御朱印・神社お寺の検索サイト楽しみ方
ホトカミを続けていくために、
あなたのサポートが必要です〈特典あり〉
四天王寺聖徳太子1400年限定御朱印大バナー2024年4月
出釋迦寺ではいただけません
広告

しゅっしゃかじ|真言宗御室派我拝師山(がばいしざん)

出釋迦寺
香川県 善通寺駅

御朱印について
御朱印
あり
限定
-
御朱印帳
-
パーキング
駐車場
あり

山門に上がる参道手前 普通車30台、大型車5台(無料)

巡礼

その他の巡礼の情報

四国八十八箇所73番
七ヶ所まいり・恵比寿

おすすめの投稿

to_sun
2023年06月11日(日)
172投稿

【我拝師山(がはいしざん) 求聞持院(ぐもんじいん )出釈迦寺(しゅっしゃかじ)】
本尊:釈迦如来
宗派:真言宗御室派
開基:弘法大師
 出釈迦寺の開基には、弘法大師(774-835)の幼少期の数ある伝説のひとつ「捨身ヶ嶽」縁起にゆかりがある。大師は、成人になって幼少期の願いが成就された思い出の霊験の山に再度登り、釈迦如来が現われた山を「我拝師山」と名づけ、その山に出釈迦寺を建立し、釈迦如来の尊像を刻んで本尊としたという。この場所は「捨身ヶ嶽禅定」といわれ元は札所だったが、今は出釈迦寺の奥之院となっている。弘法大師が「虚空蔵求聞持法」を修めたことから院号は「求聞持院」としている。(虚空蔵求聞持法:虚空蔵菩薩の真言「のうぼう あきゃしゃ きゃらばや おん ありきゃ まりぼり そわか」を1日1万回ずつ100日かけて100万回唱えるという修行法)

出釋迦寺(香川県)

【73_修行大師像】

出釋迦寺(香川県)

【73_捨身ヶ嶽】
 「捨身ヶ嶽」は、弘法大師が7歳の時「願いが叶うなら釈迦如来よ、姿を現したまえ」と、断崖絶壁から身を投げた場所。その時、釈迦如来と天女が舞い降り、紫雲の中で大師を抱きとめたとされる。(四国霊場開創1200年記念絵はがき)

出釋迦寺(香川県)

【73_捨身ヶ嶽(しゃしんがだけ)】
 山門をくぐると、大師が身を投げた逸話が描かれた絵がある。

出釋迦寺の本殿

【73_本堂】

出釋迦寺の建物その他

【73_大師堂】

出釋迦寺(香川県)

【73_山門】

出釋迦寺(香川県)

【73_龍の手水舎】

出釋迦寺(香川県)

【73_求聞持大師】

出釋迦寺(香川県)

【73_幸福の鐘】
 奥之院の鐘は、「天空の鐘」と呼ばれている。

出釋迦寺(香川県)

【73_捨身ヶ嶽遥拝所】
 捨身ヶ嶽禅定まで登れなくても、ここでご念仏を唱え、祈願すれば同じぐらいのご利益があるといわれる。
 

出釋迦寺(香川県)

【73_捨身ヶ嶽禅定 入口(出釈迦寺奥之院)】

出釋迦寺(香川県)

【73_御神木ひのき(出釈迦寺奥之院)】
 捨身ヶ嶽禅定の参道(世坂(よさか))の途中にある。

出釋迦寺(香川県)

【73_柳の水(出釈迦寺奥之院)】
 弘法大師加持水。捨身ヶ嶽禅定の参道(世坂(よさか))の途中にある。

出釋迦寺(香川県)

【73_山門(出釈迦寺奥之院)】

出釋迦寺(香川県)

【73_根本御堂(ねもとみどう)(出釈迦寺奥之院)】

出釋迦寺(香川県)

【73_天空の鐘(出釈迦寺奥之院)】

出釋迦寺(香川県)

【73_釈迦如来(出釈迦寺奥之院)】

出釋迦寺(香川県)

【73_御行場入口(出釈迦寺奥之院)】
 根本御堂の右下の通路をくぐる。

出釋迦寺(香川県)

【73_岩倉大師(出釈迦寺奥之院)】
 根本御堂の裏には小さな洞窟があり岩倉大師が祀られている。

出釋迦寺(香川県)

【73_行場の崖(出釈迦寺奥之院)】
 根本御堂の裏からみた行場。

出釋迦寺(香川県)

【73_行場の鎖(出釈迦寺奥之院)】

出釋迦寺(香川県)

【73_稚児大師石像(出釈迦寺奥之院)】
 鎖場を越え岩場を約100m登ると稚児大師石像がある。

出釋迦寺(香川県)

【73_捨身誓願之聖地(出釈迦寺奥之院)】

出釋迦寺の景色

【73_捨身ヶ嶽禅定参道からの眺め(出釈迦寺奥之院)】

出釋迦寺(香川県)

【73_七段花(しちだんか)(出釈迦寺奥之院)】
 七段花は江戸時代に来日したオランダ人の医師シーボルトが「日本植物誌」で紹介して以来、日本人の誰もがその実物を見たものがなく「幻の花」と呼ばれて長い間探し続けられていた。1959(昭和34)年、約130年ぶりに六甲山(神戸)で見つかり「神戸市立森林植物園」などが栽培を続けている。捨身ヶ嶽禅定の参道に植栽されている。

出釋迦寺の御朱印
もっと読む
投稿をもっと見る(24件)

歴史

出釋迦寺の開基には、弘法大師幼少期の数ある伝説のひとつ「捨身ヶ嶽」縁起にゆかりがあります。それは、弘法大師が“真魚”と呼ばれていた7歳の時。我拝師山に登り「私は将来仏門に入り、仏の教えを広めて多くの人を救いたい。私の願いが叶うなら釈迦如来よ、姿を現したまえ。もし叶わぬのなら一命を捨ててこの身を諸仏に捧げる」と、断崖絶壁から身を投じました。すると、紫色の雲が湧き、釈迦如来と羽衣をまとった天女が舞い降り、雲の中で弘法大師を抱きとめました。命を救われ、願いが叶うことを示された弘法大師は、青年になって我拝師山の山頂で刻んで安置し、堂宇を建てたといいます。
この場所は「捨身ヶ嶽禅定」といわれ元は札所でしたが、今は寺の奥の院となり、境内から急坂を50分ほど上がった場所にあります。弘法大師が虚空蔵菩薩の真言を100万回唱える「求聞持法」を修めたことから「求聞持院」という院号がつきました。ここで拝むとすばらしい記憶力が得られ、学業成就や物忘れにご利益があるといわれています。
また、弘法大師が身を投じた場所は、ここからさらに50mほど登った場所にあります。下を見れば足のすくむような深い谷底ですが、眼下には讃岐平野や瀬戸内海を一望できる絶景が広がります。

歴史をもっと見る|
3

出釋迦寺の基本情報

住所香川県善通寺市吉原町1091
行き方

72【曼荼羅寺】より
(自家用車)約1分 約0.5km
(徒歩)約5分 約0.4km
74【甲山寺】より
(自家用車)約5分 約2km
(徒歩)約35分 約2.5km

アクセスを詳しく見る
名称出釋迦寺
読み方しゅっしゃかじ
参拝時間

7:00~17:00

御朱印あり

限定御朱印なし
電話番号0877-63-0073
お問い合わせの際は「ホトカミを見た」とお伝えいただければ幸いです。

巡礼の詳細情報

四国八十八ヶ所霊場(お遍路)

第73番

御真言:

のうまく さんまんだ ぼだなん ばく

御詠歌:

迷いぬる 六道衆生 救わんと 尊き山に 出ずる釈迦寺

詳細情報

ご本尊釈迦如来
山号我拝師山(がばいしざん)
院号求聞持院(ぐもんじいん)
宗旨・宗派真言宗御室派
創建時代奈良後期〜平安時代前期
開山・開基弘法大師
文化財

木造不動明王立像、禅定石造層塔(善通寺市指定有形文化財)

ご由緒

出釋迦寺の開基には、弘法大師幼少期の数ある伝説のひとつ「捨身ヶ嶽」縁起にゆかりがあります。それは、弘法大師が“真魚”と呼ばれていた7歳の時。我拝師山に登り「私は将来仏門に入り、仏の教えを広めて多くの人を救いたい。私の願いが叶うなら釈迦如来よ、姿を現したまえ。もし叶わぬのなら一命を捨ててこの身を諸仏に捧げる」と、断崖絶壁から身を投じました。すると、紫色の雲が湧き、釈迦如来と羽衣をまとった天女が舞い降り、雲の中で弘法大師を抱きとめました。命を救われ、願いが叶うことを示された弘法大師は、青年になって我拝師山の山頂で刻んで安置し、堂宇を建てたといいます。
この場所は「捨身ヶ嶽禅定」といわれ元は札所でしたが、今は寺の奥の院となり、境内から急坂を50分ほど上がった場所にあります。弘法大師が虚空蔵菩薩の真言を100万回唱える「求聞持法」を修めたことから「求聞持院」という院号がつきました。ここで拝むとすばらしい記憶力が得られ、学業成就や物忘れにご利益があるといわれています。
また、弘法大師が身を投じた場所は、ここからさらに50mほど登った場所にあります。下を見れば足のすくむような深い谷底ですが、眼下には讃岐平野や瀬戸内海を一望できる絶景が広がります。

体験御朱印札所・七福神巡り

この寺院の僧侶様へ

公式アカウント(無料)にご登録いただくと、

ご自身の寺院の情報を編集することができます。

無料登録して、参拝者が必要な情報を直接伝えてみませんか?

詳しくはこちら

最新の限定御朱印情報が届く!
御朱印メルマガを受け取ろう

利用開始をもって利用規約プライバシーポリシー
同意したものとみなします。

※購読はいつでも解除できます。

This site is protected by reCAPTCHA and the Google
Privacy Policy andTerms of Service apply.

御朱印背景
行きたい
投稿する
お問い合わせ
ホトカミを続けるために、あなたのサポートが必要です。

ホトカミで困ったこと、不具合のご報告はこちらから

お問い合わせ