御朱印・神社お寺の検索サイト楽しみ方
ネコ大バナー※星谷寺ではいただけません

しょうこくじ|真言宗大覚寺派妙法山

星谷寺

神奈川県 座間駅

投稿する
046-251-2266

※お問い合わせの際は「ホトカミを見た」と
お伝えいただければ幸いです。

御朱印について
御朱印
あり
限定
-
御朱印帳
-
パーキング
駐車場
あり

あり

巡礼

坂東三十三観音
聖観世音菩薩 _
坂東三十三所第八番

ご利益

おすすめの投稿

空神
2022年09月23日(金)
11投稿

直書きの御朱印です。

星谷寺の御朱印

訪問時のショート動画です。よろしければご覧下さい
https://youtu.be/xv1evCHV-PI

もっと読む
惣一郎
2021年06月25日(金)
1055投稿

星谷寺(しょうこくじ)は、神奈川県座間市にある真言宗大覚寺派の寺院。山号は妙法山。本尊は聖観世音菩薩。通称「星の谷観音」。坂東三十三所観音8番。

寺伝によると、創建は奈良時代の天平年間(729年~749年)、行基が「見不知森(みしらぬもり)」で法華経を読む声を聞き、声のする古木の根元に観音像があったため、堂宇を建て観音像を安置した。鎌倉時代になり兵火で観音堂が全焼したが、その際観音像が火中から飛び出し、とどまった場所に現在の観音堂を建立したとのこと。

当寺は、小田急小田原線・座間駅の北方0.5kmの住宅街にある。当寺の目の前(南側)は交通量の多い大通り(県道42号線)。境内は小ぢんまりしていて、見て廻るエリアは広くはない。境内散策の指針として<星谷寺の七不思議>という看板が本堂前に立っていて、これが意外と良い演出。七つを見付けて廻るのが楽しかったりする。

今回は、坂東三十三観音札所であるため参拝することに。参拝時は週末の夕方で、自分以外には参拝者はいなかった。

星谷寺の像

寺院入口。両サイドに仁王像がむき出しで立っていて、門や塀はない。公園みたいな広々とした印象。(写真手前は大通りに面した駐車場。)後ろの巨木は、手前が<槙>で奥が<銀杏>。

星谷寺(神奈川県)

左の<阿形仁王像>の後ろにある<鐘楼>。現代的なイメージ。この鐘楼にある梵鐘は、鐘を撞く際の撞座が一カ所のみ(普通は二カ所)の珍しい鐘で、江戸期には「奇鐘」と呼ばれた(星の谷観音七不思議①)。鎌倉時代の1227年の鋳造で、関東以北では2番目(全国では50番目)に古い梵鐘。国指定の重要文化財。

星谷寺の像

参道右側の<修行僧弘法大師>。よく見慣れた笠をかぶった像(本日朝一で言った勝福寺の弘法大師像が笠を脱いでいたので...)。

星谷寺の自然

参道右側の<咲き分けの散り椿>。星の谷観音七不思議⑤。一本の椿から5通りの花が咲き、花弁が一枚ずつ分かれて落ちることから。

星谷寺の建物その他

参道を進んでも、銀杏の巨木で本堂がよく見えない。極太の幹が魅力的。

星谷寺の本殿

大銀杏の葉のトンネルを抜けると<本堂(観音堂)>が見えてくる。

星谷寺の手水

本堂手前右側に<水屋>。

星谷寺(神奈川県)

水屋の後ろに<宝篋印塔>。

星谷寺の本殿

<本堂>全景。五間四面、銅板葺。

星谷寺(神奈川県)

<本堂>正面。<星谷寺>と縦書きの扁額。

星谷寺の本殿

<本堂>内部正面。奥に聖観音菩薩像を安置。欄間に色鮮やかな彫刻が3点、木像は左側にお賓頭盧さま、右側に大黒さま。

星谷寺の本殿

<本堂>内部右手にある樹木(写真右側)は、<根下りの紅葉の老木>で、星の谷観音七不思議②。幹が乳房のようになっていることから。

星谷寺(神奈川県)

本堂の左側に建つ、近代的な<納経所>。御姿、白衣、納経帳(御朱印)、お軸、お守りは、ラーメン屋と同じ券売機で支払う。

星谷寺の本殿

<本堂>左方向に進むと<庫裡>がある。<妙法山>の扁額が掛かっている。当日は法事が行われていた。

星谷寺の建物その他

庫裡のさらに奥にある<星の井戸>。星の谷観音七不思議⑦。昼でも星が見えることから。この奥は墓地になるので、ここで引き返す。

星谷寺の本殿

最後にもう一度<本堂>。
星の谷観音七不思議は他に、③観音草(別名田村麻呂草、中風に効く薬草)、⑥楠の化石、⑦不断開化の桜(開花期が不安定という意味らしい)がある。

もっと読む
投稿をもっと見る(40件)

星谷寺の基本情報

住所神奈川県座間市入谷3-3583
行き方
アクセスを詳しく見る
名称星谷寺
読み方しょうこくじ
御朱印あり

限定御朱印なし
電話番号046-251-2266
お問い合わせの際は「ホトカミを見た」とお伝えいただければ幸いです。
ホームページhttp://www.shoukokuji.or.jp

詳細情報

ご本尊虚空蔵菩薩
山号妙法山
院号持宝院
宗旨・宗派真言宗大覚寺派
札所など

聖観世音菩薩 _ 坂東三十三所第八番

体験御朱印

Wikipediaからの引用

概要
星谷寺(しょうこくじ・ほしやでら)は、神奈川県座間市入谷西にある真言宗大覚寺派の寺院。山号は妙法山。院号は持宝院。本尊は聖観音で坂東三十三観音第8番札所である。星の谷観音とも称される。
歴史
歴史[編集] この寺は、もとは寺の北東にある山頂(現在の座間谷戸山公園・伝説の丘)にあった観音堂の別当寺として建立されたもので、観音堂とともに行基によって創建されたと伝えられる。観音堂は鎌倉時代に焼失し、現在地に移されたと伝えられる。江戸時代には、江戸幕府から朱印状を与えられていた。この寺には、古くから「星谷寺の七不思議」(銅鐘・星の井・楠の化石・咲き分け散りの椿・観音草・根不断開花の桜・下りの紅葉)の言い伝えがある。
アクセス
交通[編集] 小田急小田原線座間駅より徒歩5分
引用元情報星谷寺」『ウィキペディア日本語版』。
この版のURL:https://ja.wikipedia.org/w/index.php?%E6%98%9F%E8%B0%B7%E5%AF%BA&oldid=91642088

この寺院の僧侶様へ

公式アカウント(無料)にご登録いただくと、

ご自身の寺院の情報を編集することができます。

無料登録して、参拝者が必要な情報を直接伝えてみませんか?

詳しくはこちら

最新の限定御朱印情報が届く!
御朱印メルマガを受け取ろう

利用開始をもって利用規約プライバシーポリシー
同意したものとみなします。

※購読はいつでも解除できます。

This site is protected by reCAPTCHA and the Google
Privacy Policy andTerms of Service apply.

行きたい
投稿する
お問い合わせ
四天王寺聖徳太子1400年限定御朱印小バナー2022年12月