御朱印・神社お寺の検索サイト楽しみ方
ホトカミを続けていくために、
あなたのサポートが必要です〈特典あり〉
四天王寺聖徳太子1400年限定御朱印大バナー2024年3月
松原神社ではいただけません
広告

まつばらじんじゃ

松原神社
鹿児島県 市立病院前駅

御朱印について
御朱印
あり
限定
-
御朱印帳
-
パーキング
駐車場
あり

有り

おすすめの投稿

惣一郎
2023年03月29日(水)
1269投稿

【薩摩國 古社巡り】

松原神社(まつばら~)は、鹿児島県鹿児島市松原町にある神社。旧社格は県社。祭神は靖國崇勲彦命(島津氏15代当主・島津隆久公)、相殿神は天之御中主神、高御産巣日神、神産巣日神、天照皇大神、豊受大明神、平田純貞。

戦国時代の1567年、島津氏の中興の祖である祭神により福昌寺の末寺として建立された松原山南林寺を前身とする。祭神歿後はその跡を継いだ島津義久によって菩提寺と定められ、以後歴代の薩摩藩主から篤い保護を受けた。明治に入り廃仏毀釈の煽りを受け廃寺。跡地に南林寺の山号に因んで当社が創祀され郷社に列し、のち祭神歿後350年にあたる1920年に県社に昇格した。

当社は、鹿児島市電第一期線・新屋敷駅の北東500mの市街地の真ん中にある。周りはNTTの大きなビルや病院の建物、マンションに囲まれている。境内はもともと広かったようだが、見える範囲の半分ぐらいが当社駐車場、時間がし駐車場になっているので、残りの土地に目一杯大きな社殿が建っている形の都会型神社。L字の参道突き当りがコンクリ造りの大社殿で、至る所で薩摩藩主・島津家の家紋を見付けることができる。

今回は、鹿児島県の旧県社であることから参拝することに。参拝時は休日の昼ごろで、自分たち以外にもぱらぱらと参拝客が訪れていた。

松原神社(鹿児島県)

境内北西入口の<狛犬>と<社号標>。

松原神社(鹿児島県)

入口左側の<狛犬>。かなり個性的な造形。

松原神社(鹿児島県)

入口右側の<狛犬>。

松原神社(鹿児島県)

社殿は参道の突き当りではなく、突き当りを右に曲がった方向にあるみたい。

松原神社(鹿児島県)

参道左側の<斉彬公鬢塚>。

松原神社(鹿児島県)

参道の突き当りにある<稲荷神社>。本社拝殿に向かって建っている。

松原神社(鹿児島県)

参道が右に90度曲がったところにある<鳥居>。

松原神社(鹿児島県)

鳥居をくぐって左側にある<恵方社>。

松原神社(鹿児島県)

<恵方社>の社殿。

松原神社(鹿児島県)

社殿周りの瑞垣手前、左側にある<狛犬>。

松原神社(鹿児島県)

右側にある<狛犬>。

松原神社(鹿児島県)

右側の狛犬近くにある<皇族御手植碑>。

松原神社(鹿児島県)

階段を登って<拝殿>全景。

松原神社の手水

階段を登って右手にある<手水舎>。

松原神社の本殿

<拝殿>正面。

松原神社(鹿児島県)

拝殿から振り返って境内全景。(後ろに見える大きなビルはNTT。)

松原神社(鹿児島県)

拝殿に向かって左後ろにある<授与所>。御朱印はこちら。

松原神社(鹿児島県)

授与所の裏手、瑞垣の外側にある<市場神社>。

松原神社の本殿

拝殿後ろの<本殿>。土台を含め、コンクリ造りの堅牢な造り。

松原神社(鹿児島県)

最後に授与所から見た<拝殿>の眺め。市街地にあって大きく立派。(^▽^)/

もっと読む
投稿をもっと見る(8件)

歴史

ご由緒
松原神社のご祭神は、島津家中興の祖と称えられる島津貴久公です。

また、相殿にはこの世のはじめに現れて万物の生成発展を司られた「造化の三神」と、伊勢の内宮の天照大御神、外宮の豊受大神をおまつりしています。

貴久公は、乱世の戦国時代にあって、父子三代にわたり領内平定に苦心し、領民の平穏な暮らしを築かれたご事跡から世の人々の幸福を増し進める生活の守護神、心願成就・厄除けの神と崇められ、また当社を中心にして南九州随一の繁華街、天文館が開けたことから商売繁昌の神としても今日に至るまで広く信仰をあつめています。

歴史をもっと見る|
2

松原神社の基本情報

住所鹿児島県鹿児島市松原町3-35
行き方

市電「天文館通」電停より徒歩7分

アクセスを詳しく見る
名称松原神社
読み方まつばらじんじゃ
御朱印あり

限定御朱印なし
電話番号099-222-0343
お問い合わせの際は「ホトカミを見た」とお伝えいただければ幸いです。
ホームページhttp://matsubarajinja.com/
SNS

詳細情報

ご祭神《主》島津貴久公《相》天之御中主神・高御産巣日神・神産巣日神・天照皇大神・豊受大明神・平田純貞
ご由緒

ご由緒
松原神社のご祭神は、島津家中興の祖と称えられる島津貴久公です。

また、相殿にはこの世のはじめに現れて万物の生成発展を司られた「造化の三神」と、伊勢の内宮の天照大御神、外宮の豊受大神をおまつりしています。

貴久公は、乱世の戦国時代にあって、父子三代にわたり領内平定に苦心し、領民の平穏な暮らしを築かれたご事跡から世の人々の幸福を増し進める生活の守護神、心願成就・厄除けの神と崇められ、また当社を中心にして南九州随一の繁華街、天文館が開けたことから商売繁昌の神としても今日に至るまで広く信仰をあつめています。

この神社の神主様へ

公式アカウント(無料)にご登録いただくと、

ご自身の神社の情報を編集することができます。

無料登録して、参拝者が必要な情報を直接伝えてみませんか?

詳しくはこちら

最新の限定御朱印情報が届く!
御朱印メルマガを受け取ろう

利用開始をもって利用規約プライバシーポリシー
同意したものとみなします。

※購読はいつでも解除できます。

This site is protected by reCAPTCHA and the Google
Privacy Policy andTerms of Service apply.

御朱印背景
行きたい
投稿する
お問い合わせ
ホトカミを続けるために、あなたのサポートが必要です。

ホトカミで困ったこと、不具合のご報告はこちらから

お問い合わせ