御朱印・神社お寺の検索サイト楽しみ方
Amazonギフト券があたる!投稿キャンペーン開催中
ネコ大バナー※光明寺ではいただけません

こうみょうじ|天台宗金目山

光明寺

神奈川県 東海大学前駅

投稿する
0463-58-0127

※お問い合わせの際は「ホトカミを見た」と
お伝えいただければ幸いです。

御朱印について
御朱印
あり
限定
-
御朱印帳
-
パーキング
駐車場
-

巡礼

坂東三十三観音
坂東三十三所第七番

おすすめの投稿

vajra.bhairava
2023年01月30日(月)
294投稿

坂東三十三観音第七番、金目観音。
仕事で近くまで来たので立ち寄りさせて頂きました。多くの古仏が安置されてるとのことで、次回はご開帳のタイミングで拝観させて頂きたいです。
「水琴窟」なるものがあり、耳を近付けてみましたら、確かに綺麗な琴の音が聞こえました。

光明寺(神奈川県)

大悲殿

光明寺(神奈川県)

仁王門
立派な金剛力士像です

光明寺(神奈川県)

本堂
本堂奥はガラス張&暗くてよく見えませんでした。ご本尊様は厨子内に納められている様子。

光明寺(神奈川県)光明寺(神奈川県)光明寺(神奈川県)

歓喜堂
歓喜堂なので本尊は歓喜天かと思いますが、厨子は閉じられており、拝観出来ず。

光明寺(神奈川県)

文殊普賢堂
釈迦三尊像が安置されています。

光明寺(神奈川県)

鐘堂

光明寺(神奈川県)

水琴窟

光明寺(神奈川県)
もっと読む
惣一郎
2021年06月24日(木)
1119投稿

光明寺は、神奈川県平塚市にある天台宗の寺院。山号は金目山。本尊は聖観世音菩薩。通称「金目観音」。坂東三十三所観音7番。

寺伝によると、創建は飛鳥時代の702年、現・大磯町の小磯の浜で塩汲みをしていた海女の桶に小さな観音像が入り、のちに道儀上人が堂宇を建てこの像を安置したのが始まり。その30年後、行基が高さ1.7mの観音像を刻み、その胎内に浜の観音像を納めたため「お腹ごもりの観音」と呼ばれるようになり、鎌倉時代には北条政子が源実朝の出産にあたり祈願した。

当寺は、小田急小田原線・東海大学前駅の南東2.5kmの金目川北岸の住宅街の中にある。境内は小ぢんまりしていて、見て廻るエリアは広くはない。コロナ禍にあっても坂東観音霊場はほぼすべてが御朱印は直書き(31寺)だったが、当寺のみ書置きだった(2020年6月時点、日輪寺は未参拝)。

今回は、坂東三十三観音札所であるため参拝することに。参拝時は週末の午後、自分以外にも数組の参拝者が来ていた。

光明寺の山門

金目川の北岸にある境内入口。その奥は<仁王門>。推定16世紀建立、1987年解体修理。

光明寺の山門

仁王門から境内を覗く。仁王像は14世紀ごろの造立と言われ、関東最古の仁王像。

光明寺の建物その他

仁王門には大小さまざまな<わらじ>が掛けられているが、裸足の仁王像にわらじを納めて自分の体を守ってもらう願掛けとのこと。

光明寺の手水

仁王像をくぐってすぐ右側にある<水屋>。

光明寺の本殿

正面に見える<本堂>。室町時代1498年建立、宝形造、柿葺形銅板葺。

光明寺の本殿

<本堂>に懸かる<金目山>の扁額。

光明寺の本殿

<本堂>内部正面。奥に本尊・聖観世音菩薩立像を安置。天上には大提灯と多数の千羽鶴が掛かっている。左手には<お賓頭盧さま(おびんずるさま)>とその左側の<聖徳太子像>。

光明寺の本殿

<本堂>内部右側。珍しいことに<潮大権現>の社殿がある。

光明寺(神奈川県)

本堂の右側にある<歓喜堂(聖天尊)>。大聖歓喜大自在天を祀っている。魔障を除く守護神で、あらゆる願望が叶うと言われる。なお堂内には、七福神も祀られている。

光明寺の末社

歓喜堂の左手に建つ<文殊普賢堂>。文字通り、文殊菩薩と普賢菩薩を祀る。

光明寺の建物その他

文殊普賢堂から見た境内全景。写真右側、仁王門の手前は<鐘楼>。鐘楼の旧銅鐘が観音堂内陣に保管されているが、南北朝時代1352年の作。

光明寺(神奈川県)

文殊普賢堂から見た<本堂>。造形バランスの良い建物。屋根下の梁の赤銅色が美しい。

光明寺の建物その他

水屋の後ろにある<水琴窟>。写真右側に伸びる竹筒に耳を当てて聞く。

光明寺の山門

水琴窟の前を通り、境内東側に向かうと、山門のような門がある。表札には<坂東第七番奉納経所>と書かれている。

光明寺の建物その他

門をくぐると<本師堂>と書かれた扁額のかかる建物。その右側の建物が納経所。御朱印はこちら。(ただし、参拝時はコロナのためセルフ式の書置き)。

光明寺の周辺

境内の南側を流れる<金目川>。

もっと読む
投稿をもっと見る(28件)

光明寺の基本情報

住所神奈川県平塚市南金目896
行き方
アクセスを詳しく見る
名称光明寺
読み方こうみょうじ
御朱印あり

限定御朱印なし
電話番号0463-58-0127
お問い合わせの際は「ホトカミを見た」とお伝えいただければ幸いです。

詳細情報

ご本尊聖観世音
山号金目山
宗旨・宗派天台宗
札所など

坂東三十三所第七番

体験御朱印札所・七福神巡り

Wikipediaからの引用

概要
光明寺(こうみょうじ)は、神奈川県平塚市にある天台宗の寺院。山号は金目山(かなめさん)。本尊は聖観音で、金目観音とも称される。坂東三十三観音第7番札所である。
歴史
歴史[編集] 伝承によれば702年(大宝2年)に海女が海中から観音像を得たという。その後道儀上人が一宇を建立しこの観音像を安置したのが光明寺の始まりという。 中世には源頼朝の帰依を得、寺領も寄進されている。江戸時代には江戸幕府の帰依を得、1697年(元禄10年)に伽藍が復興されている。明治初期には一時衰退したが、近年復興された。
アクセス
交通[編集] 小田急小田原線秦野駅から神奈川中央交通バスで金目駅下車、徒歩2分 [平71][平74]平塚駅北口行
引用元情報光明寺 (平塚市)」『ウィキペディア日本語版』。
この版のURL:https://ja.wikipedia.org/w/index.php?%E5%85%89%E6%98%8E%E5%AF%BA%20%28%E5%B9%B3%E5%A1%9A%E5%B8%82%29&oldid=92922122

この寺院の僧侶様へ

公式アカウント(無料)にご登録いただくと、

ご自身の寺院の情報を編集することができます。

無料登録して、参拝者が必要な情報を直接伝えてみませんか?

詳しくはこちら

最新の限定御朱印情報が届く!
御朱印メルマガを受け取ろう

利用開始をもって利用規約プライバシーポリシー
同意したものとみなします。

※購読はいつでも解除できます。

This site is protected by reCAPTCHA and the Google
Privacy Policy andTerms of Service apply.

行きたい
投稿する
お問い合わせ
四天王寺聖徳太子1400年限定御朱印小バナー2023年2月