御朱印・神社お寺の検索サイト楽しみ方

ほうこくじんじゃ

豊國神社の御由緒・歴史
大阪府 森ノ宮駅

ご祭神豊臣秀吉
豊臣秀頼
豊臣秀長
創建時代1880年(明治13年)
創始者明治天皇
ご由緒

当神社は明治元年、明治天皇が大阪に行幸になった際、国家の為に大勲労のあった豊太閤を、この大阪の清浄な地に奉祀する様にと仰せ出されたので、種々熟議の結果、明治6年に京都の阿弥院峯墓前を本社として社殿を造営、大阪には別格官幣社豊國神社の別社として中之島字山崎の鼻(現在の大阪市北区中之島/中央公会堂の地点)に、明治13年に創立されました。
大正元年中央公会堂建設のため、府立図書館の西方の公園内に移転し、大正10年に別社から独立して府社に列せられましたが、昭和20年終戦と共に社格が廃止されたため、宗教法人となり神社本庁所属の神社となりました。昭和10年頃より大阪市の発展に伴う市庁舎増築のため、隣接する当神社の移転の議が起こりましたが、大東亜戦争の開戦により移転の件は一時中止となりました。
その後昭和31年に大阪市より神社移転の要望が再開され、御祭神に縁のある大阪城内を移転地と決定し、昭和36年1月大阪市北区中之島より奉遷したのが現在の神域です。
(豊國神社公式HPから引用)

歴史
歴史[編集] 中之島での創建[編集] 1868年5月(明治元年閏4月) 明治天皇により、大阪裁判所(大阪府の前身)に豊臣秀吉を祀る「豊國神社」建立の御沙汰がある[1]。 京都・豊国神社の大阪別社として創建され、1879年(明治12年)11月18日 社殿落成、同12月28日正遷宮祭した[2]。秀吉ゆかりの大阪城は陸軍省の所管だったため神社を建てることができず、北区中之島字山崎の鼻(現・大阪市中央公会堂がある所)に創建、鎮座した[3]。 1891年(明治24年)12月、東隣りに中之島公園が開園し、1904年(明治37年)3月には西隣りに大阪府立図書館が開館する。1912年(大正元年) 中央公...Wikipediaで続きを読む
引用元情報豊國神社 (大阪市)」『ウィキペディア日本語版』。
この版のURL:https://ja.wikipedia.org/w/index.php?%E8%B1%8A%E5%9C%8B%E7%A5%9E%E7%A4%BE%20%28%E5%A4%A7%E9%98%AA%E5%B8%82%29&oldid=99295668

歴史の写真一覧

最新の限定御朱印情報が届く!
御朱印メルマガを受け取ろう

利用開始をもって利用規約プライバシーポリシー
同意したものとみなします。

※購読はいつでも解除できます。

This site is protected by reCAPTCHA and the Google
Privacy Policy andTerms of Service apply.

御朱印背景
ホトカミを続けるために、あなたのサポートが必要です。
行きたい
投稿する
お問い合わせ

ホトカミで困ったこと、不具合のご報告はこちらから

お問い合わせ