御朱印・神社お寺の検索サイト楽しみ方

ちんじゅうふはちまんぐう

鎮守府八幡宮の御由緒・歴史

岩手県 金ケ崎駅

ご祭神《合》稚日命,素盞雄命,《主》誉田別命,息長帯姫命,市杵島姫命
歴史
歴史[編集] 『吾妻鏡』に源頼朝が胆沢郡鎮守府に鎮座する八幡宮に参詣した事が記されている[注釈 1]。征夷大将軍坂上田村麻呂が東夷の為に下向した時に勧進され、田村麻呂の弓箭や鞭などが宝蔵に納められていると創建の由来を記している。これは平安京に八幡宮が勧進される以前に、田村麻呂により鎌倉方が崇敬する八幡神が胆沢郡の鎮守府に勧進されていた事に驚いて記述した[1]。 大正11年(1922年)に県社に列した。 引用エラー: 「注釈」という名前のグループの タグがありますが、対応する タグが見つかりません ^ 阿倍幹男 2004, p...Wikipediaで続きを読む
引用元情報鎮守府八幡宮」『ウィキペディア日本語版』。
この版のURL:https://ja.wikipedia.org/w/index.php?%E9%8E%AE%E5%AE%88%E5%BA%9C%E5%85%AB%E5%B9%A1%E5%AE%AE&oldid=87802611

歴史の写真一覧

行きたい
投稿する
お問い合わせ

最新の限定御朱印情報が届く!
御朱印メルマガを受け取ろう

利用開始をもって利用規約プライバシーポリシー
同意したものとみなします。

※購読はいつでも解除できます。

This site is protected by reCAPTCHA and the Google
Privacy Policy and Terms of Service apply.