御朱印・神社お寺の検索サイト楽しみ方

こくぶはちまんぐう

國分八幡宮

公式香川県 国分駅

終日、参拝可能。
御朱印対応日時は、神社ホームページ内の御朱印カレンダーを参照。
授与所も御朱印対応日のみ可能。(正月時期は除く)

投稿する
087-874-7430

※お問い合わせの際は「ホトカミを見た」と
お伝えいただければ幸いです。

現在の御朱印・御朱印帳

6月限定御朱印

800円
2ページ(両開き) 期間:6/1~6/30

「父の日」御朱印となります。
印刷ではございません。
御朱印帳に直書き致しますが、対応日により書置きとなります。

「いちこちゃんシリーズ」6月版

500円
片面 期間:6/1~6/30

今年の4月からスタートした「いちこちゃんシリーズ」の月替わり御朱印です。
6月のテーマは【梅雨】
印刷ではございません。
御朱印帳に直書き致しますが、対応日により書置きとなります。

「夏詣」

500円
片面 期間:6/1~

國分八幡宮四季詣の内の「夏詣」の限定御朱印です。
夏詣期間中の頒布を予定しています。
印刷ではございません。
御朱印帳に直書き致しますが、対応日により書置きとなります。

御朱印をもっと見る|
19

最新のお知らせ

七月~八月の御朱印のお知らせ

七月から八月にかけての御朱印です!
詳細につきましては、神社HPをご覧願います。
郵送受付は、神社HP内の郵送受付フォームから、お申し込み願います。

國分八幡宮(香川県)

【夏越しの大祓】両面

國分八幡宮(香川県)

【夏越しの大祓】片面

國分八幡宮(香川県)

【七月限定いちこちゃんシリーズ】
いちこちゃん、鎮守の杜にお出かけ

國分八幡宮(香川県)

【七夕御朱印】両面

國分八幡宮(香川県)

【夏詣】食べ物シリーズ

國分八幡宮(香川県)

【夏詣】朱雀

「6月限定御朱印」「夏詣限定御朱印」のお知らせ

6月1日より頒布開始となります。
詳細は、神社ホームページ内の御朱印のページを参照願います。

國分八幡宮(香川県)

「父の日」御朱印

國分八幡宮(香川県)

「いちこちゃんシリーズ」6月版御朱印

國分八幡宮の御朱印

「夏詣」限定御朱印

お知らせをもっと見る(7件)
氏子以外の参拝
氏子以外の参拝
あり
歓迎
御朱印について
御朱印
あり

通年の御朱印の他に
月替わり限定御朱印・季節限定御朱印・境内社御朱印・神社キャラクターの御朱印有り

限定
あり
御朱印帳にお書き入れ
あり

日程により、直書き・書置きの内容が異なります。
詳細は、神社ホームページ内の御朱印対応カレンダーをご覧ください。
http://kokubuhatimangu.com/gosyuin-5.html

郵送対応
あり

◆神社ホームページ内の郵送受付フォームをご利用ください。
https://pro.form-mailer.jp/fms/26b9afcf218090

御朱印帳
あり
パーキング
駐車場
あり

第1駐車場(神社併設)約15台。
第2駐車場(神社裏参道上り口)約10台、神社まで約200メートル。
※普段は第1駐車場まで上がれます。

ご利益

國分八幡宮について

片田舎の神社でございますが、お陰様で多くの皆様方にご参拝をいただいています。
本殿真裏の磐座(いわくら)は、最近、最強のパワースポットとして人気があります。
県道から神社までの市道は、道幅が狭いため、御来社の折には十分にお気をつけください。

神主より

遠近を問わず、ご参拝いただく皆様方に厚く御礼申し上げます。

おすすめの投稿

裕遊抄uusho
2020年08月14日(金)
1351投稿

参拝にあたり事前に宮司様に連絡し、アポイントを取らせていただきました。
四国霊場八十番札所である国分寺の鬼門(東北)方向に鎮座されているとのことです。
社伝によれば創祀は天平勝宝年間(749年~757年あたり)で、現在の宮司様はなんと四十五代目とのことです‼
お忙しいなか、宮司様に御本殿背後の素晴らしい「磐座」にご案内いただき、由来などのご説明をいただきました。
もともと「磐座」のある場所で古くからお祭りが行われていたとされ、その後現在の宮司家の先祖である森口氏が、山城國の石清水八幡宮を勧請して今に至ると伝えられているとのことです。
「磐座」は御垣で囲われており、大きな岩がごろごろと転がっていますが、自然のものなのか、人工的なものなのかはわからないとのことです。
宮司代替わりの際には、御垣内の「神の室屋」と呼ばれる大きい岩に囲まれた三角の場所においてお祭りを行なったとのことです。先代時代までは「磐座」の周りは囲われておらず、今の宮司様の代に御垣を造られたそうです。
また一年に一度「磐座祭」を行っており、来年は2/23予定とのことです。
神社の奥に鳥居があったのでお聞きすると、神社背後の大禿山(標高176m)の山頂に水分社(みくまりしゃ)が鎮座されているとのことでしたのでお参りしてきました。上り20~30分程度の登山でした。
御朱印をいただきました。
感謝です!!拝。

國分八幡宮の建物その他國分八幡宮の建物その他國分八幡宮の建物その他國分八幡宮の鳥居國分八幡宮の建物その他國分八幡宮の鳥居國分八幡宮の建物その他國分八幡宮の山門國分八幡宮の本殿國分八幡宮の建物その他國分八幡宮の本殿國分八幡宮の本殿

過去お祭りの際に、拝殿前で拝したのち、この拝殿と御本殿をつなぐ廊下の下の、この御本殿に更に近い場所で再度拝したと言われているとのことです。

國分八幡宮の建物その他

御本殿の真後ろにある「霊岩(たまいわ)」または「勾玉岩(まがたまいわ)」です。

國分八幡宮の建物その他國分八幡宮の建物その他

「霊岩」を反対側から見ています。岩の上の砲弾の形をした石は「霊石(たまいし)」で、磐座内部の枯れ木を伐採したときに落ち葉の中から見つかったもので、古くは数メートルの長さで磐座の中心に立っていたと言われるとのことです。

國分八幡宮の本殿國分八幡宮の建物その他國分八幡宮の自然

「八岐のウバメガシ」-木が小さいときに、いつも白蛇が乗っていたので、根元から枝分かれしたと伝えられているとのことです。

國分八幡宮の建物その他國分八幡宮の建物その他國分八幡宮の建物その他

「神の室屋」-右上の岩が寄り添っているあたりです。神様がお休みになるところとで、磐座のなかで最も磁場が高いところとのことです。代替わりの際にお祭りが行われた場所とのことです。

國分八幡宮の建物その他

「神の室屋」-別な角度から見ています。右上の複数の岩に囲まれたちょっとした空間です。

國分八幡宮の建物その他國分八幡宮の建物その他國分八幡宮の建物その他國分八幡宮の建物その他國分八幡宮の建物その他

「方位岩」-右上の割れ目の入っている岩です。神様がお出かけされる際に方向を見定めるための岩で、東西の方向にきちんと割れているとのことです。なお御本殿は北を背にして南向きとのことです。

國分八幡宮の建物その他

「方位岩」

國分八幡宮の本殿國分八幡宮の本殿國分八幡宮の建物その他

拝殿の背後に見える円錐形の山が、その頂上に水分社の鎮座される大禿山です。

國分八幡宮の御朱印
もっと読む
オリエント伯爵
2021年08月14日(土)
789投稿

御朱印アルバム Album of "Red Ink Stamps"
https://orientearl.com/

國分八幡宮さんより、御朱印をいただきました。

また、サイトに「御朱印Diary」のページを新設しました。
続いて、サイトに「御朱印Movie」のページも新設しました。
一人でも多くの方に、サイトを訪れてほしく思っております。
ぜひ、サイトもご覧ください♪♪♪

複数の御朱印をいただいても、一度の投稿では1体のみの投稿といたします。
過去の御朱印や、他にいただいた御朱印に興味と関心のある方は、ぜひ、オリエント伯爵のサイトをご覧ください。装飾や文章は省き、アルバム形式で御朱印を掲載しています。

オリエント伯爵

國分八幡宮の御朱印
もっと読む
投稿をもっと見る(6件)

國分八幡宮の基本情報

住所香川県高松市国分寺町国分2501
行き方

JR予讃線「国分駅」から徒歩にて約30分。「橋岡駅」で下車すれば、タクシー会社を利用可能、約8分。
お車の場合は、高松自動車「府中湖」スマートIC出口、または「高松西」IC出口より約20分。

アクセスを詳しく見る
名称國分八幡宮
読み方こくぶはちまんぐう
通称こくぶのはちまんさん
参拝時間

終日、参拝可能。
御朱印対応日時は、神社ホームページ内の御朱印カレンダーを参照。
授与所も御朱印対応日のみ可能。(正月時期は除く)

参拝にかかる時間

約10~20分

参拝料

なし

トイレ第1駐車場に有り
御朱印あり

通年の御朱印の他に
月替わり限定御朱印・季節限定御朱印・境内社御朱印・神社キャラクターの御朱印有り

限定御朱印あり
御朱印帳に直書きあり

日程により、直書き・書置きの内容が異なります。
詳細は、神社ホームページ内の御朱印対応カレンダーをご覧ください。
http://kokubuhatimangu.com/gosyuin-5.html

御朱印の郵送対応あり

◆神社ホームページ内の郵送受付フォームをご利用ください。
https://pro.form-mailer.jp/fms/26b9afcf218090

御朱印帳あり
電話番号087-874-7430
お問い合わせの際は「ホトカミを見た」とお伝えいただければ幸いです。
メールアドレス592809@pc.nifty.jp
ホームページhttp://kokubuhatimangu.com/
SNS

詳細情報

ご祭神神日本磐余彦火々出見尊・足仲彦尊・息長足姫尊・譽田別尊・白蛇ノ神
ご神体本殿真裏の磐座(いわくら)
創建時代伝 ; 天平勝宝年間(749~757)
本殿流破風造
ご由緒

神社HP参照

体験祈祷おみくじお祓いお宮参り絵馬結婚式七五三御朱印お守り祭り人形供養夏詣
感染症対策内容

・手水は柄杓を撤去し、感知センサーによる流水を適用
・鈴緒は使用不可
・各所に消毒液を設置 等

最新の限定御朱印情報が届く!
御朱印メルマガを受け取ろう

利用開始をもって利用規約プライバシーポリシー
同意したものとみなします。

※購読はいつでも解除できます。

This site is protected by reCAPTCHA and the Google
Privacy Policy and Terms of Service apply.

行きたい
投稿する
お問い合わせ
慈眼寺リリー小バナー