参拝者と神社お寺でつくるお参りの記録共有サイト楽しみ方
ドアノブさんのプロフィール画像

ドアノブ

(22投稿)
京都国立博物館へ行った際に立ち寄りました。
智積院の建物その他この虚子の句碑を撮るというミッションがあったので、智積院に寄ったのです…御朱印もいただきました智積院の御朱印

すてき4

・・・
投稿した人:

ドアノブ

ドアノブさんのプロフィール画像(22投稿)

審神者から入って、なぜか刀よりも歴史と寺社好きへ。地元は上総国。黒田官兵衛・長政父子ゆかりの場所を巡りたい。

みんなのコメント(0)

コメントはまだ投稿されていません。

智積院の投稿にコメントしませんか?

ログイン無料登録すると、投稿へコメントできます。

神社寺院のホームページが無料でかんたんに作れる!

智積院について

基本情報

名称智積院
読み方ちしゃくいん
拝観時間

午前9時 ~ 午後4時

御朱印あり
御朱印帳あり
電話番号075-541-5361
お問い合わせの際は「ホトカミを見た」とお伝えいただければ幸いです。
ホームページhttp://www.chisan.or.jp/

詳細情報

ご本尊金剛界大日如来
宗旨・宗派真言宗智山派
ご由緒

智積院の歴史は複雑で、紀州にあった大伝法院と、豊臣秀吉が、3歳で死去した愛児鶴松のために建てた祥雲寺という2つの寺が関係している。
智積院は、もともと紀州根来山(ねごろさん、現在の和歌山県岩出市)大伝法院(根来寺)の塔頭であった。大伝法院は真言宗の僧覚鑁が大治5年(1130年)、高野山に創建した寺院だが、教義上の対立から覚鑁は高野山を去り、保延6年(1140年)、大伝法院を根来山に移して新義真言宗を打ち立てた。智積院は南北朝時代、この大伝法院の塔頭として、真憲坊長盛という僧が建立したもので、根来山内の学問所であった。
近世に入って、根来山大伝法院は豊臣秀吉と対立し、天正13年(1585年)の根来攻めで、全山炎上した。当時の根来山には2,000もの堂舎があったという。当時、智積院の住職であった玄宥は、根来攻めの始まる前に弟子たちを引きつれて寺を出、高野山に逃れた。玄宥は、新義真言宗の法灯を守るため智積院の再興を志したが、念願がかなわないまま十数年が過ぎた。
関ヶ原の戦いで徳川家康方が勝利した翌年の慶長6年(1601年)、家康は東山の豊国神社(豊臣秀吉が死後「豊国大明神」として祀られた神社)の付属寺院の土地建物を玄宥に与え、智積院はようやく復興した。さらに、三代目住職日誉の代、元和元年(1615年)に豊臣氏が滅び、隣接地にあった豊臣家ゆかりの禅寺・祥雲寺の寺地を与えられてさらに規模を拡大し、山号を現在も根来に名を残す山「五百佛山」、復興後の智積院の寺号を「根来寺」とした。
祥雲寺は、豊臣秀吉が、3歳で死去した愛児鶴松(棄丸)の菩提のため、天正19年(1591年)、妙心寺の僧・南化玄興を開山に招いて建立した寺であった。現在、智積院の所蔵で国宝に指定されている長谷川等伯一派の障壁画は、この祥雲寺の客殿を飾っていたものであった。
この客殿は天和2年(1682年)の火災で全焼しているが、障壁画は大部分が助け出され、現存している。現存の障壁画の一部に不自然な継ぎ目があるのは、火災から救出されて残った画面を継ぎ合わせたためと推定されている。
近代に入って1947年にも火災があり、当時国宝に指定されていた宸殿の障壁画のうち16面が焼失した。この時焼けた講堂は1995年に再建された。講堂再建に先だって、1992年に発掘調査が実施されたが、その結果、祥雲寺客殿の遺構が検出され、日本でも最大規模の壮大な客殿建築であったことがあらためて裏付けられた。

ジャンル
ログインすると情報を追加/編集できます。
最終更新: 2019年06月11日 by ホトカミ運営
作成者: ホトカミ運営

神社寺院のホームページが無料でかんたんに作れる!

アクセス

住所京都市東山区東瓦町964(東大路七条下る)
Googleマップで地図を開く
エリア七条駅
行き方

JR京都駅よりバス10分、東山七条下車 
  市バス206系統、207系統、208系統
・京阪七条駅より徒歩約10分

近くの駅

◼︎京阪本線
七条駅から直線約800m
徒歩約19分
車で約3分
Googleマップで確認



◼︎京阪本線
東福寺駅から直線約880m
徒歩約21分
車で約4分
Googleマップで確認



◼︎JR奈良線
東福寺駅から直線約890m
徒歩約21分
車で約4分
Googleマップで確認



◼︎京阪本線
清水五条駅から直線約1.18km
徒歩約28分
車で約5分
Googleマップで確認



最寄駅ではなく、直線距離で最も近い駅を目安として表示しています。
Googleマップ 等で出発地からのアクセスをご確認ください。
情報提供: HeartRails Express
行きたい投稿する

お参りの記録を投稿しよう!

ホトカミに登録すると、お参りの記録を投稿し、
思い出を整理することができます。

歴史に詳しい必要はありません。
個人の感想や思い出を投稿しましょう!

行きたい神社やお寺を
リストに残そう!

ホトカミに登録すると、
あなたが行きたい神社やお寺を忘れないように、
リストに残すことができます。

すてきを伝える

「ほっこりした。」「なるほど!」「行ってみたいなぁ」
という投稿に出会ったら、「すてき」をクリック!

コメントすることもできます。

楽しみ方をもっと詳しく

ホトカミに登録して、
お参りをもっと楽しみましょう!

初めての方

アカウントをお持ちの方