御朱印・神社お寺の検索サイト楽しみ方
慈眼寺めめ大バナー※鎮守府八幡宮ではいただけません
御朱印について
御朱印
あり
限定
-
御朱印帳
あり
パーキング
駐車場
-

おすすめの投稿

惣一郎
2022年07月04日(月)
910投稿

【陸奥国 古社巡り】

鎮守府八幡宮(ちんじゅふ・はちまんぐう)は、岩手県奥州市水沢にある神社。旧社格は県社。祭神は應神天皇、神功皇后、市杵島姫命。

創建は不詳。社伝によると、平安時代初期の801年、征夷大将軍・坂上田村麻呂が東夷のために下向した時に当地に胆沢城を築いて鎮守府を置き、豊前國の宇佐八幡神を勧請したのが始まり。810年には嵯峨天皇より八幡宮寶印を下賜されている。850年には当社神宮寺の安国寺別当であった慈覚大師円仁が最勝王経を講じて諸祭を行った。941年には藤原秀郷が平将門征討の折、戦勝祈願し神領と神剣を奉納、1063年には源頼義・義家父子も戦勝祈願に訪れた。奥州藤原氏も当宮を崇敬し、社殿の造営、十六羅漢像、神領、神宝を奉納した。『吾妻鏡』には、源頼朝が胆沢軍鎮守府に鎮座する八幡宮にしたことが記載されている。戦国時代には豊臣秀吉が浅野長政に社殿の造営と神領の安堵をさせている。江戸時代には仙台伊達氏の篤い保護を受け、藩費で社殿を造営修復した。1637年洪水により現在地に遷座。明治時代に入り、近代社格制度の下、県社に列格した。

当社は、JR東北本線・金ヶ崎駅の南東3kmの、北上川の支流・胆沢川近く、一面に耕作地が広がる平地にある。社殿は大きく立派で、旧県社らしさを感じるが、大通りである県道270号線から境内までの道路がかなり細くて、到着まで難儀した。境内は緑は多いがきれいに整備されていて、神聖な空気感も素晴らしい。

今回は、岩手県の旧県社であることから参拝することに。参拝時は休日の午後遅めの時間で、自分以外には特に参拝者は見掛けなかった。

鎮守府八幡宮(岩手県)

幹線道路の県道270号線沿いにある<一の鳥居>と<社号標>。境内は鳥居の先ではなく、右前方(北東方向)500m離れた場所にある。

鎮守府八幡宮の鳥居

境内南端入口の<二の鳥居>と<社号標>。

鎮守府八幡宮(岩手県)

境内南側の眺め。一面の耕作地。一の鳥居からここまでの公道は道幅が狭い。

鎮守府八幡宮(岩手県)

鳥居をくぐって境内に入る。参道は真っ直ぐではなく、やや左(西側)に逸れながら進む。

鎮守府八幡宮(岩手県)

(後で分かったことだが、)鳥居をくぐって参道をまっすぐ進んだ位置には、小川に囲われた古墳のような場所に、磐座を中心にした祭祀場がある。

鎮守府八幡宮(岩手県)

参道を進むと、小川に架かる<神橋>を渡る。

鎮守府八幡宮(岩手県)

参道左側の<狛犬>。かわいらしい見た目。(o^―^o)

鎮守府八幡宮(岩手県)

参道右側の<狛犬>。土台の<奉>の文字がカッコイイ。

鎮守府八幡宮の手水

参道進んで左側の<手水舎>。

鎮守府八幡宮(岩手県)

参道が境内中央に戻って<三の鳥居>。

鎮守府八幡宮(岩手県)

<拝殿>全景。

鎮守府八幡宮(岩手県)

拝殿の右手には<社務所>が繋がっている。拝殿の右側の渡り廊下部分に<授与所>がある。御朱印はこちら。

鎮守府八幡宮(岩手県)

<拝殿>正面部分が二重になっていて、外側と内側の両方に扁額が掛かっている。

鎮守府八幡宮(岩手県)

<拝殿>正面奥。神職常駐できれいな拝殿内が解放されていた。

鎮守府八幡宮(岩手県)

拝殿後ろの<本殿>。

鎮守府八幡宮(岩手県)

拝殿の右側に境内社が並んでいるので見て廻る。まずこちらは<山神宮>。扁額の「山」の字が象形文字になっている。(o^―^o)

鎮守府八幡宮(岩手県)

極太巨木の<御神木>。

鎮守府八幡宮(岩手県)

御神木の根本にある小さな社。

鎮守府八幡宮(岩手県)

色鮮やかな覆屋に囲われた<稲荷社>。

鎮守府八幡宮(岩手県)

最も北側には、古い石柱や石製小社が集められている。

鎮守府八幡宮(岩手県)

少し戻って、背後から<社殿>全景。

鎮守府八幡宮(岩手県)

最後に、正面から<社殿>全景。御朱印拝受の際、宮司さんとお話をさせていただき、神饌まで頂戴した。(^▽^)/

もっと読む
投稿をもっと見る(14件)

鎮守府八幡宮の基本情報

住所岩手県奥州市佐倉河字宮ノ内12番地
行き方
アクセスを詳しく見る
名称鎮守府八幡宮
読み方ちんじゅうふはちまんぐう
通称やわたの神社
御朱印あり

限定御朱印なし
御朱印帳あり
ホームページhttps://chinjufu.jp
SNS

詳細情報

ご祭神《合》稚日命,素盞雄命,《主》誉田別命,息長帯姫命,市杵島姫命

Wikipediaからの引用

概要
鎮守府八幡宮(ちんじゅふはちまんぐう)は、岩手県奥州市水沢に鎮座する神社。旧社格は県社。
歴史
歴史[編集] 『吾妻鏡』に源頼朝が胆沢郡鎮守府に鎮座する八幡宮に参詣した事が記されている[注釈 1]。征夷大将軍坂上田村麻呂が東夷の為に下向した時に勧進され、田村麻呂の弓箭や鞭などが宝蔵に納められていると創建の由来を記している。これは平安京に八幡宮が勧進される以前に、田村麻呂により鎌倉方が崇敬する八幡神が胆沢郡の鎮守府に勧進されていた事に驚いて記述した[1]。 大正11年(1922年)に県社に列した。 引用エラー: 「注釈」という名前のグループの タグがありますが、対応する タグが見つかりません ^ 阿倍幹男 2004, p...Wikipediaで続きを読む
アクセス
アクセス[編集] JR東日本水沢駅より岩手県交通バス利用。 「国道北線 免許センター」行に乗車し、「八幡神社前」下車。徒歩5分。
引用元情報鎮守府八幡宮」『ウィキペディア日本語版』。
この版のURL:https://ja.wikipedia.org/w/index.php?%E9%8E%AE%E5%AE%88%E5%BA%9C%E5%85%AB%E5%B9%A1%E5%AE%AE&oldid=87802611

この神社の神主様へ

公式アカウント(無料)にご登録いただくと、

ご自身の神社の情報を編集することができます。

無料登録して、参拝者が必要な情報を直接伝えてみませんか?

詳しくはこちら

最新の限定御朱印情報が届く!
御朱印メルマガを受け取ろう

利用開始をもって利用規約プライバシーポリシー
同意したものとみなします。

※購読はいつでも解除できます。

This site is protected by reCAPTCHA and the Google
Privacy Policy and Terms of Service apply.

行きたい
投稿する
お問い合わせ
慈眼寺リリー小バナー2