参拝者と神社お寺でつくるお参りの記録共有サイト楽しみ方

とんこういなりじんじゃ

呑香稲荷神社岩手県 二戸駅

とんこういなりじんじゃ

呑香稲荷神社岩手県 二戸駅

岩手県 二戸市福岡字松の丸21番地
御朱印あり
商売繁盛五穀豊穣

例祭・神事


毎年5月2日に行われる特殊神事
湯立神事 通称「おゆだて」は、
境内の砂場に「くがなべ」を据え置き、
そこでお湯を沸かして、
そのお湯を参拝者に振り...

もっと見る(0枚)

アクセス

住所二戸市福岡字松の丸21番地
Googleマップで地図を開く
エリア二戸駅
行き方

二戸駅からバスで4分

駐車場あり
近くの駅

◼︎東北新幹線

◼︎いわて銀河鉄道線
二戸駅から直線約1.33km
徒歩約31分
車で約6分
Googleマップで確認



◼︎いわて銀河鉄道線
斗米駅から直線約2.19km
徒歩約52分
車で約10分
Googleマップで確認



◼︎いわて銀河鉄道線
一戸駅から直線約6.28km
徒歩約2時間30分
車で約31分
Googleマップで確認



最寄駅ではなく、直線距離で最も近い駅を目安として表示しています。
Googleマップ等で出発地からのアクセスをご確認ください。
情報提供: HeartRails Express

呑香稲荷神社について

基本情報

名称呑香稲荷神社
読み方とんこういなりじんじゃ
通称稲荷山
御朱印あり
御朱印帳なし
ホームページhttp://tonkouinari.blog.jp/
SNS

詳細情報

ご祭神《主》宇迦廼御霊命,《配》天照大神,誉田別命
創建時代999~1004
ご由緒

延暦20年(801年)に 出羽国(現在の山形県)の大物忌神社(おおものいみじんじゃ)を勧請し 浄法寺村稲庭嶽に祀ったのが始まりと言われています。
貞元親王(清和天皇の第三皇子)の孫にあたる源重之の母親が託宣により宮野の里に遷座し稲荷大神と称えていましたが、九戸政実と豊臣軍の戦いがあり、 戦乱を避けていったん津軽に遷座しました。宮野落城により、別城である松の丸を修理増築して二十六代南部信直公が移られ宮野は福岡と改められました。 稲荷大神は、二戸郡漆沢村に御遷幸となりました。二十七代利直公の時、
秋田城之介の家臣であった小保内源左衛門が主家没落のため今の盛岡市仙北町で南部家に仕えていましたが、もともとの南部家臣たちから後ろ指をされるのに憤慨し北に向かいました。
二戸郡漆沢村に至った際、その夜に霊夢がありました。稲荷大神より宮野の地に祭るよう信託をうけた源左衛門は、翌朝福岡城下に赴き、三日町(現在の五日町)が清浄の地としてふさわしいと考え、一祠を建立しました。 そして、天和2年(1682年)、2月3日の夜に遷座となりました。そのころ、南部氏の幼君が疱瘡を病みましたが、幼君は枕元に白髪白衣の老人がありて我を看護せり、この老人は稲荷大神なり決して心配すべからずと話しそれから南部氏の稲荷大神への崇敬がいよいよ厚くなりました。

ご利益
ホトカミを見てお参りされた際は、
もし話す機会があれば神主さんに、「ホトカミ見てお参りしました!」とお伝えください。
神主さんも、ホトカミを通じてお参りされる方がいるんだなぁと、ホトカミ無料公式登録して、情報を発信しようという気持ちになるかもしれませんし、
「ホトカミ見ました!」きっかけで豊かな会話が生まれたら、ホトカミ運営の私たちも嬉しいです。
ログインすると情報を追加/編集できます。


神社寺院のホームページが無料でかんたんに作れる!

アクセス

住所二戸市福岡字松の丸21番地
Googleマップで地図を開く
エリア二戸駅
行き方

二戸駅からバスで4分

駐車場あり
近くの駅

◼︎東北新幹線

◼︎いわて銀河鉄道線
二戸駅から直線約1.33km
徒歩約31分
車で約6分
Googleマップで確認



◼︎いわて銀河鉄道線
斗米駅から直線約2.19km
徒歩約52分
車で約10分
Googleマップで確認



◼︎いわて銀河鉄道線
一戸駅から直線約6.28km
徒歩約2時間30分
車で約31分
Googleマップで確認



最寄駅ではなく、直線距離で最も近い駅を目安として表示しています。
Googleマップ等で出発地からのアクセスをご確認ください。
情報提供: HeartRails Express
何かお気づきの点はありますか?
ホトカミに意見を送る
#おうちで神社 #おうちでお寺

新型コロナウイルスによる感染症の流行で、全国的に外出を自粛するよう要請されています。
おうちにいることが感染拡大防止の最善策です。

私たち神社お寺の検索サイト「ホトカミ」は、
おうちでもオンラインで神社お寺の行事の参加や、神主さんお坊さんとコミュニケーションできる方法を考えています。
その一歩目として、オンライン行事の告知や、オンラインで参加した感想の投稿ができるようにアップデートしました。

今後も、神社お寺のオンライン化のサポートを通じて、神社お寺を応援していきたいです。
おうちでも、神社お寺を身近に感じていただけますように。