御朱印・神社お寺の検索サイト楽しみ方
ホトカミを続けていくために、
あなたのサポートが必要です〈特典あり〉
四天王寺聖徳太子1400年限定御朱印大バナー2024年4月
清涼山覚永寺ではいただけません
広告

浄土真宗本願寺派

清涼山覚永寺
神奈川県 たまプラーザ駅

御朱印について
御朱印
なし
パーキング
駐車場
-

おすすめの投稿

みすまるますみ
2017年09月20日(水)
179投稿

とにかく不思議な見かけをしたお堂のお寺さん。

清涼山覚永寺の建物その他

明かりはついているものの、入り方が分からず。門徒さんでないとダメかもしれませんね。

清涼山覚永寺の建物その他
清涼山覚永寺の建物その他

大通りから来ると途中で通る、平川の大灯籠。

もっと読む
投稿をもっと見る(1件)
名称清涼山覚永寺
電話番号045-901-0570
お問い合わせの際は「ホトカミを見た」とお伝えいただければ幸いです。
ホームページhttps://kakueiji.wixsite.com/kakueiji/
SNS

詳細情報

宗旨・宗派浄土真宗本願寺派
ご由緒

 覚永寺が現在の地に移ってきたのは昭和42年であり、もともとは東京都港区赤坂7丁目、ちょうどTBSの裏にありました。覚永寺創建の歴史はとても古く、文禄3年(1594)に、釋専念が武州赤坂一ツ木村に建立したことから始まったと記録にあります。釋専念は俗名を井伊兵庫直重といい、武士でありました。織田信長と本願寺の戦いである石山合戦に、はるばる大阪まで出向いて、本願寺に味方し、戦後、本願寺門主より専念の法名と寺を開く許しを得たそうです。帰国の後、庵室に安置してあった阿弥陀如来を本尊に、覚永寺を建立。その後、寛永12年(1635)に江戸城の堀の拡張工事のため赤坂7丁目に移転しました。
 今に至る400年以上の歴史の中、明暦の大火でも焼けず、安政の大地震、関東大地震も被災せずくぐり抜けてきましたが、昭和20年の空襲で、本堂や庫裏、古文書などのほとんどが焼失。しかし、本尊の阿弥陀如来と蓮如上人絵像、聖徳太子絵像、七高僧絵像だけは焼失を免れ、今も尚、現在の本堂に安置されています。

この寺院の僧侶様へ

公式アカウント(無料)にご登録いただくと、

ご自身の寺院の情報を編集することができます。

無料登録して、参拝者が必要な情報を直接伝えてみませんか?

詳しくはこちら

最新の限定御朱印情報が届く!
御朱印メルマガを受け取ろう

利用開始をもって利用規約プライバシーポリシー
同意したものとみなします。

※購読はいつでも解除できます。

This site is protected by reCAPTCHA and the Google
Privacy Policy andTerms of Service apply.

御朱印背景
行きたい
投稿する
お問い合わせ
ホトカミを続けるために、あなたのサポートが必要です。

ホトカミで困ったこと、不具合のご報告はこちらから

お問い合わせ