法典である「延喜式神名帳」に、武藏國四十四座のうちの一社と記載されています。
 また、調(つき)の名が、月と同じ読みであるところから、月の動物と云われた兎が神の使いとされ、中世の月待信仰(月のもつ神秘に畏敬をなし、月の出を待って祈る信仰)の広がりと結びつき、江戸時代には月読社とも呼ばれていたようです。今も兎の石像や社殿に飾られた兎の彫物、兎の絵馬など所々に兎が配されています。

体験祈祷絵馬御朱印伝説

この神社の神主様へ

公式アカウント(無料)にご登録いただくと、

ご自身の神社の情報を編集することができます。

無料登録して、参拝者が必要な情報を直接伝えてみませんか?

詳しくはこちら

最新の限定御朱印情報が届く!
御朱印メルマガを受け取ろう

利用開始をもって利用規約プライバシーポリシー
同意したものとみなします。

※購読はいつでも解除できます。

This site is protected by reCAPTCHA and the Google
Privacy Policy and Terms of Service apply.

行きたい
投稿する
お問い合わせ
四天王寺聖徳太子1400年限定御朱印小バナー2022年10月