御朱印・神社お寺の検索サイト楽しみ方
ホトカミを続けていくために、
あなたのサポートが必要です〈特典あり〉
四天王寺聖徳太子1400年限定御朱印大バナー2024年3月
比枝神社ではいただけません
広告

比枝神社の基本情報

住所大阪府大阪市鶴見区今津中5丁目5-23
行き方

JR片町線(学研都市線)「徳庵」駅下車 西出口より徒歩3分
京阪電車・Osaka Metro「天満橋」駅より 大阪シティバス46番「焼野」ゆきで「今津比枝神社前」下車 徒歩2分

アクセスを詳しく見る
名称比枝神社
読み方ひえじんじゃ
通称今津比枝神社
参拝料

なし

御朱印あり

限定御朱印なし
電話番号06-6961-6682
お問い合わせの際は「ホトカミを見た」とお伝えいただければ幸いです。
ホームページhttps://imazu-hieshrine.com/
絵馬あり

詳細情報

ご祭神【本殿】(主祭神 三柱)
天照皇大神(あまてらすおおかみ), 大山咋命(おおやまくいのみこと), 大己貴命(おおなむちのみこと)

【境内社】
・金丸稲荷社 倉稲魂命(うかのみたまのみこと)

<三社殿>
・天満宮(てんまんぐう) 菅原道真公(すがわらのみちざねこう)<雷神様>
・大将軍社(だいしょうぐんしゃ) 須佐之男命(すさのおのみこと)
・歯神之宮(はがみのみや) 少彦名命(すくなひこなのみこと) 
創建時代元禄4年9月
文化財

クスノキ6本・エノキ3本・モチノキ1本・ウバメガシ2本(大阪市保存樹林指定)<鶴見区で唯一指定>

ご由緒

創建年代はわかっていないが、延宝八年(1680年)庚申歳九月に天照皇大神をお祀りしている。
元禄四年(1691年)九月には、近江国(現在の滋賀県)坂本に鎮座している日吉大社のご分霊を勧請して、これを奉ることにより「山王権現」と言うようになった。
後の安永五年(1776年)に本殿が建立されている。
元禄十七年「子時甲申歳中春奉寄進」と記された銅板が古い鳥居より見つかっている。(元禄十七年は1704年)
以前、今津には「上の宮」「中の宮」「下の宮」の三社が存在していた。
これを明治の初めに上下二社を合祀して、明治二年(1869年)十一月「比枝神社」と名前が改められた。

体験おみくじ絵馬御朱印お守り

Wikipediaからの引用

概要
今津比枝神社(いまづひえじんじゃ)は、大阪市鶴見区にある神社。旧社格は村社。
歴史
歴史[編集] 創建年代、近代以前の歴史は不詳であるが、元禄4年(1691年)に近江国坂本の日吉大社の分霊を勧請し、山王権現を名乗った。ただし延宝8年(1680年)寄進の灯籠が境内にある事から、それより前に神社自体は存在したと推定される[1]。摂津国東成郡榎本村大字今津字中野および河内国茨田郡諸口村字徳庵の氏神である。 その後、神仏分離令により明治2年(1869年)、「山王権現」は廃され、現在の名称となった[2]。 ^ “御由緒”. 今津比枝神社. 2014年2月16日閲覧。より ^ “大坂あそ歩 大阪市内最高峰・鶴見新参の頂きへ ~徳庵、浜ルートから挑む~”. 大阪市. 2...Wikipediaで続きを読む
引用元情報今津比枝神社」『ウィキペディア日本語版』。
この版のURL:https://ja.wikipedia.org/w/index.php?%E4%BB%8A%E6%B4%A5%E6%AF%94%E6%9E%9D%E7%A5%9E%E7%A4%BE&oldid=97880957

この神社の神主様へ

公式アカウント(無料)にご登録いただくと、

ご自身の神社の情報を編集することができます。

無料登録して、参拝者が必要な情報を直接伝えてみませんか?

詳しくはこちら

最新の限定御朱印情報が届く!
御朱印メルマガを受け取ろう

利用開始をもって利用規約プライバシーポリシー
同意したものとみなします。

※購読はいつでも解除できます。

This site is protected by reCAPTCHA and the Google
Privacy Policy andTerms of Service apply.

御朱印背景
行きたい
投稿する
お問い合わせ
ホトカミを続けるために、あなたのサポートが必要です。

ホトカミで困ったこと、不具合のご報告はこちらから

お問い合わせ