御朱印・神社お寺の検索サイト楽しみ方
四天王寺聖徳太子1400年限定御朱印大バナー2022年10月※石手堰神社ではいただけません
御朱印について
御朱印
あり
限定
-
御朱印帳
-
パーキング
駐車場
-

おすすめの投稿

惣一郎
2022年07月05日(火)
968投稿

【陸奥國 式内社巡り】

石手堰神社(いわてい~)は、岩手県奥州市水沢区黒石町小島にある神社。式内社で、旧社格は村社。祭神は、天忍穂耳命(あまのおしほみみ;天照大御神の子、瓊瓊杵尊の父)。通称は黒石神社。

創建は不詳。景行天皇の御代の創建との伝承がある。国史の初見は『日本三代実録』で、平安時代の862年に神階奉授の記載がある。927年に編纂された『延喜式神名帳』に記載のある「陸奥國 膽澤郡 石手堰神社 小」に比定されている。社伝によると、陸奥二之宮として二宮明神とも呼ばれたとのこと。明治に入り、近代社格制度のもと村社に列した。

当社は、JR東北本線・陸中折居駅の東北東5kmの北上川の支流近く、平地に浮かぶ小丘の上にある。県道14号線のカーブの凸部にあって、境内部分は平地にあり、社殿だけが数十段の階段を登った小丘の上にあるという面白い造り。真っ赤な鳥居に、極太背高の御神木、神様に近づくような階段を登って頂上に村の鎮守、と必要なものがバッチリ揃っていて、個性的で印象に残る神社。

今回は、陸奥国の式内社ということで参拝することに。参拝時は休日の午前中で、参拝者は自分以外には誰もいなかった。

石手堰神社の鳥居

境内南端入口全景。右の道は車通りの多い県道。

石手堰神社(岩手県)

朱色の発色が鮮やかな<一の鳥居>。奥には林の中にぽっかりと広場がある。

石手堰神社(岩手県)

鳥居の右隣にあるのは、社号標ではなく、たぶん奥州市の文化財の看板。

石手堰神社(岩手県)

鳥居をくぐって進むと、広場の真ん中に立派な<御神木>がある。

石手堰神社(岩手県)

御神木の先にある<二の鳥居>と<社殿への階段>。

石手堰神社(岩手県)

二の鳥居の左手に<社号標>。ここにあったのね。。。(^_^;)

石手堰神社(岩手県)

二の鳥居に向かって左手には、<絵馬掛け・御籤掛け>。例祭日には絵馬や御御籤の領布があるのかな。

石手堰神社(岩手県)

階段を登って<社殿>全景。

石手堰神社(岩手県)

階段を登り切った左側にある<狛犬>。めっちゃかわいい。(o^―^o)

石手堰神社(岩手県)

右側の<狛犬>。800社神社を見た中で、最もかわいいかも。(o^―^o)

石手堰神社(岩手県)

<拝殿>正面。年季が入った躯体。

石手堰神社(岩手県)

扁額をみると、大正時代のものみたい。

石手堰神社(岩手県)

拝殿後ろの<本殿>。意外にも、かなり最近建替えられたものっぽい。

石手堰神社(岩手県)

本殿の裏手は、田んぼなどの低い土地になっているので、社殿のある小丘が、田んぼの中にポツンと浮かぶ島のように存在していることが分かる。

石手堰神社(岩手県)

<社殿>全景。年季の入った拝殿と真新しい本殿の組合せで、アンバランスも味がある。

石手堰神社(岩手県)

参拝を終え階段を下る。

石手堰神社(岩手県)

駐車場になっている一の鳥居近くの草原。向うに見えるは耕作地。のどかで良い感じ~♪ (^▽^)/

もっと読む
投稿をもっと見る(2件)

石手堰神社の基本情報

住所岩手県水沢市黒石町字小島1番地
行き方
アクセスを詳しく見る
名称石手堰神社
読み方いわていじんじゃ
通称黒石神社
御朱印あり

限定御朱印なし

詳細情報

ご祭神《主》天忍穂耳命

この神社の神主様へ

公式アカウント(無料)にご登録いただくと、

ご自身の神社の情報を編集することができます。

無料登録して、参拝者が必要な情報を直接伝えてみませんか?

詳しくはこちら

最新の限定御朱印情報が届く!
御朱印メルマガを受け取ろう

利用開始をもって利用規約プライバシーポリシー
同意したものとみなします。

※購読はいつでも解除できます。

This site is protected by reCAPTCHA and the Google
Privacy Policy and Terms of Service apply.

行きたい
投稿する
お問い合わせ
めめ小バナー