御朱印・神社お寺の検索サイト楽しみ方
ホトカミを続けていくために、
あなたのサポートが必要です〈特典あり〉
四天王寺聖徳太子1400年限定御朱印大バナー2024年6月
山王神社ではいただけません
広告

歴史

明応4年(1495)2月、北條早雲は小田原城主大森藤頼を破り、小田原城を手中に治め相模国を平定した。
その頃の山王神社は北條家の郭内で、山王曲輪と称された。しかし海の荒れがひどくその地が崩潰してしまい、慶長18年(1613)9月18日に現在の地へ移った。
旧社地には星月夜ノ井戸があり、その為星月夜の社とも称された。その井戸も移され現在の地にあります。天正18年の小田原の陣の時、徳川家康は日々当社を参詣し、また旧領主大久保氏の祈願所となり、元禄中再建の用材には領主永世寄進の証状があったという。
寛永元年(1624)4月4日、江戸初期の朱子学者林羅山は山王神社境内にて星月夜の歌を詠んだ。その歌にもあるように、当時の山王神社は星月夜ノ社と言われ、小田原の名所であった。井戸を再現し、地底より湧き出る水面に浮かぶ大空の星影が映る姿はとても神秘的であった。
この歴史ある社と共に、星月夜ノ井戸を史跡として長く後世に伝える。

歴史をもっと見る|
1
名称山王神社
読み方さんのうじんじゃ
通称山王さん、

詳細情報

ご祭神《主》大山咋命,大山祇命,少彦名命
ご由緒

明応4年(1495)2月、北條早雲は小田原城主大森藤頼を破り、小田原城を手中に治め相模国を平定した。
その頃の山王神社は北條家の郭内で、山王曲輪と称された。しかし海の荒れがひどくその地が崩潰してしまい、慶長18年(1613)9月18日に現在の地へ移った。
旧社地には星月夜ノ井戸があり、その為星月夜の社とも称された。その井戸も移され現在の地にあります。天正18年の小田原の陣の時、徳川家康は日々当社を参詣し、また旧領主大久保氏の祈願所となり、元禄中再建の用材には領主永世寄進の証状があったという。
寛永元年(1624)4月4日、江戸初期の朱子学者林羅山は山王神社境内にて星月夜の歌を詠んだ。その歌にもあるように、当時の山王神社は星月夜ノ社と言われ、小田原の名所であった。井戸を再現し、地底より湧き出る水面に浮かぶ大空の星影が映る姿はとても神秘的であった。
この歴史ある社と共に、星月夜ノ井戸を史跡として長く後世に伝える。

この神社の神主様へ

公式アカウント(無料)にご登録いただくと、

ご自身の神社の情報を編集することができます。

無料登録して、参拝者が必要な情報を直接伝えてみませんか?

詳しくはこちら

最新の限定御朱印情報が届く!
御朱印メルマガを受け取ろう

利用開始をもって利用規約プライバシーポリシー
同意したものとみなします。

※購読はいつでも解除できます。

This site is protected by reCAPTCHA and the Google
Privacy Policy andTerms of Service apply.

御朱印背景
行きたい
投稿する
お問い合わせ
ホトカミを続けるために、あなたのサポートが必要です。

ホトカミで困ったこと、不具合のご報告はこちらから

お問い合わせ