御朱印・神社お寺の検索サイト楽しみ方
四天王寺聖徳太子1400年限定御朱印大バナー2022年8月※雲峰神社ではいただけません
御朱印について
御朱印
なし
パーキング
駐車場
-

歴史

水沢など旧仙台領内には、ケダイ神(ケライ神、ケデア神とも云う)と呼ばれる俗信が伝わっています。
このケダイ神信仰は、人の生まれた年の干支に従って、子(ね)、卯(う)、午(うま)、酉(とり)の四つの干支が、それぞれ一柱の神をもち、丑(うし)と寅(とら)、辰(たつ)と巳(み)、未(ひつじ)と申(さる)、戌(いぬ)と亥(い)の二つずつの干支年の四組が、それぞれ一柱の神を共同で信心する形をとり、合わせて、八つの干支組みを設定しています。

その人の生まれた年の干支とケダイ神は、宿命的な授かりもので、自由に選ぶことができない建前のものです。
人間が、自分の生涯を守護してくれる神仏の存在を求める、素朴な心の源であると思われます。

ケダイ神の語源も、天台宗の三諦観サンダイカン(空諦クダイ、仮諦ケダイ、中諦チュウダイ)の一つの仮諦であるとの説がとられ、「ケダイ」と読むのが一般的です。

水沢地方では、古くから元朝詣りや、ケダイ神を祀る神社、お堂の縁日などに、ケダイ神詣りをする風習があります。
看板より

歴史をもっと見る|
1

雲峰神社の基本情報

住所岩手県奥州市水沢東大通り3丁目5
行き方
アクセスを詳しく見る
名称雲峰神社
読み方うんぽうじんじゃ

詳細情報

ご祭神卯  →文殊菩薩 
辰・巳→普賢菩薩
午  →勢至菩薩
ご由緒

水沢など旧仙台領内には、ケダイ神(ケライ神、ケデア神とも云う)と呼ばれる俗信が伝わっています。
このケダイ神信仰は、人の生まれた年の干支に従って、子(ね)、卯(う)、午(うま)、酉(とり)の四つの干支が、それぞれ一柱の神をもち、丑(うし)と寅(とら)、辰(たつ)と巳(み)、未(ひつじ)と申(さる)、戌(いぬ)と亥(い)の二つずつの干支年の四組が、それぞれ一柱の神を共同で信心する形をとり、合わせて、八つの干支組みを設定しています。

その人の生まれた年の干支とケダイ神は、宿命的な授かりもので、自由に選ぶことができない建前のものです。
人間が、自分の生涯を守護してくれる神仏の存在を求める、素朴な心の源であると思われます。

ケダイ神の語源も、天台宗の三諦観サンダイカン(空諦クダイ、仮諦ケダイ、中諦チュウダイ)の一つの仮諦であるとの説がとられ、「ケダイ」と読むのが一般的です。

水沢地方では、古くから元朝詣りや、ケダイ神を祀る神社、お堂の縁日などに、ケダイ神詣りをする風習があります。
看板より

この神社の神主様へ

公式アカウント(無料)にご登録いただくと、

ご自身の神社の情報を編集することができます。

無料登録して、参拝者が必要な情報を直接伝えてみませんか?

詳しくはこちら

最新の限定御朱印情報が届く!
御朱印メルマガを受け取ろう

利用開始をもって利用規約プライバシーポリシー
同意したものとみなします。

※購読はいつでも解除できます。

This site is protected by reCAPTCHA and the Google
Privacy Policy and Terms of Service apply.

行きたい
投稿する
お問い合わせ
慈眼寺リリー小バナー2