参拝者と神社お寺でつくる参拝記録共有サイト楽しみ方

むらとみじんじゃ

村富神社の歴史神奈川県 谷峨駅

村富神社の歴史情報

詳細情報

Wikipediaからの引用

歴史
寛文年間(1661年〜1672年)に相模屋助右衛門が新田開発祈願のために稲荷神社として創建される。 1673年(延宝元年)相模屋助右衛門によって上矢部新田村開村 1806年(文化3年)相模原市指定有形民俗文化財である、獅子頭3体(剣獅子・玉獅子・巻獅子)が制作される。 1866年(慶応2年)伏見稲荷大社から勧請する。 1873年(明治6年)村社に列せられる。 1952年(昭和27年)村富稲荷から村富神社に改称。
引用元情報村富神社」『ウィキペディア日本語版』。
この版のURL:https://ja.wikipedia.org/w/index.php?%E6%9D%91%E5%AF%8C%E7%A5%9E%E7%A4%BE&oldid=84586604

歴史の写真一覧

ホトカミを応援してくださっている皆様

特別スポンサー

何かお気づきの点はありますか?
東京メトロ御朱印めぐり2021小バナー