御朱印・神社お寺の検索サイト楽しみ方

えがらてんじんしゃ

荏柄天神社の御由緒・歴史

神奈川県 鎌倉駅

投稿する
0467-25-1772

※お問い合わせの際は「ホトカミを見た」と
お伝えいただければ幸いです。

ご祭神《主》菅原道真、
《合》八雲大神,
創建時代伝・長治元年(1104年)の縁起。/ 伝・治承4年(1180年)源頼朝による再建再興
ご由緒

< 公式HPより引用 _ http://www.tenjinsha.com/gosaijin.html >

長治元年(1104年)晴天の空が突如暗くなり、雷雨とともに黒い束帯姿の天神画像が天降り、
神験をおそれた里人等が社殿を建ててその画像を納め祀った縁起に始まります。
関東を中心に各地に分社をもち、
福岡の太宰府天満宮、京都の北野天満宮と共に三古天神社と称される古来の名社です。

古くは荏柄山天満宮とも称されました。
荏柄の社号は、
天平7年(735年)の『相模国封戸租交易帳』などに見える「荏草郷」の”えがや”が
後に転じて”えがら”となり、「荏柄」と表記されたものと考えられています。

治承4年(1180年)鎌倉大蔵の地に幕府を開いた源頼朝公は幕府の鬼門に位置する当社を崇敬し、
更めて社殿を造立されました。
以後、歴代の将軍家を始め、鎌倉幕府の尊社として篤く崇敬され、
「吾妻鏡」には二代将軍頼家が大江広元を奉幣使として菅公300年忌を盛大に執行された事など、
社名がしばしば記されております。

この様に中世より特に崇敬された当社は、
足利、北条、豊臣、徳川の各氏によっても守られ、さまざまな寄進を受けて近世にいたりました。
現在では学問の神、正直者、努力を重ねるものを助ける神として年間多くの方々が参拝され、
社殿はいつも「祈願」「お礼」の絵馬で覆われています。

歴史
概略[編集] 社伝によれば、長治元年(1104年)、菅原道真を勧請し創立されたと伝わり、古くは荏柄山天満宮とも称される[1]。創祀については、社蔵の江戸時代の書「相州鎌倉荏柄山天満宮略縁起」によると、長治元年(1104年)8月25日に、空が突如暗くなり雷雨と共に黒い束帯姿の天神画像が天降り、里人がこの神験をおそれ降臨の地に社殿を建て、その画像を納め崇拝し、銀杏の木を植え神木としたとあり、境内には今も大銀杏がある[1]。天保12年(1841年)の『新編相模国風土記稿』には、鎌倉幕府の鬼門鎮護のために祀られたとの社伝が記されている[2]。社号の「荏柄」は、正倉院文書の天平7年(735年)の『...Wikipediaで続きを読む
引用元情報荏柄天神社」『ウィキペディア日本語版』。
この版のURL:https://ja.wikipedia.org/w/index.php?%E8%8D%8F%E6%9F%84%E5%A4%A9%E7%A5%9E%E7%A4%BE&oldid=92182828

歴史の写真一覧

行きたい
投稿する
お問い合わせ

最新の限定御朱印情報が届く!
御朱印メルマガを受け取ろう

利用開始をもって利用規約プライバシーポリシー
同意したものとみなします。

※購読はいつでも解除できます。

This site is protected by reCAPTCHA and the Google
Privacy Policy andTerms of Service apply.