御朱印・神社お寺の検索サイト楽しみ方
Amazonギフト券があたる!投稿キャンペーン開催中

法相宗

菩提院のお参りの記録一覧

奈良県 近鉄奈良駅

投稿する
0742-23-0797

※お問い合わせの際は「ホトカミを見た」と
お伝えいただければ幸いです。

ゆきち
2022年09月29日(木)
684投稿

興福寺の子院になります。大和北部八十八(62番)にて参拝しました。
門扉は閉まっていますが、鹿避けも兼ねてるようなので自分で開けて入る事ができます。

菩提院には「三作石子詰」という悲しい伝説があります。
三作少年が誤って鹿を殺めてしまい、神鹿殺しの罪で穴に生き埋めにされてしまいます。その場所に塚が作られています。
母は三作を弔う為に毎日鐘を撞いていたところ、四十九日目に観音様が現れ「稚児観音」として本堂に安置されました。
自分が死んだら三作を供養してくれる人は居ないのではとの思いから、お墓に紅葉を植えます。
この話しを基に、近松門左衛門が人形浄瑠璃「十三鐘」を作りました。
花札の 鹿に紅葉の絵も、ここから10月の図柄になったそうです。
伝説としても悲しい話しです。
三作少年の塚に手を合わせてきました。
お母さんの思いは伝わっています。
境内の紅葉はまだ赤くなってはいませんが、萩の花が咲き始めていました。

御朱印は「稚児観音」、興福寺の御朱印所にて受けることができます。

菩提院の建物その他菩提院(奈良県)菩提院の建物その他

萩の花が咲き始めていました

菩提院(奈良県)菩提院の本殿菩提院(奈良県)菩提院の建物その他菩提院(奈良県)菩提院(奈良県)

十三鐘

菩提院(奈良県)菩提院の本殿菩提院(奈良県)菩提院(奈良県)菩提院(奈良県)

石子詰の説明書

菩提院(奈良県)

三作少年の供養塚の拝所

菩提院(奈良県)

三作少年の供養塔

菩提院(奈良県)

本堂と十三鐘の間から五重塔が見えます

菩提院の建物その他
もっと読む
行きたい
投稿する
お問い合わせ

最新の限定御朱印情報が届く!
御朱印メルマガを受け取ろう

利用開始をもって利用規約プライバシーポリシー
同意したものとみなします。

※購読はいつでも解除できます。

This site is protected by reCAPTCHA and the Google
Privacy Policy andTerms of Service apply.

めめ小バナー